科学コミュニケーターがゆく!チームラボ展×未来館 -春休みの楽しみ方編-

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさまご存じ、企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」(以下「チームラボ展」)。好評につき、会期を延長してみなさまにお届けしております。

まず、はじめに。

会期延長とともに、新規展示「Floating Flower Garden - 花と我と同根、庭と我と一体と」がお目見えしております。詳しくはコチラをご覧ください。こちら、会場前にてお並びいただいた順にご案内しております。混雑状況によっては1時間ほどお待ちいただくこともあるので、こちらの展示がお目当ての方は開館時間にご来館いただき、まずは会場を目指すことをオススメします。


さて本題。

2月も半ば、ワタクシこんな記事を書きました。

科学コミュニケーターがゆく!チームラボ展×未来館 -来館ポイントとオススメコース編ー

当時の来館ポイントと常設展オススメコースをご紹介しました。シリーズ物としてお届けします、と宣言したからにはお届けしますよ!というわけで、第2弾!


春休みの楽しみ方編


みなさま、土日祝日並ばなくて良くなったのはご存じですか?

春休み限定イベントが行われているのはご存じですか?



☆★土日祝日、並ばなくて良い?!★☆

まずは並ばないお話から。

5月10日までの土日祝は、入場整理券を配布するようになりました!

これまでは入場待ちまで1時間以上お並びいただくこともしばしば...大変心苦しい限りでした。そんな待ち時間を入場整理券で解消です!

開館と同時に企画展入口付近で配布を開始。

20150327_teamlab2_01.jpg

入場整理券はこちらでーす


早い時間の分から順次お渡ししているので、時間の指定はできませんが、入場時間までは常設展示で過ごしていただけます!

20150327_teamlab2_02.jpg

整理券には入場できる時間が書かれています。このお時間に企画展入口においでください。


なお、最終の整理券入場時間は16:50まで。17:00以降は整理券なしでご入場いただけます。土日祝は19:00まで開館時間を延長しています(企画展最終入場は18:30まで)。比較的ゆっくりご覧いただける17:00以降のご来場もオススメ!入場整理券についてはコチラも合わせてご覧ください。


さて、入場時間までの常設展示での過ごし方は先日のブログも参考にしていただきたいのですが、まだまだオススメがあります。今日はさらに2つご紹介!


1つめ。3月20日に常設展示5階にオープンしたばかりの展示「細胞たち研究開発中」

入口は、iPS細胞にまつわるストーリーが見られるシアターです。

20150327_teamlab2_03.jpg

5つのストーリー、どれが見たいですか?


まさに"研究開発中"の新しい細胞「iPS細胞」によって、私たちが受けられる医療の姿が変わるかもしれません。シアターで見られるストーリーを元に、ちょっと先の未来の医療をイメージしてみてください。

20150327_teamlab2_04.jpg

シアターを抜けた先には展示室


そしてシアターを抜けると、めくるめく細胞ワールドがそこには広がっています。私たちの身体は約40兆個の細胞によって形作られていると言われています。その1つ1つの原理や仕組みを知ることは、私たち自身を知ることにつながります。ぜひ自分自身の身体を知るきっかけに、常設展示5階「細胞たち研究開発中」まで。ちなみに、シアターを見られなくてもこの展示室は見ることができます。


もう1つは2月から始まった、シンボル展示「Geo-Cosmos」の新しいプログラム「幸せについて考える8分間」。私たち科学コミュニケーターがGeo-Cosmosを使いながら、みなさんが感じる「幸せ」を通じて「エネルギーとのつきあい方」について考える実演です。

20150327_teamlab2_05.jpg

Geo-Cosmosで見る世界の電力消費量


私たちは様々な幸せを感じて生きています。その幸せを、未来につなげるために必要なもの。それがエネルギー。どういうこと?って思った方はぜひ実演を見に来てください。毎日14:15~約8分の実演で、1階3階5階のいずれの階からもご覧いただけますが、オススメは3階Geo-Cosmos正面です。


☆★春休み限定イベント?!★☆

さて、春休みに突入した方にぜひオススメしたいイベントがこちら。


企画展関連イベント「みんなでデジタルアニメーションをつくろう」


4月1日(水)と2日(木)に実施します!

チームラボ展の作品は「デジタル」でできていますよ、という話は以前もお伝えしたのですが、そのデジタルの力を使って、みんなでアニメーションを作ってみませんか?というこのイベント。1日3回行われるワークショップで、実はもう始まっています。ここで、ちらりとワークショップの様子をご紹介します。


まずは、デジタルってどんなものなのか、みんなで考えます。

20150327_teamlab2_06.jpg

この紙に描かれた魚の絵はデジタル?


「デジタル」がイメージできたところで、そこにいる人たちで2つのチームを作ります。

20150327_teamlab2_07.jpg

はじめましての人とも自己紹介をして「チーム」になります


アニメーションを作るために使うのはウェブサイト「プログラミン」(文部科学省制作)。

20150327_teamlab2_08_.jpg

ウェブサイト「プログラミン」


このプログラミンを使うと例えばこんなアニメーションを作ることができます。

タイトル「地球をころがすペンギン」(made by 松浦)


ペンギンを使ったのは私がペンギンに似ていると良く言われるからです...(手長短足...!)


最初に作ったチームで、オリジナルのアニメーションを1つ、みんなで創り上げます。

20150327_teamlab2_09.jpg

ここ、こうしようよ!


20150327_teamlab2_10.jpg

おもしろいものがたりは思いついたかな?


チームで力を合わせて作ったアニメーションを、最後に発表します。

20150327_teamlab2_11.jpg

こんなものがたりなんだよ!と、もう1つのチームに説明


チームで1つの作品を創る、という体験は、自由な表現を可能にするデジタルだからこそできる体験なのかもしれません。

そんな体験をぜひみなさんにも。

企画展関連イベント「みんなでデジタルアニメーションをつくろう」

イベントの実施日時はこちらをご覧ください。


-------------------------------------------

というわけで、お送りしました「科学コミュニケーターがゆく!チームラボ展×未来館」シリーズ、第2弾。

春休みの楽しみ方、おわかりいただけましたでしょうか?

春休みもみなさまのご来館をお待ちしております!


チームラボ展混雑状況はこちら

チームラボ展の内容についてはこちら

未来館へのアクセス方法はこちら

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す