地球でノリ・乗りイベント開催!

このエントリーをはてなブックマークに追加

お台場で今、熱いものは何だ!?

日々そんなことを考えながら、りんかい線東京テレポート駅から未来館まで通勤している小宮山です。

東京はすっかり春の陽気。外を歩くのが気持ちのいい季節がやってきました。

迷惑な花粉に鼻をグズグズさせながら歩いていると、ダイバーシティ東京 プラザの前に人だかりが……。

ガンダムかな?いつもみてもカッコイイよね! とニヤニヤしながら人混みに近づいていくと、群衆の目線はみんな下の方。何やらビデオカメラ片手にものすごい応援です。

人混みをかきわけ覗いてみると…

なんだこれ!? ペダルがない! あと、選手ちっちゃ!

それにしても、みんなが元気いいし、かわいすぎでしょ!

3月17日に第5回シーサイドライダーズカップというストライダーの大会が行われていたんです。ストライダーというのは、ペダルもブレーキもない、足で地面を蹴って進む2~5歳用の自転車。今、チャイルドスポーツとしてとても注目を集めています。

写真は3歳男子の決勝戦!みんなデザインに個性があって超かっこいい!

そんなちびっこ達の熱いレースに興奮していると、また別の自転車が目に飛び込んできした。ストライダーの会場と目と鼻の先。みなさんは、こんな赤い自転車みたことありますか?

この自転車に乗ってお台場を満喫しているあなたは、かなりのお台場通です。

これは、江東区がNTTドコモ と一緒に実証実験をしている「コミュニティサイクル」。

1日500円払えば誰でも借りることができます。

豊洲~お台場エリアに18の自転車置き場(ステーション)があり、どこで借りても、どこのステーションに返却してもOK。使いたい時にだけ使える優れものです。

未来館の駐輪場にもこの赤い自転車を発見!実証実験は11月30日まで予定しているそうなので、未来館ついでに春のお台場サイクリングも気持ちいいのではないでしょうか。

そう、もうお気づきですね。

 

お台場では今、自転車が熱い!

 

ということで、未来館でも3月30(土)、自転車のイベントを開催致します。

題して、「地球を遊ぶ! BMX × シェアバイク 自・転・車・パフォーマンス!」

先ほどは江東区のコミュニティサイクルをご紹介しましたが、これに先駆けて無人で自転車を貸出せるサービスが、実は横浜国立大学で行われていました。その名は「COGOO」

「COGOO」はスマートフォンを活用した最先端のサイクルシェアリングサービス。誰でもアプリをダウンロードすれば、携帯アプリで自転車の鍵を開けられます。乗った自転車は専用の駐輪場で返却。また別の人が使用するというわけです。

イベントの前半戦では「COGOO」を運営するリレーションズから社長長谷川博章さんをお招きし、サイクルシェアリングで実現できる未来社会について伺います。私達が毎日のように使っている自転車も、ちょっと使い方を変えれば、駐輪場不足や放置自転車が社会問題となっている私達の街、そして低エネルギー化が必須条件となっている私達の地球をも大きく変えてくれるかもしれません。

そしてみなさんは、BMXという競技用の自転車をご存知でしょうか。映画『E.T.』で主人公とE.T.が空を飛んだ自転車も実はBMX。2008年の北京オリンピックから正式種目にも採用されているんですよ。

BMXの競技は、速さを競うレースと、技を競うフリースタイルの2つ。

今回のイベント後半戦では、世界チャンピオン佐々木元さんによるフリースタイルのスペシャルライダーショーを開催! 目の前でたっぷりとプロの技を体感していただけます。その後はBMX体験試乗会も実施! 実際にみなさんにお乗りいただきます。

低エネルギー社会の移動手段としての自転車、そして地球の重力を遊び倒すBMX

世界No.1の超一流パフォーマンスは圧巻の一言!

なんでもそうですが、超一流を直にみられる機会というのはなかなかありません。

ぜひこの機会に、ご家族で遊びにいらして下さい!

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す