姉妹都市としてのつながり — 東京都江東区&カナダ、サレー市

このエントリーをはてなブックマークに追加

姉妹都市としてのつながり 東京都江東区&カナダ、サレー市

毎日暑い日が続いていますが、皆様いかがおすごしですか?科学コミュニケーターの山崎功です。前回の米国ミネソタ科学館から引き続き海外の博物館の紹介をしていきたいと思います。

今回は、ここ未来館のある東京都江東区の姉妹都市であるカナダのサレー市と、その市にある博物館の紹介をします。

みなさん、日本は世界のいくつの都市と姉妹都市提携を持っているか知っていますか?財団法人自治体国際化協会によると2011年5月時点で1601件あります。国別ではアメリカ合衆国434件、中国340件、韓国135件、オーストラリア106件などとなっています。詳しくはhttp://www.clair.or.jp/cgi-bin/simai/j/00.cgiを見てください。

日本で最初の姉妹都市の提携は1955年。長崎市と私が長年住んでいた米国ミネソタ州セイントポール市の間で締結されました。もっともっとこのような国際間でのつながりが増えてほしいですね。そして震災後に激減した海外からのお客さんがもっと日本そして未来館に来て欲しいと願っています。

行ってみたいサレー市

さて皆さんはカナダを訪れた事はありますか?私は今から15年ほど前にカナダの西側のブリティッシュ・コロンビア州にあるバンクーバーという町に行き、自然植物園やブリティッシュ・コロンビア大学民族学博物館を訪ねました。そこで見た展示や解説案内を通し自然や異民族を尊重する国民性に深い印象を持ちました。バンクーバーは将来住んでみたい町の一つです。

今回紹介するサレー市はバンクーバーの隣にある市です。私はサレー市には行った事がないのですが、今度カナダに行く機会があれば、是非行ってみたい所です。なぜなら、サレー市は日本と緊密な関係があるからです。1989年にサレー市と江東区は姉妹都市として調印され、小中学校児童の短期交換留学、区民による交流・友好活動などが行われています。

どうですか、皆さんもサレー市を訪ね、この2都市の交流の架け橋になってみませんか? 日本からは飛行機で9時間の所です。

自然豊かな場所で、公園が多いことで知られ、市内には600もの公園があります。また移民がもたらす異文化を町のアピールポイントとしていて、多くの文化交流イベント(お祭り)が行われています。市の詳細はhttp://www.surrey.ca/default.aspxを見てください。

サレー市(赤で表示) (ウィキペディアより)

サレー博物館には宇宙の展示がある

この市にあるサレー博物館(http://www.surrey.ca/culture-recreation/2372.aspx)は、主に地域の歴史、文化、都市発展を展示や体験型学習プログラムを通して紹介しています。現在、宇宙開発関連の展示が、特別企画展示として行われています。カナダは早くからロケット開発や国際宇宙ステーション開発に関わっていたということを市民に知ってもらおうと紹介しています。本当の隕石を触ってみたり、カナダアームと呼ばれるスペースシャトルで使われているロボットアームのシミュレーションを体験しながら、宇宙飛行士になった気分を味わう展示があります。この展示は今年8月27日までやっていますので、ぜひ皆さん今年の夏休みはカナダのサレー市そしてサレー博物館を訪れてみませんか?ちょっといつもと違った旅行プランを立ててみても面白いのではないでしょうか?サレー市の文化や自然を満喫するときっと新鮮な発見があると思います。

未来館でも国際宇宙ステーション(ISS)などを常設展示として紹介しているので、未来館とサレー博物館の違いを見てみるのも面白いかもしれませんね。隣町のバンクーバーもおすすめです。特にバンクーバーの夜景は最高ですよ!

サレー博物館

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への2件のフィードバック

お囃子の会で活動しています。

いつかカナダやアメリカで日本文化交流に参加したいと思ってメールしています。地域のお祭りで水口囃子や秩父屋台囃子を演奏しています。太鼓は持参出来ます。レパートリーには相馬盆踊りや北海盆踊り、郡上踊りなどもあります。

メンバーには習字が出来る人、着付けが出来る人もいます。

荒牧礼子 様、

ブログへのコメントありがとうございます。震災後、日本と諸外国との交流が、若干低迷したような気がしますね。でもこれから、文化交流などによって日本の魅力を海外に発信していかなければなりませんね。荒牧様が活動されている事はまさにその一つですね。実は、サイエンスアゴラという科学の祭りで ワークショップ「日本の魅力、再発信!~留学生、研究者とともに語ろう~」を開催します。詳細はこちらのウェブページをご覧ください。http://www.miraikan.jst.go.jp/event/111002136563.html

ご興味がありましたら、是非ご参加ください。

コメントを残す