今回も初づくし!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ブログをご覧の皆様こんにちは。科学コミュニケーターの野副です。

 

気がつけば6月も半ば。東京もようやく梅雨らしい天気が続くようになりましたが、雨が降ったら洗濯物は干せないし、通勤や通学は大変だし、何よりもジメジメ蒸し暑いのは悩ましいところですよね。

 

さて、今回も一枚の写真から始まるお話。わたくしがUNI-CUBに乗っています。科学コミュニケーターの白いベストを着ています。手にも何か持っています。でも、この机と椅子は未来館ではありません。結婚式場にも見えるかもしれませんが、さて、皆さんはどこだと思いますか?

 

 

正解は韓国の科学館です!科学コミュニケーター石川のブログにもありましたが、わたくしも、韓国で開催された科学館の学会に参加してきました。実は今回、UNI-CUBが海の向こうへ旅したのはなんです!!

参加した目的は、未来館とHondaの共同で実施しているUNI-CUBの実証実験の成果発表です。一枚の大きなポスターにまとめて、海外の科学館関係者向けに説明してきました。UNI-CUBってなぁに?実証実験ってなぁに?という方は、Hondaのホームページに掲載されていますのでこちらをご覧ください。実証実験で得られた結果や裏話などはまた別の機会にご紹介するとして、今回は学会会場での様子をお届けいたします。

 

最初の写真は、その学会会場でコーヒーを手にして移動する様子です。会場の担当者のご厚意で、飲み物はもちろんですが、お弁当を取りに行ったり会場の様子を見て回ったりと、会場内を縦横無尽に走らせていただきました。

 

 

やはりUNI-CUBは目を惹くので、海外の科学館関係者から多くの注目を集めました。

 

「どうやって動かしているの?」とか「足は使わないの?」といった未来館でよく受ける質問もあれば、「Hondaからいくらで買ったのか?(買ってませんよ)」など、実に様々な質問をいただきました。中には「なぜHondaはこのようなユニークなものを作ることができるのか?」という、わたくしからは直接答えにくい質問まで。

 

…あれ、そういう質問は、Hondaの担当者に直接聞けばいいのではと思ったあなたはするどい!!

 

実は今回、UNI-CUBの初めての海外旅行にもかかわらず、Hondaの方々は同行していないんです。そう、未来館のメンバーだけで、未来館以外の場所でUNI-CUBを使わせていただきました。実はこれも、国内外問わず初なんです!!

 

今まで、未来館以外の場所で未来館メンバーがUNI-CUBを使う場合には、必ずHondaの方々がご一緒でした。今回、未来館メンバーだけでUNI-CUBを異国の地で動かせたのは、実証実験を続けてきた未来館とHondaの信頼関係はもちろんのことながら、UNI-CUBの制御が安定し、安全に運用できるようになってきたからだと思います。

 

その実証実験は、下の写真の「初!」から始まりました。

 

 

6月16日、皆さん覚えておられますでしょうか。この写真は、未来館で初めて一般のお客様の前でUNI-CUBが動いた日です。光栄にもその実演を担当させていただきましたが、あれからもう一年経ちました。そう、UNI-CUBがお誕生日を迎えるのも初なんです!!

 

一年の間には、様々なことがありました。たくさんの方々に実演をご覧いただ、ご意見コーナーにお寄せいただいたアイデアは約6000件。体験会でお乗りいただいた方々は144人。ツアーなど未来館内でUNI-CUBに長時間乗られた方は50人。

 

この一年間でUNI-CUBそのものは変わっていませんが、バランスを制御するソフトウェアは大きく進化しました。当初は、少し乱暴な乗り方をするだけでバランスを失いやすくなっていましたが(実は未来館で初めてUNI-CUBを転倒させたものわたくしでした…)、今はわざとバランスを崩すことすら難しいくらい安定して乗ることができます。これも、様々な方々が様々なシチュエーションで様々な乗り方をしていただいたおかげなんです。今回、異国の地で事故もなく無事に乗り回せたのは、Hondaの皆様と実験にご参加いただいた皆様のご協力があってのことでした。この場を借りてHondaの方々とご協力いただいた皆様へお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

 

未来館はこれからもUNI-CUBを使っていきます。UNI-CUBを見るだけでなく、体験できるイベントも検討していますので、ご期待ください!!

 

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への4件のフィードバック

韓国の科学館ってもしや、果川科学館ですか?

めちゃめちゃ大きな科学館ですよね。

広さで言ったら、未来館の4倍くらいはありそうなくらい。

ただ、解説文がハングルでしか書かれていないので、

数字以外は全く分からずというのが。。。

その点、UNI-CUBは、見てビックリ、試してナットクという、

とても分かり易い一例かもしれないですね。

昨年度UNI-CUBの実証実験に家族で参加させていただきました!

家族全員UNI-CUBをすっかり気に入ってしまい、主人はUNI-CUBが商品化したら家族の人数分購入して、車に載せてあちこちで乗ってみたいとのたもうております。

私はアンケートに「くまモンに乗ってもらいたい!ゆるキャラですが運動神経バツグン、乗りこなします!宣伝効果もバツグンです!」と書いたら、本当に熊本でくまモンが実証実験に参加してくれました(笑)。Hondaのサイトで見つけて感激、爆笑しました!

いつも一般人が参加する実証実験にはHondaのスタッフさんが付き添ってましたが、野副さんは今回御一人で海外でUNI-CUBを披露されたんですね、すごい!

未来館のスタッフがHondaから信頼を得ている証であり、UNI-CUBが乗り物として安定して走行できるようになったいうことでしょう。素晴らしい!

今年度に入ってから未来館で一般人がUNI-CUBで乗れる機会が無くなったようですが…。また乗車する機会をつくってください!

コメントありがとうございます。

そう、果川科学館です。よくご存じですね。

めちゃくちゃ広いんです。

でもUNI-CUBが走ったのは、太田(テジョン)の科学館です。

ここも結構広くて、建物がいくつかに分かれています。

今のところUNI-CUBは屋内専用機で、

屋外を自由に走れないので、

太田科学館内すべてを自由に回ることができませんでした。

でも、いずれ、外でも使えるタイプが出てきたら、

そういう広い場所で使えると便利ですよね~。

未来館ではまだまだこれからもUNI-CUBを使って、

いろいろなことに挑戦していく予定なので、

ご期待ください。

(お詫び:果川科学館と太田の科学館を混同して書いていました。

7月8日に修正しています)

コメントありがとうございます。

実証実験でのご協力、本当にありがとうございました。

ブログの本文でも触れておりますが、

皆様がたくさん乗って、いろいろ試していただいたおかげで、

今ではすごく安定して使えるようになっています。

なので、初めての場所でも慣れてさえいれば、

UNI-CUBに乗るのは全く怖くないです。

今はまだUNI-CUBのイベントをご案内できる状態ではなく、

興味を持っていただいておられる方々には、

本当に申し訳ありませんが、

検討を進めておりますので、

定期的にホームページなどをチェックしていただければと思います。

それにしても、アンケートにくまモンのこと、

書いていただいていたんですね。

ありがとうございます!

(わたくしたちも写真を見たときはびっくりしましたが(笑))

UNI-CUBでいろいろなことができればと思っておりますので、

ご提案・アイデア、何でもかまいませんので、

機会がございましたら、またお寄せいただければと思います。

引き続き、UNI-CUBと未来館をよろしくお願いいたします。

コメントを残す