GWは未来館ですばる望遠鏡を見よう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

未来館の5階で行っているサイエンスミニトーク。毎日さまざまな科学の話題をわかりやすくお話しています。(未来館の実演一覧はこちら)

 いつもは科学コミュニケーターやボランティアスタッフがお客様にお話をする形式ですが、3月22日の「すばる望遠鏡」のサイエンスミニトークにはスペシャルゲストが登場!

その時の様子をご紹介します。

 

すばる望遠鏡からスペシャルゲスト!

 

この日のミニトークでお話しくださったのは、すばる望遠鏡ハワイ観測所でお仕事をされている嘉数悠子(かかずゆうこ)さん

20140502matsui_1.jpgのサムネイル画像

すばる望遠鏡ハワイ観測所 嘉数悠子さん
沖縄出身でとっても明るく、そしてお話上手!

 

 

嘉数さんは大学院からアメリカに留学され、学生の頃から継続的にすばる望遠鏡を使って研究をされている天文学者です。

ハワイのマウナケア山(標高4205m)は富士山よりも標高が高く、その頂上での観測は想像できないほど厳しいものなのだそうです。天候に左右される観測、高山病... そんな体験談もお話しいただきました。

 

すばる望遠鏡本体部分を分解!

 

当日はケース内に入っている模型を取り出し、望遠鏡の本体部分を分解!

20140502matsui_2-1.jpg

           5階展示 すばる望遠鏡の模型

 

上の写真の青い部分が望遠鏡の本体です。

底の部分を外して、世界最大級の8.2 mの主鏡の模型を皆さんにお見せしたり、それを支えるアクチュエーターと呼ばれる装置を間近で見ていただいたりしました。

20140502matsui_3.jpg

主鏡の模型を使って解説している様子

 

 

 

すばる望遠鏡が見つけた129.1億光年先の銀河はどこ?

 

大きな鏡をもつすばるは、遠くの天体からのかすかな光を集めることができ、また視野も広いため遠い銀河の探索にとても適しています。

2012年6月には129.1億光年先の銀河が発見されました。

 

そこで来場のお客様にクイズ!

下のすばるが撮影した写真の中で、一番遠くにある天体はどれかわかりますか??

 20140502matsui_4.jpg

(写真:国立天文台 すばる望遠鏡)

 

この画像には約5万9000個の天体があります。

研究者はこの中からどうやって129.1億光年先の銀河を探しだしたのでしょうか。

 

まずカメラに付けたフィルターで遠くの天体を4つに絞りこみ、それを詳しく観測して遠方の銀河に特徴的な光を発している天体を探しました。

こうして当時最も遠い129.1億光年先の銀河(現在では2番目)が発見されました。

 

先程のクイズの正解は、写真中央にある赤い点のように見える天体です。

中央部分を拡大してみます。

20140502matsui_5.jpg

(写真:国立天文台 すばる望遠鏡)         

 

こんなに小さいのによく見つけたなぁ!!と感心してしまいます。

 

 

さて、15分ほどの嘉数さんのお話の後は来場のお客様からの質問タイム。

質問の一つをご紹介します。

20140502matsui_6.jpg

  質問タイム!


 

「遠くの銀河を見ると何がわかるのですか?」

  

するどい質問が中学生くらいの男の子から出ました。きっとみなさん知りたいことでしょう。

「遠くの天体を観測するということは、昔の宇宙の様子を見るということなんです。宇宙が生まれて間もないころの銀河を見ることで、ビッグバン直後の様子について知ることができるんですよ」と嘉数さんが答えます。

 

宇宙の年齢は約137億年とされています。先ほどの129.1億光年先の銀河の発見により、ビッグバンから 7.5 億年後の宇宙の様子がわかったそうです。7.5億年後といえども、宇宙の年齢を考えれば、生まれてすぐくらいです。う~ん、宇宙誕生直後という大大昔の世界を、現代の科学者が観測していると思うと不思議な気分になりますね。

20140502matsui_7.jpg

 多くのお客様が参加されました

 

ミニトーク後もお客様から嘉数さんや私に質問が多数寄せられました。

印象的だったのは、多くの方から「すばるを見に行きたい!」という声を頂いたこと。

 

「今度ハワイへ行くんです!すばるを見ることはできますか?」

「すばるを見たいんですが時期はいつが良いでしょうか...」などなど。

 

何を隠そう、私もすばる望遠鏡を見たくて年末にハワイ島へ行ってきたばかり!

お客様の質問に私も体験談を交えてお答えしました。

 

すばる望遠鏡は内部の見学ツアーがあり、以下の方を除いてどなたでも見学できます。

・16 歳未満の方

・妊娠中の方

・健康に不安のある方

 

時期は夏が一番良い時期だそうですよ。どうぞ下のリンクをご参考に☆

すばる望遠鏡 一般見学案内

嘉数悠子さんのblog「天文学者ゆうこのハワイ便り」

 

 

GW中もすばる望遠鏡のサイエンスミニトーク開催 

 

このゴールデンウィーク中5月3日と6日は、わたくし、科学コミュニケーター松井すばる望遠鏡のサイエンスミニトークを行います。

いつもはケースの中にある模型を取り出し、パーツを取り外したりしながら、間近にご覧いただけますので、どうぞ実際に見に来てくださいね!

 

 

GWはハワイ旅行気分♪

松井彩でした^^

 

それではみなさん、良いゴールデンウィークを~

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への2件のフィードバック

私はこの間未来館へ来たことがあって、すばる望遠鏡にすごい興味を持ち始めました。本当に素晴らしいと思います。残念ながら、嘉数さんの解説は聞くことがせきなっかたんですけど、この文を読んで、だいたいの内容がわかるようになって、嬉しいです。チャンスがあったら、せひハワイへすばる望遠鏡を見に行きたいと思います。

>かずみ様
コメントありがとうございます。すばる望遠鏡良いですよね~!研究者の熱い想いや技術力など、話を聞けば聞くほど興味がわいてきます。
実際に見に行くチャンスが来ますように^^*
マウナケア山頂では信じられないくらい多くの星が見られるのも素敵です。
すばる望遠鏡と夏の天の川を撮影したムービーがあったので、よかったらどうぞ☆
http://www.naoj.org/Topics/2014/08/05/j_index.html

コメントを残す