ご希望の回は? 〜大科学実験 in 未来館

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月19日からのイベント展「行ってみなくちゃわからない! 大科学実験 in 未来館」のコンテンツ元となっているNHKの人気番組「大科学実験」は、コンピューターグラフィックス(CG)を一切使わない、すべて実写の映像でできています。一方で、超ハイスピードカメラなどの先端技術が駆使されています。

この番組では毎回バカバカしいほどの大規模な実験を大まじめにするのですが

ハッとするほどの映像美を見せてくれることがあります。

これまでに26本が放送ずみ。

[caption id="attachment_11870" align="aligncenter" width="430" caption="NHK/NED/JCC"][/caption]

例えば、上の「みんなここに集まってくる」。

パラボラに落ちるスーパーボールはこの写真のあと・・・・。

鳥肌モノの映像美です。

詫摩はこれを初めて見たとき、本当にクビの後ろの毛が逆立つ気がしました。

イベント展「大科学実験 in 未来館」では、番組制作スタッフ選りすぐりの回を大スクリーンで上映します。

で、どの回を上映するかというと……まだ決まっていません。

26本+数本ある作品の中から、どれを大きな映像で見てみたいですか?

このところ、むちゃくちゃなスケジュールをこなしていた番組制作スタッフは、ちょっと一息ついたところなので、チーフプロデューサー(CP)の森美樹さんを中心に、これから未来館の大スクリーンで上映する回を選びにかかります。

見たいなーと思う回があれば、ぜひコメント欄にお寄せください。ご要望に必ずお答えできるとはお約束できませんが、皆さまのご意見は必ず伝えます。

 

さて、「大科学実験」のファンの方にならば、重大ニュースとなることをわざとさらりと書いてみました。仰々しくタイトルにしてもよかったのですが、それだと、番組の宣伝っぽいし。

え? 何のことかって?

「大科学実験」は一昨年の春から放送が始まり、冒頭にも書いたように26回分がすでに放送されています。現在も毎週3回にわたって放送されていますが、いずれも再放送です。

ですが、春から新作の放送が始まるのです!

未来館で上映する回を「26本+数本」から選ぶと書いたのは、放映した新作も候補に入れられるから!番組制作スタッフが忙しかったのは、実はこの新作づくりが佳境に入っていたからなのですね。

3月19日からのイベント展では、この新作からの装置も展示します。

(この展示に関しては、エピソードがてんこ盛りなのですが、またの機会に)

先日、番組チーフプロデューサーの森さんより、放送日とそのラインナップを聞きました。

(すみません、まだ流動的なのだそうで、口外はNGなのだそうです)

「あれ、森さん、展示に使う○○の回がリストに入っていないけれど・・・」

「それねぇ、ほら、いろいろあったし・・・」(←実験が難航したのです)

「会期中に放送されるの? 放送前の展示ってことになる??」

「・・・・放送、間に合わせます!」(←急に口調がていねい)

この回、一回目の実験でうまくいかず、現在、仕切り直し中。

二回目もうまくいかなかったら・・・・まぁ、やってみなくちゃわからない! ということで。

あ、放送日が遅れても、展示はしますので、この回のバカバカしさは十分にご堪能いただけます。

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への2件のフィードバック

やった~!season2がこの春、放送されるのですね。

またまた笑わせて...ではなく楽しく学習させて貰えそうです。

ネタ...ではなくテーマを選んで巨大な実験装置を組み立てるのは大変そうですよね。

さて、大スクリーンで見たいと言えば、

私もやっぱり、パラボラの焦点に集まるスーパーボールが一押し! ホント、あれは映像美ですよね。

更に挙げるならば、

・音の速さが手旗で伝わる第1回目。

・電気のありがたさが身にしみる人力発電の回。

・ミチルさんのパフォーマンスが魅力的なスピンの回。

かな?

楽しみでございます。

yutakaさま

コメントありがとうございます。

そうなんですよー。

新作の放送が始まるのですよ。

シーズン2とか「続」などという呼び方ではなく、これまでの「実験01」~「実験26」に続いてそのまま「実験27」「実験28」とするみたいです。

ご希望の回もありがとうございます。番組制作スタッフに伝えておきますね。

詫摩雅子

コメントを残す