☆アサガオの写真付き☆ 暑中見舞い

このエントリーをはてなブックマークに追加

暑中お見舞い申し上げます。

あっつい日が続きますが、みなさま お変わりありませんか。

科学コミュニケーターの渡辺です。

今日は、夏の風物詩 “アサガオ” の写真をお届けします。

もちろん、未来館で栽培しているアサガオたちです。

5日に花を咲かせたアサガオ

上とは異なる種類のアサガオの葉

え~!? 花びらが切られてる~!!」

「水が足りてないんじゃないの?」   という声が聞こえそうですが・・・

もちろん、花びらは切っていませんし、水もたっぷりあげていますよ!!

これらは、 と呼ばれる変わりアサガオなのです。

上が 青並葉青紫覆輪石畳咲

(あおなみば あおむらさきふくりんいしだたみざき)

下が 青爪龍葉紅覆輪総風鈴獅子咲牡丹

(あおつめりゅうば べにふくりんそうふうりんししざきぼたん)

うむ。 なんて、ややこしい名前・・・!!

パソコンで打つのも大変だけど、読んでいただくのも大変。

変化アサガオの名前は、それぞれの葉や花の特徴を表しています。

例えば、下の写真の 青爪龍葉紅覆輪総風鈴獅子咲牡丹の場合、

青 → 葉の色(信号と同じく緑色を青と表す)

爪龍葉 →  龍の爪みたいな形

紅覆輪 → 花の色(紅色で花びらの縁が白い)

総風鈴獅子咲 → 花の形

牡丹 → 花弁が八重咲き           という特徴を表します。

さて、下の写真のアサガオはどんな花を咲かせるのか。

開花すれば、もちろんこのブログでもご報告しますよ!

他にも、なが~い名前の変化アサガオをたくさんご紹介していますので、

御来館の際には、ぜひ5階の変化アサガオのコーナーにお立ち寄り下さい。

ちなみに、今年栽培しているのは、5種類の変化アサガオ。

少しずつ花が咲き始め、つぼみも多く出ていますので、夏の間、

毎日のように楽しませてくれそうです。

ところで。

こんな変わった変化アサガオがどうやって出来るのか。

不思議ですよね~  気になりますよね~

・・・ その秘密は、また次回。

ちなみに、館内で行うサイエンス・ミニトークでも、不定期ですが、

変化アサガオについてお話することがありますので、

ご来館の際には、ぜひスタッフにお尋ねください。

では、みなさま 次回をお楽しみに☆

 

暑さに負けず、

アサガオのように、朝から元気にお過ごしください!!

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す