あなたのおサイフから1000円抜いておきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

え?

と思われたかもしれません。

なにを!

と思ったかもしれませんが、このお金は2009年に支払いが決定しております。

大変もうしわけありませんが、返金はいたしかねます。

 

その代わりに、1000円が何に使われたかというお話はいかがでしょうか?

あなたの1000円は、「FIRSTプログラム」という、最先端科学技術の研究支援プログラムに使われています。このプログラムでは、新規材料・エネルギー・医療工学などの分野のトップ研究者30名に、総額1000億円の予算を配分して研究を支援しています。

 

あなたの1000円のうち、50円を山中先生のiPS細胞の研究に使います。

50円は小銭かもしれませんが、1億人が支払うと50億円にもなります。額が大きすぎてピンときませんが、あなたの50円が使われていることは間違いありません。

「iPS細胞が再生医療に応用されますように!」とお賽銭の50円を握りしめて神社にお参りするか、山中先生の研究に賭けてみるか、どっちがいいでしょうか?

私は「日本発のiPS細胞技術が、世界をリードできますように」と祈っています。

 

新しい超伝導体の探索をしている細野先生には33をつぎこみます。

報道でも大きく取り上げられた「鉄系」超伝導体の発見を、覚えているかたも多いかと思います。

ちなみに、この「鉄系」は、撮り鉄や乗り鉄とは一切関係ありません。超伝導体はリニアモーターカーなど鉄道にも使えますが、ここでは関係ありません。

ザ・鉄、Fe、を使った超伝導物質、の意味ですので、お間違えなきよう

 

さて、強相関電子の研究に31を投じます。代表研究者の十倉先生は、次のノーベル物理学賞候補ともウワサされています。

バリバリ仕事する厳しい先生では、と思いきや、趣味は「愛犬との暮らし」とのこと。

なんだか親近感わきますねー。私はネコ派ですが。

強相関電子の応用には電荷・スピン・軌道といった物理的性質の多面性がとても重要だそうです。十倉先生もオンとオフの多面性がすてきですね。

 

他にも27つの研究についてはこのような金額です。

 

FIRSTプログラムには皆さん一人ひとりからの1000円という税金が投じられていますが、あなたは高いと感じますか?

私、個人としては、

破格の安さ!

と思っています。

 

5年間で1000円、1年では200円、1日あたりなら1円未満。

これは破格!

たったの1000円でiPS細胞も新規超伝導体も強相関電子も、ぜんぶあなたのものに!(なるかもしれません)

 

大事なことなので、もう一度言います。

これは破格!!

 

せっかくあなたが支払った1000円です。

どう使われてどんな研究成果が上がったのか、この機会に少しだけ気にかけてみてはいかがでしょうか?

 

いま未来館では、この「FIRSTプログラム」の研究者30名が集結する「TOP OF THE TOP! 世界の頂点をめざす研究者30名」展を開催しています。

毎週土曜日には、ミニツアーや研究者へメッセージを届けるイベントを開催しています。ご来館のさいは、どうぞ3階サイエンスライブラリにお立ち寄りください。

FIRST研究課題リスト

 

※ここで紹介した3つ以外の研究についてもっと知りたい方はFIRST採択結果をご覧ください。あなたが支払った1000円のうちの使用額は【「中心研究者及び研究課題」の選定結果】にある表に出ている数字を100で割った値です。例えば、合原先生の研究には19円36銭を投じています。

※ここでは日本の納税者数をざっくり1億人として1000億円÷1億人=1000円と計算しました。納税者数は1億人もいないので、より正確にはあなたは1000円以上負担していることになります。ちなみに国の歳入のうち税収は40.9兆円です。

 


※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への2件のフィードバック

私は未成年なので納税していませんが、もし研究のために募金できる制度があったとしたら可能な限り投資したいですね(笑)

再生医療の研究者を目指しているので、山中教授の割り当てが多いのは何だか嬉しい♪

ついこの間未来館に行きFIRSTプログラムの展示を見ましたが、山中教授以外にも興味深い研究をさせている方がたくさんいらっしゃいました。

このような科学に対する国の支援がもっと増えればと思いますね~。

コメントありがとうございます。

「募金制度」ナイスアイディアですね。

私は募金するとしたら、大野先生のスピントロニクスがいいかな、と考えています。

募金だと、お金と一緒に自分の「応援していますよ!」という気持ちも研究者に届けられますね。

納税では自分が望んだ方法でお金を使ってくれるかどうか、直接関与することはできません。

これは間接民主制の基本ルールですが、なんだか納得いかないですね。

コメントを残す