"デンケン" でイノベーションを起こせ!まずは工場に潜入だ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

いきなりですが

a-horikawa-06201.png

現在、内閣府では山本一太大臣・小泉進次郎政務官の「あなたのイノベーション大募集!」を開催しているのですが(詳しい参加方法は、松井のブログでも紹介しております~)

 

イノベーションといえば・・・イノベーションといえば?

デンケンでしょ!

 

わたくし、科学コミュニケーター堀川は、電子顕微鏡 を推薦します!

電子顕微鏡が誕生して約80年。これまでに"デンケン"が起こしてきたイノベーションは10や20ではありません!が、今回は厳選して3つご紹介します!

a-horikawa-06202.pngのサムネイル画像

梅雨にも負けないレインコート。水をはじくといえば・・・若い人のピチピチお肌!とハスの葉っぱ

a-horikawa-0619-3.JPGのサムネイル画像

未来館3階 「技術の川」 にて撮影(左は超撥水素材のサンプル、右の写真は電子顕微鏡で撮影したハスの葉の表面構造)

 

私たちの目にはツルツルに見えるハスの葉も、電子顕微鏡でみると、無数の突起があることがわかります。ハスの葉が水をはじく秘密は、葉の表面からでている油脂分と、表面の凸凹構造にあります。

電子顕微鏡で生物試料を観察すると、そこには驚きだけでなく、生物の戦略がみえてきます。そして、その戦略からヒントを得て、再現したり、改良したりするバイオミメティクス(生物模倣)。

超撥水素材は、表面に微細な凸凹をつくり、厚さ1nmほどの極薄の膜で覆うことで、ハスの葉を上回る撥水性を実現。「見て」 しくみを「知る」ことが、革新的な技術の第一歩になっているのです。

 a-horikawa-06203.png

ときに我々は目に見えない敵との戦いを強いられるときがある (おばけじゃないよ)

球状だと思われていたエイズウイルスがコンペイトウのような形だったと判明したのは、1985年のこと。電子顕微鏡は1940年代から1990年代までの病原微生物の見た目(大きさや形)を明らかにすることで、分類や病原性を理解する上で、大きな役割を果たしてきました。遺伝子解析などの生物学的な手法が発達した現在も、新たな感染症やバイオテロ対策の病原体検出手段の一つとして、見直されています。 

jove-58-2770-1.jpg

Joel R. Meyerson etal. Determination of Molecular Structures of HIV Envelope Glycoproteins using Cryo-Electron Tomography and Automated Sub-tomogram Averaging. J Vis Exp. 2011; (58): 2770より引用。左(A)が電子顕微鏡で撮影したエイズウイルス。

 

a-horikawa-06204.png

 電子顕微鏡の活躍は生物や医学の分野に留まりません。「見える」 は 「測れる」 でもあります。工業用計測器として半導体の生産に欠かせない存在となっています。

a-horikawa-0619-6.jpgのサムネイル画像

 シリコンウェハ(倍率5,000倍) 提供:日立ハイテクノロジーズ

 

今このブログを読んでくださっているあなた。何を使ってみていますか?お手持ちのPC、スマートフォン...さまざまな電子機器の小型化において、ナノサイズの部品の寸法を精密に測ることは不可欠です。

検出器として、分析器として、測定器として。デンケンって最強のイノベーションツール!私たちの今ある暮らしは電子顕微鏡に支えられている、といっても過言ではありません。

 

「見える」って最強だと思いませんか。

ミクロの世界をのぞくための顕微鏡。果てしなく遠くにある天体をとらえるための望遠鏡。

人間が何かを見ようとするのは、見ておわりではなく、そこから何かを知りたい、理解したい、つくりたい、という先を描いているからではないでしょうか。

 

と、さんざん "デンケン" 推しの私ですが、実は電子顕微鏡・初心者です!未来館ではじめて走査型電子顕微鏡(SEM)を使って、機械音痴の私にも操作できる!と安堵すると同時に、「これだ!」という画像の撮影できるようテクニックを磨いているところです。

 

デンケンで「見る」ことで新しい発見があるかも。デンケンを知ることで、新しい使い方が想像できるかも。きっとデンケンには、トップレベルの技術力が詰まっているに違いない!そもそも、デンケンってどんな原理で、どうやって造られているんだろう...?

そうだ!

a-horikawa-06205.png

ということで、企画しましたのが、こちらのイベント!未来館に走査型電子顕微鏡を提供してくださっている、日立ハイテクノロジーズさんの工場を訪問いたします!

2014年7月30日(水)

リアルラボ@株式会社日立ハイテクノロジーズ

~工場に行って・みて・考えよう!電子顕微鏡とわたし~

https://club.miraikan.jst.go.jp/friendship/event/eventdetail/1406171416868.html

 

現在、参加者を募集中です!(7月11日(金)17:00まで)

7月30日に日立ハイテクノロジーズでお会いしましょう!

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す