「若手」の方々、必見!

このエントリーをはてなブックマークに追加

まいどっ!

 

先日の若田飛行士帰還イベントに続いて、人工衛星だいち2号打ち上げイベントも無事終わりました。
どうも、すっかりパブリックビューイング番長のほんだです。

そうそう、今回から未来館はニコニコ生放送チャンネルを作ったんですよ。
ニコ生を配信するのって、大変だけど楽しいですね。
未来館チャンネルのページはこちら

...ん?

だいち2号の打ち上げってなんだい?
という方は、当日大活躍したコミュニケーター益原のブログをお待ちください。

(じゃ、あとは任せた!>益原さん)

 

話は変わって。

ワタクシほんだが「高校生の時にこれを知っていれば...!(地団駄)」と本気で思ったイベントが、もうすぐ行われようとしています。

 

そのイベントとは...

「宇宙・生命・脳・物質・エネルギー」若手研究者によるRising SunⅢ

 

...まるでEXILEの歌みたいな、すごいタイトルやなぁ。

(サブタイトルは「自然科学研究機構 若手研究者賞記念講演」、と漢字ばかりなのが対照的。)

 

 


6月15日に未来館の7階で行われるこのイベント。

どんな内容かというと...
タイトルにある5つの分野で頑張る若手研究者による講演会

話す研究者はサブタイトルの通り、本年度の「自然科学研究機構 若手研究者賞」を受賞した、今まさにノリノリの研究者の方々です!

 

 

※自然科学研究機構とは、タイトルにもある5分野の研究機関「国立天文台」「基礎生物学研究所」「生理学研究所」「分子化学研究所」「核融合科学研究所」から構成される研究組織です。詳しくはwebへ!

 

このイベントでは、なんと事前にそれぞれ5人が切磋琢磨して「どうやったらプレゼンがもっと面白くなるか」を練り上げています。さらにそれぞれがプレゼンの自主トレも行っているとか。

もちろん、話す内容もただの研究紹介ではありません。研究を始めたきっかけや苦労話、今持っている情熱にこれからを見据えた壮大な夢!野望(?)!などを熱く語ってもらいます。

 

今頃発表されるみなさんは、研究に加えてプレゼン練習に余念がないところなのでしょうか(ニヤリ)。

 

ほんだは、今回の発表者の一人である国立天文台 准教授の本間希樹先生にお会いする機会に恵まれました。

普段は岩手にある水沢VLBI観測所で研究をされている本間先生。

電波を使って、私たちの住む銀河系やブラックホールの謎を解明するというプロジェクトを行っているということで、未来館きっての宇宙好きほんだとしては、いろいろなお話を聞いてこねば!とワクワクを隠せないまま突撃してまいりました。

 

...お会いしてまず感じたことは。

いやー!!笑顔のさわやかなこと!!

20140526_maidohonda01.png

 

あまりのさわやかっぷりと、とてもフレンドリーな人柄だったので...

すっかり研究の話そっちのけで話し込んでしまい、あっという間に帰る時間に。

 

 

......ということなので(どういうことだ)。
詳しい楽しい研究の話はぜひ6月15日、未来館にてお聞きください!

 

当日お話いただく5人の先生と、話の内容紹介はイベントwebページにも

ぜひぜひ参考にされてみては。

 

そうそう大事なことが!

行きたいけど遠いし交通費も高いし...」という高校生には朗報です!

自然科学研究機構から会場までの交通費をサポートしていただけるそうです!

ただし、申し込みが5月28日までなので、締め切り間近。

 

詳しくはwebページへ。急いで!!!

特に研究者をめざす高校生にとっては、とても貴重な体験ができるはず。

ぜひ応募してみてはいかがでしょうかね。

 

本当に、高校生の時にこれを知っていれば...。

ほんだも高校生にまぎれて応募してみようかな。

(だめです)

 

 

ほなまたねー。

 

ほんだ

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す