UNI-CUBで初ワークショップ?!~未来アイテムは誰がつくる?~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

先日、ロボット学会で国内の学会発表にデビューしたUNI-CUB(ユニカブ)ですが、今回は11月9日(土)、10日(日)と未来館で行われたサイエンス・アゴラにも登場。

アゴラのイベントでは、まず科学コミュニケーターの野副と石川が登壇し、パーソナルモビリティUNI-CUBを用いた実証実験について、UNI-CUBに乗りながら実演や体験会、展示ツアーなど試行してきたことを紹介しました。

そして、イベントの最後には、約30分間の体験会を行いました。

体験会では、その場の募集に応えた5人の大人の方に実際にUNI-CUBに乗っていただき、パーソナルモビリティのある未来に思いを馳せていただきました。

アゴラ体験会

(写真は体験の様子)

 

そこで「UNI-CUBに乗りたい」と思ったあなた、本日は私からイベントの報告だけではなく、大事なことも発表したいと思います。

それは…

...

...

UNI-CUB

こちら!

今週の土曜日11月23日から12月23日までに全部で9回(詳細日時はブログの最後をご参照ください)、UNI-CUBを使った新しいイベントを開催します!

昨年度から未来館では、UNI-CUBの実証実験を行い、その中でイベントをたくさん行ってきました。実演だったり、科学コミュニケーターによる巡回だったり、クラブmiraikanの会員向けのイベントだったりしましたが、今回のアゴライベントのように、一般の来館者の方でも乗れるチャンスはとっても少なかったと思います。

来館された皆さんからお寄せいただいたたくさんの「乗りたい」という熱い要望にお答えするべく、今回のイベントを企画することになりました。

そして、今回のイベントは事前予約制ではなく、当日その場で抽選をします。どなたにも乗れるチャンスがあります。(身長や体重などの利用基準についてはこの記事の文末をご参照ください)

どうでしょう!今までずっと乗れないなと思っていたあなた、ぜひ時間を見つけて、未来館へお越しください。

そして、今回のイベント、名前の通りただ乗るだけではありません。「未来アイテムは誰がつくる?」というテーマでUNI-CUBを使った初ワークショップを行います。

今後、UNI-CUBのような未来アイテムを作るにあたって、私たち普通の市民はどのように企業と関わっていくのかについて、ぜひ参加者同士で議論してみてはいかがでしょうか?

UNI-CUBの試乗だけではなく、参加者同士の議論やワークも楽しみにしてくださいね。

皆さんのご参加をお待ちしております!

 

UNI-CUBイベント情報:

http://www.miraikan.jst.go.jp/event/1311181314495.html

開催日時:

2013年11月23日(土)、11月24日(日)、11月30日(土)、12月1日(日)、12月14日(土)、12月15日(日)、12月21日(土)~23日(月・祝)12:00~13:00(11:55に抽選開始)

開催場所:

日本科学未来館 3階ロボットワールド

定員:

5名

利用基準:

・身長155cm以上の方

・体重40~100kgの方

・補助なく階段を登り降りできる方

・妊娠や怪我をされていない方

・日本語を話せる方

※以上基準を満たした未成年の方については、保護者の了承サインとご同伴が必要です。

 

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への2件のフィードバック

体重移動で操縦!

なんとも直感的で快適そうですね。

電動自転車、近いうちにこういう風になりませんでしょうか!

田中あんこ 様:

 そうですね!一輪車のような特訓は必要ありません。直感的に操作できて、5分も練習すれば乗りこなせる方がほとんどです。

 すぐ乗りこなせる理由は、実際の操作の感覚が私たち普段歩く感覚とほとんど変わらないからです。

 電動自転車は、走行を助けてくれますが、バランスを取ってくれません。そのため、自転車ができない方にはいきなり乗れません。

 しかし、UNI-CUBはコンピューターで車輪を制御してバランスを取っていますので、ある意味ロボットなのです。

 将来、自転車や車だけではなく、身の回りのいろんな物がロボット化してくると思います。今から、人間とロボットのつきあい方についても考えないといけないかもしれませんね。

コメントを残す