7.18.未来館に"あの"チアリーダーたちがやって来る!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

朝、出勤前に洗濯を干して、帰ってから確認しても朝と同じくらい濡れている。そんな湿度たっぷりの季節がやってきましたね。(タオルとかが乾かなくて困っているのは、きっとわたしだけではないはず。)

 

さて、突然ですがみなさんは"チアリーダー"ってご存じですか?

 

cheer-610691_1280.jpg

 

そう、独特の短めスカートをはいて、キレのあるダンスを踊り、元気いっぱいの笑顔とかけ声で、頑張るひとを応援する彼女たちのことです。

 

ちなみにわたしが初めてチアリーダーの存在を知ったのは高校生のときでした。野球部を応援するために結成されたチア部は明るく可愛い女の子ばかりで、当時いっしょに応援練習をしていた吹奏楽部の私は、目の前で踊る彼女たちに目が釘付けになってしまい、よく演奏で入るタイミングを間違えていました。

 

さ、そんな私の昔話は置いといて。

 

今日は、みなさんに、これまでのチアリーダーの概念を覆すような、とてもめずらしい姿のチアリーダーを紹介したいと思います。その名も「村田製作所チアリーディング部」

 

ピンときた方もいると思いますが、さっそくその姿をご覧頂きましょう!

 

ドン!!!

 

10D.jpg

 

こちらが「村田製作所チアリーディング部」です!そうです。人間ではありません。

 
 

この「村田製作所チアリーディング部」のメンバー10人は全てロボット

ロボットのチアリーダーによって構成された、ロボットチアリーディング部なのです!

 
 

チアリーダーなので、もちろんダンスパフォーマンスをすることができます。そして、このダンスパフォーマンスにこそ、このチア部最大の特徴があります。


改めてチアリーダーの足に相当するところに注目してください

  

10A.jpg

 

「ボール」に乗っています!なんとボールに乗ったまま器用にバランスをとり、チームワークばっちりのフォーメーションダンスを行うことができるのです。

では一体、どんな技術が使われているのでしょうか?


 

ポイントは「倒れそうで倒れない」技術と、「ぶつかりそうでぶつからない」技術です。

 

この2つの技術のおかげで、自由に方向転換したりポンポンを動かしたりしても、途中でバランスを崩して倒れることはなく、また、それぞれのメンバーがいっせいに集まったり、すれ違ったりするようなフォーメーションのときでも、一定の間隔を保ったまま集合し、スピードを落とさずスレスレのところで交差することができるのです。

 

しかし、このような動きができるようになるまでには、長く苦しい開発過程がありました。

 

「村田製作所チアリーディング部」は去年の秋にデビューしましたが、ボールに乗ったまま移動できるようになったのはデビュー直前のことでした。期限のタイムリミットが迫るなか、諦めずに開発を続けた結果、ギリギリのところで突破口がひらきデビューに間に合うことができたのです


 

技術者たちの熱い「ものづくり」精神のもと誕生した「村田製作所チアリーディング部」。ロボットなのに、どこか人間っぽさを感じさせる愛嬌のある動きは、そんな彼らの熱い想いが込められているからかもしれません。

(動きが気になる人はコチラからどうぞ!)

  

 

さて、いろいろと紹介してきましたが、ここで改めてブログタイトル!


 

「7.18未来館に"あの"チアリーダーたちがやって来る!」

(もうおわかりですね、"あの"チアリーダーたちというのは、「村田製作所チアリーディング部」のことです。)


 

ということで、きたる7月18日(土)に、未来館で「村田製作所チアリーディング部」によるロボットパフォーマンスを開催します!今回の会場はイノベーションホール。なんと誰でも無料でみることができます。チアリーダーたちの魅力的なダンスパフォーマンスを、この機会にぜひご覧下さい!


 

==========================================

フレフレ未来のイノベーター!―村田製作所チアリーディング部がやってくる!―

日時:2015年7月18日(土)※一日だけの限定公演ですので、お見逃しなく!

11:30、14:30、16:30(各回15分程度)

場所: 日本科学未来館 7階 イノベーションホール

料金:無料

URL: http://www.miraikan.jst.go.jp/event/1506261318395.html

==========================================

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す