BOSAI! ボーサイ!! 防災!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

4月17日(ASPAC2日目)午後1~3時

(初掲載時は1日目となっていましたが、2日目の誤りでした。お詫びして訂正いたします。)

こんにちは。ムラシマです。ASPACという科学館学会で、シンガポールに来ています。

学会第一日目、防災ワークショップ "Think Ahead, Act Smart" (先を読んで、賢く動こう)を行いました。参加者は中国、シンガポール、ニュージーランド、マレーシア、タイから16人。クロスロードという防災カードゲームをやって、実際にカードゲームをつくっちゃうワークショップです。

夏休みに未来館で行ってきた震災ワークショップを科学館関係者向けにアレンジしたこのワークショップ。各国の科学館関係者に防災(BOSAI)を科学としてとらえてもらい、自分たちのコミュニティでオリジナルのクロスロードをやってもらうことがねらいです。日本で災害といえば地震や津波がまず思い浮かびますが、アジアの国々では、台風や洪水など、ほかの災害もたくさんあがり、それぞれのクロスロードが出来上がりました。ワークショップの後には、カードをほしいという参加者が続出。国の仲間とクロスロードをすると約束してくれました。

実はこちらに来てから、熱帯気候に強烈なエアコンに体がついていけず、かつて経験したことのない体調不良に襲われている私。ゲームの盛り上げ役にせっかく用意したミルキーもチョコレートも、それより大事なハンドアウトもホテルに忘れてしまう始末。でも今回ホストのシンガポール科学センターのスタッフはとっても親切で協力的。私たちのワークショップの担当は”OK, OK, don't worry~~”(大丈夫だわよ~心配ないわよ~)が口癖のMrs. Sharma(ミセス.シャーマ)。ベテランスタッフです。ミルキーの代わりもすぐそろえてくれました。感謝!

おかげで、ありったけの力をふりしぼって、この通り、いつもの元気で2時間乗り切れました。Mrs. Sharma とゲームの威力をあらためて実感したワークショップでした。

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す