安曽潤子 (あんそ・じゅんこ)

小学生で「化石図鑑」の「変な生きもの」が気になる →大学でハンマー片手に化石を探すことになる →自然史博物館で学芸員(古生物担当)として勤務する(文部科学省学芸員等在外派遣研修でニューヨーク州の博物館にも行く) →2012年4月から未来館へ

専門分野

古生物学(地質学)で理学修士。生きものの「形」の謎が解きたくて、化石を使って「生物進化」の研究をしています。国内初となる約3億年前の腕足類(わんそくるい)化石を見つけて、2010年に日本地質学会「小藤賞」(論文賞)をいただきました。

いま関心をもっていること

科学館・博物館のユニバーサルデザイン。
特別支援学校の生徒さんと一緒に科学を見つめることの虜になりました。
あと、ご当地キャラ「ふなっしー 」。ヒャッハー!

趣味・特技

th_anso_hobby.jpg調査中、50mの滝に装備なしで登ってしまったことがあります(高所恐怖症なのに)。 調査中、クマに出会ってしまったことがあります(熊鈴を4個もつけていたのに)。 調査中、ジェラルミンケースを見つけてしまったことがあります(一人だったのに)。 調査中、......続きは展示フロアで。 (写真はアメリカで化石について教えているところ)