高校生が選んだ驚きの研究テーマとは?アンバサダー・プログラム活動レポート③

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 

WBT(ワールド・バイオテクノロジー・ツアー)アンバサダーの研究が本格的にスタートしました!

 
 

"アンバサダー"とはバイオテクノロジーと社会との関係を考えるために任命された高校生と大学生です!

 
 

これまで、「バイオテクノロジーってなに?」、「研究する者の心得」などを学び...(新山ブログ

 
 

ポルトガルとベルギーのアンバサダーたちとも英語で交流してきました(志水ブログ)。

 
 

 
 

大変長らくお待たせしました!

 
 

このたび5人のアンバサダーの研究テーマが決定しましたので、このブログでは2人の研究内容をご紹介します!

あとの3人の研究テーマは志水のブログをお待ちください!

 
 

 

まず1人目は、服部真央さん(高校2年生)です。

  

150713_niiyama01.png

 

研究テーマはずばり!「腸内細菌と私たちの健康の関係」

 

「腸内細菌」を意識して、乳酸菌飲料やヨーグルトを摂っている方も多いのではないでしょうか?

 
 

「腸内細菌」はヒトや動物の腸内に共生している細菌のことです。

 
 

共生って言っても、ほんの少し住み着いてるくらいなんじゃないの~??と思われた方!

 
 

いえいえ!

 
 

1人の腸には、約1000種類の腸内細菌が500~1000兆個はいると言われています。

一方で私たち人間の体は、約37兆個の細胞でできています。

 
 

ということは...

 
 

私たちの体の細胞数よりも腸内細菌の数の方が圧倒的に多いということです。

 
 

腸内細菌が、私たちの体に何の影響も与えてないとは考えられないほどの数です。

 
 

近年、腸内細菌に関する研究が進み、腸内環境と私たちの健康が密接に関係していることが分かってきました。

 
 

高校生の服部さんも、腸内細菌に関する新聞記事を読んで腸内細菌に興味を持ち、このテーマに決めたそうです!

 
 

彼女の研究内容は以下の通り。

 
 

150713_niiyama02.png

 
 

腸内細菌と健康との関係が明らかになれば、私たちの腸内細菌へのイメージや日々の生活習慣も変わるかもしれません。

 
 

150713_niiyama03.png

九州大学 大学院農学研究院 中山二郎先生に取材している様子

 
 

調査には、インターネット、本や新聞を活用したり、腸内細菌研究の最前線で活躍されている研究者の方に取材をしたりして研究を進めています。

 
 

服部さんの今後の調査にこうご期待!!!

 
  


 

 

2人目は東野昌伸さん(高校2年生です。

 
150713_niiyama04.png

 
 

東野くんの研究テーマは「緑茶成分カテキンの機能と新しい活用法」です。

 
 

みなさんおなじみ、緑茶に含まれている「カテキン」についてです!

 
 

「カテキン」はポリフェノールの一種で、緑茶に多く含まれる成分です。

 
 

高濃度茶カテキンを配合した特定保健用食品(通称トクホ)もあるように、一般的には脂肪燃焼効果があると言われています。

 
 

なんとなくですが、体に良さそうなイメージを抱いている方が多いのではないでしょうか?

  

そこで、東野くんはこんな研究テーマを設定しました!

  

150713_niiyama05.png

 
 

緑茶を飲む私たちに対し、科学的根拠のあるカテキンの機能を示し、私たち消費者が正しく商品が選べるようにしたいそうです。

 
 

私たちは新たな情報を得ることにより、カテキンを始め、健康食品に対して抱いていたイメージや健康食品の見方がどう変わるのでしょうか。

 
 

そして、東野くんがさらに大きな興味を持ったのは、緑茶の意外な使い方でした。

 

例えば、静岡県の学校では緑茶でうがいをしていたり...

 

また、緑茶エキスを配合した除菌スプレーもあったります。

 
 

緑茶には脂肪燃焼作用だけでなく、抗菌作用もあります。

 
 

緑茶にはもっといろんな可能性がありそう!と東野くんが設定したテーマはもう一つ!

 
 

150713_niiyama06.png

カテキンと言っても様々な種類があり、それぞれのカテキンで異なった機能が報告されています。

 
 

「一体、どんな機能と活用法があるのか?調査と実験を通して発見していきたい」と東野くんの強い意志が感じられます!

 
 

150713_niiyama07.png

農研機構 食品総合研究所 山本(前田)万里先生に取材している様子

 
 

事前リサーチをがんばっていたので、先生の話に専門用語が出てきても、なんのその!

 

カテキンの新しい活用法の具体例について、質問を積極的にしています。

 
 

 
 

さてさて、いかがだったでしょうか?

 
 

紹介した2人の高校生の研究テーマは私たちにとても身近で、関わりが深いテーマです。

 
 

そこで!読者のみなさまに聞きたいことがあります!

 
 

□ 腸内細菌環境を意識して、ふだん生活していますか?

□ 乳酸菌食品に対してどんなイメージを持っていますか?

■ 緑茶エキス配合製品にはどんなイメージを持っていますか?

■ 日頃からカテキンを意識して緑茶をどれだけ飲んでいますか?

 
 

読者のみなさま!ぜひ、コメントにいただけるとうれしいです!!

 
 

そして、アンバサダーたちは、8月8日の中間発表にむけて、慣れない英語の発表資料とセリフ作りに奮闘中!!

 
 

がんばっている彼らへのエールもぜひお願いします!

 
 

彼らの奮闘ぶりは、後日、たっぷりとレポートさせていただきます!!

 
 

お楽しみに☆

 
 

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への3件のフィードバック

皆さん、高校生とは思えないエレガントなテーマ設定で驚きました。
腸内細菌はここ1-2年の生命科学界で超HOTになっているテーマですし、緑茶は世界に知られた日本文化なので日本人が行う研究テーマとしてはバッチリですね。
お二人とも頑張ってください!期待してます。

□ 腸内細菌環境を意識して、ふだん生活していますか?
A. これまで自分自身では意識しなかったのですが、最近生まれた赤ちゃんが便秘した際、赤ちゃんの腸内にまだ腸内細菌がうまく住み着いていないせいで便秘になる、という小児科医さんの説明を聞き、意識するようになりました。

□ 乳酸菌食品に対してどんなイメージを持っていますか?
A. おいしいから食べてるという感じで、まだ腸内環境のことを考えてはいないですね。詳しいことがもっと知りたいです。

■ 緑茶エキス配合製品にはどんなイメージを持っていますか?
A. 抗菌作用(?)や抗酸化作用(?)があって体に良さそうなイメージを持ってます。

■ 日頃からカテキンを意識して緑茶をどれだけ飲んでいますか?
A. お寿司を食べたとき、食あたりを意識して多めに飲むようにしています。

MCUさま

高校生へのエールと質問へのご回答ありがとうございます!
彼らにとって間違いなく大きな励みになります。
(そして当館スタッフ、とくにほかならぬ私の励みにも…T-T)

また、彼らの好奇心と嗅覚には私も驚かされるばかりです!


MCUさまのご回答は、高校生へお伝えしておきます!
高校生からのコメントが来次第、ここに書き込みますので、ぜひご確認ください。

MCUさま

コメントありがとうございます。
私もカテキンが体に良さそうなイメージを持っていますが、現在イメージに伴う利点があるのか調べています。

また、私自身は意識して飲むことが少ないので、食あたりを意識して飲んでいるというのは参考になりました。食あたりに対しての効果も報告したいと思います。

コメントを残す