「ヒトを知る研究」に触れてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

突然ですが、みなさんはこの動物、何だか分かりますか?

野生ボノボ (5) コンゴ民主共和国・ワンバ村にて撮影(提供:山本真也氏)

 

もう1枚!

野生ボノボ (4) コンゴ民主共和国・ワンバ村にて撮影(提供:山本真也氏)

 

正解はボノボです!

ボノボはチンパンジーと似ていますが、やや小型の別種です。チンパンジーと同じくヒト(生き物としての人間)に最も近縁な生き物です。

[霊長類の進化]

img-Z23100644

現在、野生のボノボが生息するのはアフリカのコンゴ民主共和国だけ!上の写真はそこで撮られた貴重な2枚。撮影したのは神戸大学の山本真也准教授です。山本先生がボノボを追いかけている理由とは・・・。

 

 

「人間って何だろう?」

この問いにすぐに答えられる人はいませんよね。

 

ヒトの特性を明らかにするため、脳科学や社会学、心理学、霊長類学など、さまざまな分野で研究が進められているところです。

 

そんな研究の最前線で分かってきた「ヒトらしさ」の1つが「協力すること」だと言われています。あるときには助け、あるときには助けられ、私たちの社会は助け合いに支えられています。では、そもそもヒトはなぜ協力するのでしょうか?

 

そんな協力するというヒトの「心」の起源を探っている研究者が山本先生です。

 

「心」にはいろいろな意味合いや解釈があり一義的には説明できませんが、山本先生が扱う「心」は協力を支える“心理メカニズム”のことだと考えて下さい。こうした捉えどころのない「心」の領域にも、いま科学のさまざまな分野がアプローチしています。

 

でも「心」ってどうやって研究するのでしょうか?長い進化の過程を経てヒトに備わった「心」は、文献に書き記されることもないし、化石や遺跡として形に残りにくいもの。何を、どう調べたらいいの?

 

研究方法はいくつもありますが、山本先生のアプローチはヒトに近い種であるチンパンジーやボノボと比べること

 

チンパンジーやボノボは協力をするのか?どうやって協力するのか?どんな社会を築いているのか?この2種とヒトが同じところ、似ているところ、違うところを1つずつ明らかにしていくことで、ヒトという生き物に特有の性質を描き出そうというわけです。まさに「自分を知るには他人を知ること」ですね。

 

山本先生の研究は、実験室と野外の2つの異なる環境で行われています。

まずは実験室。こちらは京都大学霊長類研究所のチンパンジーを対象にした道具渡しの実験の様子。

写真3_道具渡し実験_PenがMariに要求 (提供:京都大学霊長類研究所)

チンパンジーは相手が道具を必要としていることを理解して渡してあげるのでしょうか?渡す道具は相手が必要としている道具でしょうか?

 

そして、アフリカのギニアで行われるチンパンジーの野外観察時の1コマ。

野生チンパンジー (3) ギニア・ボッソウ村にて撮影。チンパンジーと同じポーズでたたずむ現地ガイドの姿がツボです。(提供:山本真也氏)

 

実験室でも野外観察でも、チンパンジーやボノボを相手にどうやって研究を進めていくのか。そこからどんなことが分かってきたのか・・・。

 

おっと、その答えはここでは書きません。なぜなら、山本先生を招いたトークイベントで、ご本人に研究の最前線について詳しく語っていただくからです!

 

新年を迎えてすぐの1月11日(土)に、山本先生を講師にトークイベント「協力する“心”にせまる -ヒト・チンパンジー・ボノボの比較から-」を開きます。

 

実験や観察から得られたデータをもとに、ヒトに生来的に備わっている“心”を山本先生が解き明かしていきます。実験の様子や、ふだん知ることのできないギニアやコンゴ民主共和国でのフィールドワークの様子も、写真や動画を交えて紹介していただきます。

 

ちなみに山本先生は、野外のチンパンジーやボノボの個体を顔やおしりで見分けることができるとか!(驚)そんな生のエピソードを聞ける貴重な機会でもあります。

 

会場にお越しいただける方は、ぜひ未来館5階の常設展示「ぼくとみんなとそしてきみ」もあわせてご覧下さい!1年前にオープンしたこの展示では、霊長類学や認知科学などさまざまな視点から「他者と関わって生きる」ヒトの性質を描き出しています。山本先生にも研究協力者としてご参加いただいています。

 

残念ながら会場にお越しになれないという方、当日はUstream中継があるのでぜひご覧下さいね!

 

■■■ イベントのご案内 ■■■

サイエンティスト・トーク「協力する“心”にせまる -ヒト・チンパンジー・ボノボの比較から-」(詳しくはコチラをご覧下さい)

日時:2014111() 15:0016:00

場所:日本科学未来館 3 実験工房

参加費:入館料のみ

講師:山本真也 氏 神戸大学国際文化学研究科准教授)

 

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す