志水正敏 (しみず・まさとし)

生物学の研究者になるべく、熊本から上京。しかし研究室にじっとしていられず、東京のまちをふらふらと。この社会のために、科学を学んだ自分は何ができるのだろう?その答えが未来館でした。放浪癖を「フットワークの軽さ」と捉え、科学と社会をつなぐべく、2013年10月より未来館へ。

専門分野

分子生物学の研究で修士(農学)を取得。細菌の内部でアミノ酸の量がどのように調節されているか、研究していました。

いま関心をもっていること

科学に関わる「人」の姿をどのように紹介するか、ということに興味があります。科学は誰かの成果の積み重ね。その裏には、様々な人の努力や協力が隠されています。これからの科学は、立場の異なる人が一緒になって作り上げるものだと思っています。そのために「人」を紹介し、つなぎたいです!

趣味・特技

th_yamasaki_hobby.jpg趣味は野球観戦。親子二代の巨人ファンです。 特技はフットワークの軽さ。未来館に来てから1年半で、100名以上の研究者とお会いしました。これから出会う方と一緒にどんなことができるのか、わくわくしています!