Fromミネソタ科学館To日本科学未来館:

このエントリーをはてなブックマークに追加

Hello Everyone! 皆さんはじめまして。

科学コミュニケーターの山崎功です。「やまざき」ではなく「やまさき」と読みます。ブログを書くのは初めてです。私のバックグラウンドをちょっとご紹介しますね。高校卒業後、違った文化に触れたい、外国人と交流したいという大きな期待を抱きアメリカへ留学しました。そして20年間のアメリカ生活のあと昨年6月に日本へ帰ってきました。最初は携帯電話の使い方に戸惑ったほどです。まさに浦島太郎状態で東京生活を始めました。小学3年生の息子と4年生の娘を持つパパ科学コミュニケーターとして日々チャレンジしています。

アメリカのミネソタ州に住んでいたのですが、皆さんミネソタ州って聞いたことありますか?北米大陸のちょうどど真ん中に位置する1万個以上の湖がある自然豊かな州です。夏は空気が乾燥していて過ごしやすいのですが、冬は北極からおりてくる寒気の影響でマイナス30°Cの気温になる日もあります。鼻毛が凍り付くほど寒く、朝、車のエンジンを10分ぐらいアイドリングして温めてから動かさないと壊れてしまうこともあります。

アメリカ合衆国 trick123.com

州都セイント・ポール市にあるミネソタ科学博物館の教育部で10年間働いていました。サマーサイエンスキャンプ、科学実験誕生日会(子供達が自分の誕生日を祝うために科学館に友達を招待して、科学実験をしてその後ケーキを食べるという誕生日会)などの楽しく学べるカリキュラム作りや運営などをしていました。時にはこんな実験も...

誕生日会の様子

ミネソタ科学博物館 www.smm.orgより

日本科学未来館ではミネソタ科学館で培った経験を活かして、海外からの来館者にも、最先端科学をもっと身近に感じてもらえるように展示解説や実演を通して紹介しようと心がけています。海外からの来館者に喜ばれる展示の1つにインターネット物理モデルがあります。インターネットがどのように通信しているかを分かりやすく紹介する体験型の展示です。「この展示でインターネットの仕組みがよくわかった」「自分の国の科学館にもあればいいなー」などの感想をよく聞きます。

大人気のインターネット物理モデル

皆さん、海外から友達やお客さんが日本に来たとき、未来館へ連れてきてあげてください。日本の最新科学技術を芸術的センス多彩な展示を通して紹介できると思いますよ。海外では感じられない、見られない日本独自の展示や実演が未来館にはあります。

英語、中国語、韓国語などに自信がなくても大丈夫。外国語が得意な科学コミュニケーターもたくさんいます。ぜひ、遊びにきてください。未来館で私のことを見かけたら、英語で話しかけてもOKですよ。

We are looking forward to seeing you at the Miraikan!

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への2件のフィードバック

今度、ミネソタ科学博物館を見学する機会に恵まれました。それでミネソタ科学博物館の下調べをしようとしたら、このブログにたどり着きました。まさに山崎さまが働いていらっしゃった場所なんですね。

もし、見どころ、オススメの楽しみ方などございましたら、教えていただきたいです。

ワタナベさま

コメントをいただき、ありがとうございます。ミネソタ科学館は中西部で一番多分野の科学トピックを扱っている所です。そして何よりミネソタ州にはたくさんの見所があります。情報量が多いので、未来館のブログ管理者からワタナベさまのアドレスをお聞きし、直接ご連絡を差し上げたいと思います。よろしくお願いします。

山崎

コメントを残す