今週末「膜がすごい」話をします

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは!科学コミュニケーターの高橋です。


つい先日、ノーベル賞の授賞式の様子がたくさんニュースで流れていましたね。
東京工業大学の大隅良典名誉教授が生理学・医学賞を受賞し、とても話題になっていました。


このノーベル賞の授賞式会場や、式典が行われているスウェーデンのストックホルムの写真が届きましたので、皆さんにご紹介します!

20161215_takahashi_01.jpg

まずスウェーデンのストックホルムの街並み、夜景がとても素敵です!

20161215_takahashi_03.jpg

20161215_takahashi_04.jpg

そして授賞式の会場です。
こんな風に受賞者によるレクチャーやコンサートなど、いろいろな関連イベントが行われます。
とても華やかです。

20161215_takahashi_05.jpgところ変わってこちらは市内のノーベル博物館のカフェ。この椅子、見覚えありませんか?
そうです、大隅教授がサインしたあの椅子です!

ところで椅子を持っているのは一体誰?と思った方。
実はこの方、すごい方なのです。
大隅教授とともに長年オートファジーの謎を研究してきた、大阪大学の吉森保特別教授です。
ストックホルムからの素敵な写真も、吉森教授が送ってくださいました!

20161215_takahashi_06.jpg

そして!
今週末、吉森教授をお招きして、ノーベル生理学・医学賞のサイエンティスト・トークを開催いたします!


サイエンティスト・トーク「2016年ノーベル賞 大隅先生と挑んだオートファジーの20年」
開催日時: 2016年12月18日(日) 14:30~16:00
開催場所: 日本科学未来館 3階 実験工房
イベント詳細はこちら

イベントタイトルにもあるオートファジー、膜がいらないものを包んで細胞の中を掃除してくれる、という現象です。
膜って・・・実体があるんだかないんだか、つかみどころがないですよね。
トークではノーベル賞授賞式の様子や大隅先生の人柄、どれだけ私たちの細胞の中で膜が大活躍しているのか、お話し頂きます。
ぜひぜひ「膜がすごい」話を聞きに来てください!


また、前日の17日(土)には、ノーベル物理学賞に関する特別ミニトーク
「摩訶不思議な物理の世界を研究者と楽しもう!~2016ノーベル物理学賞 これでわかると思うなよ?!~」
を行います。
ぶつりーずのブログリレー「わかったへの相転移」にて、多大な協力をいただいた、
中島多朗さん(日本科学未来館ボランティア・理化学研究所 研究員)が特別ゲストとして登場します。
時間は、13:30~14:10。場所は5F常設展内コ・スタジオです。
こちらにも是非奮ってご参加ください!

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す