【告知・7/13(日)】楽しいドイツ人宇宙飛行士が「地球外フロンティア」を語ります

このエントリーをはてなブックマークに追加

宇宙では将来、どんな生活ができるのでしょうか。

宇宙飛行士の楽しい話を聞きながら、近未来の宇宙開発に思いを馳せてみませんか?

 

未来館は7月13日(日)14:30から、ドイツ人宇宙飛行士のウルリッヒ・ヴァルターさんを招き、トークイベントを行います。

ヴァルター1.jpg

テーマは

「宇宙飛行士が語る地球外フロンティア」

 

宇宙から見た地球の印象や、無重力状態での不思議な科学、そして人類が火星で生活する可能性を、宇宙飛行士の視点からお伝えします。

ヴァルターさんは1993年にスペースシャトルに搭乗。約10日間、宇宙に滞在し、さまざまな実験を行いました。専門は物理学。現在はミュンヘン工科大学で航空宇宙工学教授を務めています。

ヴァルター2.jpg

未来館での講演は、同時期に宇宙飛行士となった当館館長の毛利衛との縁で実現することになりました。

It is an entertaining talk saying "Living and working in space is fascinating!"(「宇宙での生活や仕事はとても面白いんだ」って、楽しくお話しするよ)

テレビの科学番組などへの出演経験も豊富なヴァルターさん。子どもから大人まで楽しめる日曜日の午後になるよう、エンターテイメントを盛り込んだお話しを用意してくれることになりました。こんな感じで、明るくエネルギッシュにお話ししてくれることでしょう。

ヴァルター6.jpg

イベントは事前申し込み制で、当日参加も可能です(ただし、当日参加は立ち見となります)。Ustreamによる動画中継でも楽しむことができます。

詳細はこちら。

ぜひ、宇宙飛行士に会いに来てください。

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す