科学コミュニケーターがゆく!チームラボ展×未来館 -来館ポイントとオススメコース編-

このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですがみなさま、企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」(以下「チームラボ展」)にはもう行かれましたか?

連日、たくさんの方にご来場いただいていますが、もっとたくさんの方にチームラボ展も未来館も楽しんでほしい!と思っております。

そこで!

未来館で毎日過ごし、裏側まで知っている(?)科学コミュニケーター松浦が、チームラボ展と未来館の楽しみ方をシリーズでお知らせしていこうかと思います。

題して。

☆科学コミュニケーターがゆく!

チームラボ展×未来館☆

これさえ読めばチームラボ展はもちろんのこと、未来館を丸ごと楽しむことができます!(ちょっと大きく出ちゃいました)

今回は、チームラボ展と未来館を楽しむための来館ポイントとオススメコースをみなさまにお教えしますね。

それではみなさまチェケラー。

☆ポイント① 来館時間☆

ご来館は平日、特に水曜日木曜日がおすすめです!

平日の「学ぶ!未来の遊園地」の様子はこちら。

20150213_teamlab_01.jpg

比較的余裕をもって各展示を楽しむことができます。

平日は学校が...会社が...という方も多いかと思います。

そんな方には土曜日、それもできれば朝(10:00開館ですが)9:30ごろを目指して来館されることをオススメします。

さらに、3/7以降の土日祝は19:00まで開館時間を延長することになりました。最終入場は18:30。

3/7以降の土日祝は夕方からの来館もオススメ。夜のGeo-Cosmosやお台場の夜景を未来館から眺めるのもなかなか素敵です。

なお少しでも早く来場するためには、事前にチケットを購入してからご来館ください。企画展入場時にチケット交換を行います。詳細はコチラ

☆ポイント② ランチ☆

未来館では、ランチや休憩場所に困っている方を多く見かけます。

私がオススメする未来館でのランチは、お弁当を持ってきて7階展望ラウンジで食べるです。

20150213_teamlab_02.jpg

7階展望ラウンジ

お台場の景色を眺めながら飲食できるスペースで、持ち込み可能なのです。お弁当のほか、土日祝ならば未来館敷地内に登場するケータリングカーで好きなモノを買ってきて食べるのもよいですね。

5階にカフェはありますが昼食時間帯は大変混雑しますので、時間をずらしてのご利用をオススメします。

※ケータリングカー及び飲食スペースは変更になる場合があります。ご了承ください。

☆ポイント③ 未来館へのアクセス方法☆

未来館にはもちろん駐車場がありますが、土日祝日はあっという間に満車になってしまいます。新交通ゆりかもめや東京臨海高速鉄道りんかい線、都バスなど、公共交通機関でお越しください。

☆オススメコース☆

さて来館ポイントがわかったところで、今度は館内の楽しみ方のオススメ、です。

チームラボ展と未来館を丸ごと楽しむための未来館オススメコースを2つお教えします!

チームラボ展は、すべて「デジタルアート」でできています。「アート」は芸術という意味ですね。

じゃぁ「デジタル」は?...案外、なじみがあるようでない言葉。

というわけで、「デジタル」を感じられるコースをご用意しました!

① デジタルで未来をつくるコース

チームラボ展

3階「インターネット物理モデル」

3階「メディアラボ」

ポイント①でオススメしたとおり来館時間を目指して来館していただいて、チームラボ展を楽しんだ後、3階常設展示「未来をつくる」ゾーンを巡っていただくこのコース。

デジタルってなに?なんでもデジタルにできるの?

という疑問にお答えします。

「インターネット物理モデル」では、デジタルってどういうことか簡単にわかってしまうワークショップが行われています。インターネット物理モデルのワークショップや実演の詳しい情報はこちらのブログをお読みください。

ワークショップ「インターネットのしくみ」は予約券制ですので、3階のヘルプデスクまでお越しください。もしワークショップに参加できなくても、実演「君は情報を守れるか?!」は予約券なしで参加できますし、自由に展示体験できるコーナーもあります。

20150213_teamlab_03_.jpg

インターネット物理モデル

そしてインターネット物理モデルの隣にあるメディアラボに行きましょう。最先端のデジタル化をご紹介しています。なんと触覚をデジタル化する技術があるのです。こちらでは様々な「さわりごこち」をデジタル化することによって、触覚を遠くへ伝えたり再現したりすることを体験できます。詳しくはHPをご覧ください。

また、不定期ではありますが、土曜日には視覚、聴覚、触覚すべてをデジタル化することで実現したロボット「テレサⅤ」の実演も行われています。「テレサⅤ」の実演についてはこちらのブログをお読みください。

※テレサⅤの実演は、不定期のためHPで日時をご確認ください。

20150213_teamlab_04.jpg

メディアラボ

② デジタルで世界をさぐるコース

5階「VRシアター」

3階「Geo-Scope」で地球の様々なデータを確認

1階からGeo-Cosmosを眺める

チームラボ展

こちらは常設展示を楽しんでから、夕方、チームラボ展を楽しむコース。

夜空の星たちの間を旅したらどんな気持ちかしら...

そんなロマンチックな気持ちに応えるシアター「VRシアター」をオススメ。なんと、デジタルの力で宇宙旅行に行けるのです。しかも、昨年末にコンテンツが新しくなったばかり。どんなコンテンツなのかは、こちらのブログをお読みください。予約券制となっておりますので、まずは5階のヘルプデスクまでお越しください。

20150213_teamlab_05.jpg

VRシアター

VRシアターで宇宙旅行をしたら、地球の姿をデジタルデータで確認できるGeo-Scopeを触ってみましょう。宇宙の中で唯一無二の存在「地球」を様々な角度から見たデータが入っています。詳しくはこちらのHPをご覧ください。

20150213_teamlab_06.jpg

科学コミュニケーターに説明してもらうのも良いですね!

そして、最後に1階シンボルゾーンでGeo-Cosmosを眺めて宇宙に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。実演も定期的に行われます。実演スケジュールはこちら。Geo-Cosmosに映し出されている地球の姿も「デジタル」になっているから、私たちがいつでも見ることができるのです。

20150213_teamlab_07.jpg

Geo-Cosmos

ぜひおすすめコースを巡って、チームラボ展を創る「デジタル」の力を感じてください!

☆科学コミュニケーターと話そう☆

最後のオススメは、未来館の一番の特徴、私たち科学コミュニケーター(SC)と話すこと。常設展示には実演をしたり、展示の解説をしたり...いや、むしろみなさんとおしゃべりしたくてうずうずしているSCたちがたくさん!

20150213_teamlab_08.jpg

約50名の科学コミュニケーターが待っています!

未来館に来たら、何人のSCと話せたか、お友達と比べてみるのも楽しみ方の1つです!

------------------------------------------

「科学コミュニケーターがゆく!チームラボ展×未来館 -来館ポイントとオススメコース編-」、いかがでしたでしょうか。

ぜひ参考にしてご来館くださいね!

お待ちしています!

チームラボ展混雑状況はコチラ

チームラボ展の内容についてはコチラ

未来館へのアクセス方法はコチラ

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への2件のフィードバック

科学未来館に行ったら『科学コミュニケーターと話す!』これが一番の楽しみであり、オススメですね。オススメの最後に持ってくるなんてもったいない。ぜひ、いの一番に挙げてください。でも、子どもは話しかけづらいのも事実なので、科学コミュニケーターの方からももっと話しかけて(特に子ども達に)いただけるとありがたいなと思っています。

>半人前さま

なんだか、お呼びするのに気が引けるお名前ですが、失礼します。

とてもとても嬉しいコメントをありがとうございます。
お子さんからだと、話しかけづらいとのこと、みなで意識したいと思います。
私たちからももっと積極的にお声がけしますので、半人前さまからもぜひよろしくお願いします!

コメントを残す