(道に)迷える人たちへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

まいどっ!

 

みなさま、おひさしぶりです!

ひさびさの登場、ほんだです!

い、生きてます!

ノーベル祭以来の登場ですが、決してブログが恐くなった訳ではないですよ。

もくもくと煙をふいていた頭も、秋風に吹かれてずいぶん冷えて参りました。

しかし、祭が過ぎて周りを見渡すと…もう季節が次へと進んでいたんです。

ほんと、びっくりですよね。

(そろそろ半そでで寝るのは寒くなってきました)

さて、みなさん。

今、どこに向かっていますか?

出口に向かう人たち(C)ほんだ

日々、迷っていませんか?

大阪人のほんだが東京に越してきて、はや半年。

勤務当初は、文字通り右も左もわからぬ状態でした。

が、しかし!

日々、妄想散p…じゃなかった、東京散歩を繰り返して、ずいぶんと土地勘も出てきましたよ。

なんたって、自分の乗る電車やバスを間違えなくなったからね!

どうだ!(いばるな)

・・・でも。

まだ知らない駅で降りたときなどは、一瞬で迷子に

さっきまでの威勢はどこへやら、あっという間に自信喪失。

自分がどっちを向いているのかもわからなくなります。

そんなとき、みなさんならどうします?

 

…(聞き耳)。

 

ふむふむ、なるほど。

かばんから地図帳を出して、にらめっこするという方。

自分の感性を信じて、突き進むという方。

そうですよね、いろいろですよね。

(ほんまかいな)

 

…そんなとき!

私は迷わず(道には迷ってますが)、携帯電話を取り出します

そして、ポンッと画面に地図を表示させ、目的地までの道を検索します。

すると、自分がどっち向いてるかもわかるし、あれよというまに目的地まで導いてくれるじゃないですか!!

なんて便利な世の中になったんだ!

(オーバーリアクション)

こんな便利な世の中にしてくれた立役者が、11月17日(土)に未来館へやって来ます!

サイエンティスト・トーク「未来への羅針盤 ―電子コンパスの秘密―」

携帯電話などの中に入って、向いている方角を教えてくれる「電子コンパス」。

ほんだのように、知らず知らずお世話になっている人も多いはず。

しかし、その実態を見た人はあまりいませんよね。

果たしてどんな姿なのか?

見られます。

その目でばっちり、見られます。

開発者をお招きして、電子コンパスの過去未来…あれこれ伺います。

小さい体で大きな存在、「電子コンパス」の話を聞きに来てくださいねー。

あ、そうだ。

未来館へ行けないよー!という方は…ちゃんと、Ustreamで動画配信しますので、こちらでお楽しみください!

ほな、また次回!

 

ほんだ

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す