【アイデア求む!】先端コンテンツ技術の可能性を探る3日間

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

icon

10月24日(木)~26日(土)の3日間、未来館では、デジタルコンテンツEXPO2013というビックイベントが開催されます(しかも入場料無料のイベントです)!

未来館には展示スペースのほかに、研究棟があります。そこでは、複数の大学の研究室が入居して研究活動を行っています。その中でも、デジタルコンテンツEXPOとも関わりの深い3つの研究室が ワークショップ「Innovation Workshop in Miraikan ~研究室からアイデアを見出す3日間~」 を行います。


 

『メディアラボ「現実拡張工房」体験』 人々が集う場の情報メディアプロジェクト  

 

(東京大学大学院情報学環 苗村 健 研究室)

 

「身近なものに触感を加えてみよう!」 さわれる情報環境プロジェクト  

(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 舘 暲 研究室)

 

「現実世界を情報世界に取り込もう!」 リビングラボ東京プロジェクト

 (慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 稲見 昌彦 研究室)

ということで、ちょっとだけ、ワークショップの内容をご紹介します!

 

◆ メディアラボ「現実拡張工房」体験

未来館の常設展示「メデァイラボ」では第12期「現実拡張工房」を展示しています。

「工房」というからには、ここで、ものづくりしないとね!ということで、メデァイラボでワークショップを行います。出展者である苗村研究室のメンバーから作品紹介を受けるだけでなく、実際に作り、自分の作ったモノを展示スペースに持ち出して体験してもらう「工房体験」を企画しています。 (未来館の展示を使ってワークショップをやるなんて、前代未聞かも?)

ワークショップの題材は、出展作品のひとつ「フォトクロミックカーペット」

「フォトクロミック」については、鈴木 真一朗のブログ「現実ヲ拡張セヨ! Photochromic Carpet!」で紹介されているように、「なんとかクロミック」という素材は、何かをされると性質が変わる素材で、フォトクロミックは強い光(フォト)、具体的には紫外線を当てると色が変わる素材です。

今回のワークショップでは、布や紙コップ、おもちゃのミニカーなど、身近にある様々な物を自由に使って、フォトクロミックカーペットの新しい使い方、新しい魅せ方を発案してもらいます。

DSC07120

DSC07136

研究者たちも思いつかなかったような、あっと驚く新しいアイデアを募集しています! さらに研究者たちと話していくなかで、さらにアイデアも膨らむでしょう!

 

 ◆身近なものに触感を加えてみよう!

舘研究室は、触感を記録して再現できるデバイス「テクタイルツールキット」を使ったワークショップを開きます。

前回のワークショップの様子はこちら

今回のワークショップでは、ただ触感を創りだすだけではありません。触感を加えることで、より良い効果を生み出す方法を考えます。例えば、iPadにスタイラスペンで文字やイラストを書くときを想像してください。どちらも硬いデバイスなので、書き味が悪いですよね。もし、紙の上に鉛筆を滑らせるような触感を加えられたら、どうでしょうか。参加者の皆さんの力を合わせて、ものすごいアイデアが生まれることを期待しています。

 

◆現実世界を情報世界に取り込もう!

稲見研究室は、赤外線の反射光を観測して相手との距離を測る光センサ「フォトリフレクタ」を使います。しかし特徴はデバイスだけでなく、ワークショップを開く場所なんです。生活者と研究者が共同するものづくりの最前線「リビングラボ」で開くんです!

livinglab-1

ね。研究室っぽくないでしょ。扉を開けると、木目調のフローリングに観葉植物。丸いローテーブルの周りには、くつろげるソファが。まさに家!リラックスして、昼寝しちゃいそうです。

ワークショップでは、家のリビングのような生活空間で、生活者が行動しながらものづくりを行います。「研究者」が「研究室」で考えるのではなく、「生活者」が「生活空間」で、必要なものづくりを考えるのがポイントです。

皆様のご参加を心よりお待ちしております!

 

■■■ イベントのご案内 ■■■

デジタルコンテンツEXPO公式サイトhttp://www.dcexpo.jp/

日時:10月24日(木)、25日(金)、26日(土)10:00-17:00

場所:日本科学未来館

入場料:無料

デジタルコンテンツEXPO2013 日本科学未来館共催企画 「Innovation Workshop in Miraikan ~研究室からアイデアを見出す3日間~」 http://www.miraikan.jst.go.jp/event/1309271514209.html

※ワークショップによって開催日程が異なりますので、ご注意ください。 会場1階の受付にて各ワークショップの整理券を配布いたします。直接会場・受付へお越し下さい。

 

『メディアラボ「現実拡張工房」体験』 人々が集う場の情報メディアプロジェクト  (東京大学大学院情報学環 苗村 健 研究室)

10月24日(木) 15:30~17:00

10月25日(金) 15:30~17:00

10月26日(土) 15:30~17:00

各回先着6名

 

「身近なものに触感を加えてみよう!」 さわれる情報環境プロジェクト  (慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 舘 暲 研究室)

10月24日(木) 11:00~12:00

10月25日(金) 15:00~16:00

10月26日(土) 11:00~12:00

各回先着 16名

 

「現実世界を情報世界に取り込もう!」 リビングラボ東京プロジェクト  (慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 稲見 昌彦 研究室)

10月24日(木) 13:00~14:00

10月26日(土) 13:00~14:00

各回 先着 10名

 

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す