世界一をめざす!新型ロケットに懸けた森田さんの想い~【報告】「THE世界一展」オープニング・トーク~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

みなさんは「世界一」を意識したことがありますか?

 

「世界一のシェフになる!」「ノーベル賞をとりたい!」

…それは簡単なことではないけれど、

「自分のオリンピックでメダルを取るんだ!」という気持ちが大事。

この前の夏に新型ロケット「イプシロン」の打ち上げを成功させたJAXAの森田泰弘さんは、そう語ってくれました。

森田さん

12月7日に、未来館1階で始まった企画展「THE世界一展」のオープニング・トーク。イプシロンロケットのプロジェクトマネージャー森田さんを未来館にお招きしました。

 

イプシロンは日本の新型ロケット。今年9月14日に打ち上げが成功しました。

どのあたりが新型なのか?

打ち上げシステムが大きく変わりました。

新しいシステムの特徴は、ロケット自身が自己点検してしまう人工知能。これによって、準備期間を短縮させ、さらに世界のどこからでも打ち上げられるようになっていきます。世界から不可能だと言われていた技術を、見事に成功させたのです世界初の試みです。

 

そしてイプシロンで使われている固体燃料も、日本がゼロから研究を始めて、世界一になった技術。

森田さん自身もその日本「オリジナル」な部分に魅力を感じていました。

 

「世界一」の技術に、「世界一」の技術を加えたら…

それはぶっちぎりの世界一!!

イプシロン打ち上げ

©JAXA

 

「いずれは、飛行機が空を自由に飛んでいるように、イプシロンも宇宙に飛んで行けるようになりたい」。

森田さんの挑戦はまだ始まったばかり。これからも世界一を目指し続けます。

 

 

そんな森田さんが世界一を意識したのは、中学生の時。

日本男子バレーボールチームが、1972年のミュンヘンオリンピックで金メダルを取る!と宣言していて、本当に勝利をおさめました。

 

チームに森田さんと同じ中学校出身の選手がいました。

その選手は中学生の時に、先生に言ったそうです。

 

選手:「僕、オリンピックに出て金メダルを取りたいんだ」

先生:「オリンピックは出るだけでも大変なんだぞ。」

選手:「それでも取りたいんです。」

先生:「だったら本気で頑張れ

…そうしてこの選手は、本当に金メダルを取ったわけです。

 

この話を聞いて、当時中学生だった森田さんは思いました。

「金メダルは取ろうと思えば、取れるんだ!必ずいつか自分のオリンピックを見つけて、メダルを取るんだ!」

 

そして森田さんもロケットの分野で、金メダル級の成功を収めたのです。

 

森田さんイベント後

イベント後もお客さまの質問に熱心に答えていただきました。

ある男の子は、風邪気味だったけど、あこがれの森田さんに絶対に会いたい!という一心で、駆けつけてくれました。

 

「イプシロンがこんなロケットだったとは知らなかった」

「これからの宇宙開発が楽しみ」

お客さまから、これからに期待する感想をたくさんいただきました。

 ***** ***** ***** ***** ***** ******

この夏、イプシロンに燃えた私、みどりの本田

 

全く未知の世界だったロケットにこんなにものめり込んだのは、

イプシロンが素晴らしかったからだけではありません。

 

森田さんをはじめとする、たくさんの研究者や技術者の想いに触れたから。

 

「日本という小さな国が世界一を目指すこと。

これはとても大変なことだけど、日本だからできる技術がある。」

さらに「技術や想いを継承していく力」もあるということ。

 

そういった日本の技術・秘められた想いを「THE世界一展」でもお伝えしています。

もちろんイプシロンも紹介しています。来年5月6日まで開催中です。

 

森田さんのトークイベントの内容はYouTubeにて公開していますので、ぜひご覧ください!

 

開催日時:2013年12月7日(土)14:30~15:30

イベント紹介はこちらのアーカイブページをご覧ください。

イベントのYouTube動画はこちらから。

開催場所:日本科学未来館 1階 シンボルゾーン

参加者数:300人

Ustream中継視聴者数:100名

 

 

 

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す