ホタル、魅せてくれました!☆Beautiful firefly night

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

暗がりに置かれたダンボールを「オープン!」で始まった、夜間イベント「ホタルの光~輝くいのちの原動力~

The workshop "Hotaru no Hikari" (The Light of a Firefly - the Dynamics of a Brilliant Life) started by removing a box that was covering...↓


ヘイケボタル100匹が小さな虫かごの中に集まって、まるでクリスマスイルミネーション。ちなみに、ちょっと慌ただしく光るこの集団はオスです。メスは、ゆーっくりとおちついた光り方をします。早速その光る仕組みを、暗がりの中で実験しました。カーテンを閉め切った部屋から「わぁー!」「きゃー!」、歓声があがり続けます。

The 100 Japanese fireflies (Luciola Lateralis) were like Christmas illumination in the dark. Those in the video are all male fireflies that light faster and busier than female ones. We made test-tube firefly "lights" in front of the real fireflies. I heard so many "Wow!!"s in the dark room.

 

 

ホタルが光るには、ATPという小さな分子が必要です。「地球上のどんな生き物もATPを原動力に生きているんだよ」と、解説担当の吉田賢右(よしだまさすけ)先生。ATPは、車でいえばガソリン。ガソリンだったら1kgで10000kcal分のエネルギーになるところ、ATPはたったの20kcal。1日2000kcal必要な人だったら、1日1京(10,000,000,000,000,000)以上ものATP分子をつくり出していることになるそうです。

Fireflies use ATP (adenosine triphosphate), a small molecule, to produce light. In fact, every living form including humans need ATP to sustain life," said Dr. Masasuke Yoshida, the lecturer for today. ATP is like gasoline for car. Although one kilogram of gasoline produces 10,000kcal, one kilogram of ATP can produce only 20kcal. That means that an average person using 2,000kcal a day generates 10,000,000,000,000,000 ATP molecules every day!

 

吉田先生は、顕微鏡でも見ることのできないほど小さなATPをつくる酵素が、モーターみたいにくるくる回ることを突き止めた研究者。「回る」って生物にはとってもレアなことだそうです。車輪で走る動物も、プロペラで飛ぶ鳥もいませんものね。自覚はありませんけど、今のこの瞬間も、体の中でくるくる回り続けているんですよね。生命活動の神秘とでもいいましょうか。

Dr. Yoshida is one the biologists who found that the enzyme to synthesize ATP rotates like a motor. He said rotation is a rare phenomenon in living forms. Are there any animals using wheels or propellers to move or fly? Nope! At this very moment, the ATP synthesizing enzymes are rotating very vigorously in every cell of our body, yet we don't realize it.

 

話は生命活動から人類の進化へ。大型地球ディスプレイGeo-Cosmos(ジオ・コスモス)上に、アフリカから始まって、地球全体に広がった人類の軌跡をたどりました。

Moving onto the topic of human evolution, we traced the migration path of humans on the Geo-Cosmos (earth-like display) starting from Africa to all over the world.

最近のゲノム解析で、より明確になってきた人類の歴史。同時に複数の人類が存在した時期もあったそうです。今人類は一種類だけなのに、人種や民族間で争いが耐えません。なんだか、進化の歴史規模で考えると、スケールの小さいことのように思えてしまいます。「もとを辿れば、人類みな兄弟」という吉田先生のメッセージは、みんなの心に響いたように思います。

Human evolutionary history is becoming much more clearer than ever by recent genomic analysis. Dr. Yoshida told that one time there were several types of human species. Today, there is only one human species, but wars and conflicts within and between race/ethnic groups are endless. Shouldn't we have a wider perspective? "We were all brothers and sisters way back in time." Dr. Yoshida's message touched our hearts.

 

そして、ジオ・コスモスの周りを歩きながら、小さなATPが原動力となり築き上げた、壮大な人類のドラマを振り返り、研究者と一緒だと、何倍も奥が深くなる未来館を味わいました。

We all together walked the Oval Bridge around the Geo-Cosmos talking again about the dramatic human evolution. Surely the small ATP molecules supported the history! Thanks to Dr. Yoshida, we all experienced deep learning in Miraikan.

 

最後はゲノムのおしゃべりに花が咲き、予定時刻をとっくに過ぎているのに誰ひとり帰ろうとしなくて、ひやひやしてしまいました。普段は全く違うところで生きている人たちが、こうして時間を忘れるほどひとつになれる場って、いいですね。

Chatting after the event was so much fun that nobody was leaving the group even after closing time! Though we live differently, it was so nice to feel like we are all one (like brothers and sisters) and share stories.

 

ナイスショットな写真やビデオを提供してくれた 西原科学コミュニケーターに感謝!拍手!

Special thanks to a science communicator Kiyoshi Nishihara for taking beautiful photos and videos!

※ホタルが光ったことに感激してゲンジボタルとヘイケボタルを間違えてしまいました・・・。今回観察したのはヘイケボタルです(2013年4月4日修正しました。)

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す