9月15日 世界同時開催イベント!

このエントリーをはてなブックマークに追加

未来館は、この秋、ある世界的イベントの日本大会を実施します。

その名も、「世界市民会議World Wide Views」。その第二回が、9月15日、世界29か国で同日開催されます!

 

2009年に行われた第一回World Wide Views モザンビーク大会のようす

日本会場は未来館のお隣、東京国際交流館。

World Wide Viewsは、人類が抱える問題に対する、政治家や専門家ではない"ふつうの人々"の意見を、国際政治の場へ届けようとする試みです。

今回のテーマは「生物多様性」。地球温暖化とならび、これからの人類のあり方を左右する重要な課題です。

 

その生物多様性について、いま国際社会がどんな対策をとるべきなのか、世界29か国で侃侃諤々の熱い議論が行われるのです!その結果は、10月にインドで開催される生物多様性COP11の場へ届けられます。

 

当日は、各国の会場に参加者100人が集まり、数人ずつテーブルに分かれて話し合います。

テーブルには、議論をスムーズにする進行役"ファシリテーター"が入ります。

参加される方々は知らない人どうし。同じテーブルに座るのは年齢も職業もばらばらの方々。活発な意見交換ができるかどうかは、ファシリテーターが鍵を握ります。

このファシリテーターとして未来館の科学コミュニケーターも7名参加することになりました。さっそく先週、練習会を実施。

 

まずは、参加される方の気持ちになってロールプレイ。本番同様、議論の前に映像資料を見ます


 

中身の濃い議論ができるよう、本番までの期間で練習を重ねます。

そして、当日、各テーブルでいったいどんな議論が展開されるのか、私たちも今からわくわくしています。

 

World Wide Views、面白そう!!参加したい!!!と思ったでしょう?

ですよね!

でも・・・・・・ごめんなさい、受け付けてないんです。

これは、国際政治の場に市井に生きる"ふつうの人々"の声を届ける試みでもあります。世の中には生物多様性に興味のある方も、まったく関心がない方もいます。一般応募制にしてしまうと、関心のない方が来てくれる可能性はたいへん低く、議論がかたよってしまう可能性があります。なので、事前にこちらで選んだ方々に参加をお願いする招待制をとっています。

しかし、今回テーマとなっている「生物多様性」は地球に住む私たち全員に影響するもの。もっとたくさんの方と議論するために、来館者のみなさんと話し合う場を画策中です。決まり次第、こちらの特設サイトでお知らせします。どうぞお楽しみに!

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す