夏が来た!そうだ、ボライベに行こう!~ボランティアイベント2014・夏~

このエントリーをはてなブックマークに追加

夏と言えば。

海?山?いやいや夏祭り?

 

いいえ。

未来館で夏と言えば、「ボランティアイベント」ですよっ!!!

20140717_volueve_01.jpg

 

未来館に、私たち科学コミュニケーターと同じような、でも色違いのジャケットを着ている人たちがいることは、みなさんご存じですよね?

そう、オレンジ色のジャケットを着た彼らこそ、未来館ボランティア!!!

20140717_volueve_02.JPG

去年の夏のボライベで話すボランティアさん

 

その未来館ボランティアが企画から運営まですべてを担当するイベントがこのボランティアイベント、通称ボライベです。毎年、夏休みと冬休みが始まる頃に実施されています。

 

今年の夏のボライベは7月19日、20日の2日間

幅広く科学技術に触れることができるさまざまなプログラム11個が用意されました。

今日は11のプログラムから、ほんの一部をご紹介します!

まずはこちら。

20140717_volueve_03.JPG

なにやら、配線部品が袋詰めされたものと工具が準備されています。

これで何ができるかというと。

20140717_volueve_04.jpg

じゃんっ

なんと!オリジナル・ロボットストラップ!

かわいいでしょ。今回のボライベでは、写真の部品とはまた違う部品を使う模様。色とりどりです。

ボランティアさんが話す配線部品の秘密を聞きながら、自分だけのロボットストラップを作ることができます。

(プログラム名:配線部品であなたのオリジナルロボットをつくろう!)

 

さて、次はこちら。

20140717_volueve_05.jpg

はろー

 

これ、ダンゴムシの顔です。大きさは、円の直径が4mmくらい。小さなポートレートですね。

こんな小さな写真、何を使って撮ったのでしょうか。虫眼鏡?顕微鏡?答えは電子顕微鏡!

・・・電子顕微鏡って?そう思われる方も多いかと思います。そんな方はぜひ、ワークショップにご参加を。電子顕微鏡ってどんなものなのか、そして電子顕微鏡で見られる世界をご紹介したあと、実際に電子顕微鏡を触ることもできます。

(プログラム名:nanoの世界は不思議ナノ!?)

 

最後にもう一つ。

最近、放射線ってよく耳にするけど、どんなもの?見えないけど、どこにあるの?

そんな疑問に答えよう!というわけで、ボランティアさんたちがたくさん議論をしてたどり着いたのがこちら。

20140717_volueve_06.jpg

ふわふわゆるゆる

ゆるキャラ・・・?

そう。放射線をキャラクター化してしまいました!ちゃんと特徴を捉えています。どれがどんな放射線なのかは、会場で。目に見えないものは目に見えるようにしたらわかりやすくなるはず。目には見えないはずの世界を見えるようにして、放射線とは何か、一緒に考えてみませんか?

(プログラム名:見えないものがある世界~粒ガールpresents 身近な放射線~)

 

-------------------------------------------------------

・・・本当は11個全部ご紹介したいところですが、時間切れ。

どんなプログラムがあるかはHPをご覧ください。

そして、なんと今回は私たち科学コミュニケーターもプログラムの一部に参加しています。

オレンジ色の中に白色を探してみるのもまた楽しいかもしれません。

 

夏休みの始まりは、ボライベに決まり!

未来館ボランティアさんも私たち科学コミュニケーターも、未来館1階でお待ちしております!!

 

ボランティアイベント2014・夏

日時:2014年7月19日(土)~2014年7月20日(日) 10:00~17:00

場所:日本科学未来館 1階 コミュニケーションロビー及びシンボルゾーン

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す