榎戸三智子 (えのきど・みちこ)

宇宙の謎やミクロな世界への関心から素粒子物理を研究する一方、科学館を活用した教育活動に関心を持つ。科学の楽しさを広く伝えることを目指し、2013年より現職。

専門分野

素粒子物理。力を伝える新しいゲージボゾンの探索で修士(理学)取得。

いま関心をもっていること

宇宙を満たす暗黒物質の解明と万物の理論と言われる超ひも理論に関心をもつ。
特に望遠鏡、加速器、XMASSなどの今後の研究成果に注目。
また学校教育における教科の枠をこえた総合的な学びを模索中。

趣味・特技

自然散策、音楽鑑賞ほか