"個"の時代! Maker Faire Tokyo 2012,そしてKURATAS!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、展示開発課の鈴木です。

だんだん寒くなってきましたが、私の心は熱く燃えています。

なぜなら!人型四脚ロボット「KURATAS」の展示&トークイベント!そして「Maker Faire Tokyo 2012」開催決定!

未来館3F「未来をつくる」担当の科学コミュニケーターとして燃えずにはいられません!

鉄系KURATAS入門 ―女子はリアルを愛せるか?―

[caption id="attachment_19954" align="aligncenter" width="430"]KURATAS at ワンフェス幕張2012夏 © Suidobashi Heavy Industry[/caption]

山梨県の山奥で制作された巨大ロボットは、制作代表者 倉田光吾郎さん(写真中央右端)の名前をとって「KURATAS」と呼ばれます。

その高さは4m、重さは4tを超えます。

そして、何より、KURATASは実際に人が乗って操縦するんです!

人間が乗って動かすので、より臨機応変に、より柔軟にさまざまな場面で活躍できると期待されます。

つい大きなロボットにばかり目が行きがちですが、作り手の側にもご注目!

有人ロケットがなかなか飛ばせないのと同じように、人間を乗せるとなると安全性や快適性など技術的ハードルが一段も二段も上がります。

本気で人間を乗せるために施された工夫、それを大企業や研究組織でなく個人の少数精鋭チームが達成したところがすごい!

誰しも抱く「巨大ロボットに乗りたい」という夢の実現のために作られたKURATAS、

12月8日のトークイベント「鉄系KURATAS入門 ―女子はリアルを愛せるか?―」でぜひ、熱い想いに触れてください。

Maker Faire Tokyo 2012

[caption id="attachment_19959" align="aligncenter" width="430"] © 株式会社オライリー・ジャパン[/caption]

同時期に開催する「Maker Faire Tokyo 2012」は、電子工作や手芸、料理など"Make(作る)"が好きな人ならばどなたでも参加できる国内最大のものづくりフェスティバルです。

昨年までは「Make: Tokyo Meeting」という名前で東京工業大学 大岡山キャンパスで開催されていました。

いきなり巨大ロボットづくりは無理でも、ちょっとした電子工作や手芸、料理は大好き!という人は多いはず。

「Maker Faire Tokyo」にはものづくりを愛する老若男女が集い、手作りプラネタリウム子どもに持たせる迷子札など、ありとあらゆる手作り品が所狭しと紹介されます!

KURATASとMaker Faireの共通点

KURATASとMaker Faireの共通点は"個人によるものづくり"です。

"個人によるものづくり"こそ、私たちの未来を占うキーワードになると確信しています。

だからこそ、未来館で開催しようと調整に励みました。

みなさんも、自分でつくった料理やプラモデルに特別な愛情がわいた経験はありませんか?

それは手書きの手紙を簡単に捨てられない感覚と同じかもしれません。

一昔前、個人によるものづくりは裁縫や紙細工、日曜大工まででしたが、現在は電子工作や金属加工、樹脂成形すらも自宅で行えるようになりました。

そのために必要な知識も、アマチュアや専門家の隔てなく、世代や国境さえも超えてどんどん共有されています。

個人によるものづくりは、これまでの「壊れたから捨てて買い直す」という消費サイクルではなく、「壊れたからので直したら愛着がわいちゃった」という再利用サイクルを広めていくかもしれません。

既製品に自分を合わせるのではなく、自分が本当に欲しいものを自分で作って、愛着たっぷりの世界に生きる!

実はそれが限られた資源を有効活用することだった!

そんな未来がすぐそこまで来ています。

その「すぐそこ」感をKURATASとMaker Faire Tokyo 2012からぜひ感じ取ってください!

KURATAS 展示

11/28(水)~12/10(月)

土・日は14:15~16:30に稼働デモンストレーションをご覧いただけます。

詳細はこちらから → 人型四脚ロボット「KURATAS」(クラタス)展示

※ 運営上の理由などからスケジュールが急遽変更される可能性がございます。

予めご了承ください。

KURATAS トークイベント「鉄系KURATAS入門 –女子はリアルを愛せるか?-」

12/8(土) 13:45~14:45

科学コミュニケーター・長谷川が女子の目線からKURATASを斬ります。

トークイベントの詳細はこちらから → 「鉄系KURATAS入門 ―女子はリアルを愛せるか?―」

クラブMiraikan限定、体験搭乗会の応募は11/16から開始します! → 12/8(土)12/9(日)

Maker Faire Tokyo 2012

12/1(土)~12/2(日)

年々パワーアップするMakerたちの一大フェスティバル!

ご家族やお子様が楽しめるワークショップも開催されます。

詳細はこちらから → http://makezine.jp/

※ Maker Faire Tokyo 2012は有料のイベントです。

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への2件のフィードバック

ロボット、メカ好きとしてこのニュースは感動しました。

とうとう「鋼鉄の未来」が我らの手に!!

「時の間の回廊で君は何を見る?」

いや、独り言です、申し訳ない。

人型兵器万歳!!

雪月花 様

こんにちは、鈴木です。

雪月花さんのコメントにあるとおり、この手の技術は軍事先行で進みがちですが、

KURATASがすごいのは、軍事目的でもなく大企業でもない、個人の夢ベースで制作されたところがポイントです。

ロボットとしてのわかりやすさのためにBB弾発射機能なども備わっていますけどね:)

夢のない話をすれば、目的に最適化するとたいてい人型である必要性はなくなります。

ただ、私たち人間は人型に愛着を持ちやすいので、それだけでも人型にこだわる理由になるのではないか、と個人的には思っています。

コメントを残す