うんこと鳥

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは。

今日もいいうんこ、でましたか?

 

さて、突然ですが、クイズです。

絵のうまいへたは別として、下記の絵にはまちがいがあります。

どこでしょうか?

machigai-sagashi

 

 

 

正解はこちら。

 

kotae

鳥はこんなうんこはしません。

こんなうんこをします。

 

tori-no-hun

全体的に白く、時々中に黒いつぶが混じっています。

このうんこブログを読んでくれている方はすぐにわかったかもしれませんね。

 

でも、このうんこの中の白い部分、鳥のおしっこというのはご存知でしたか?

 

私たち人間をふくめ、哺乳動物は体の中のアンモニアを肝臓で「尿素」に変え、水に溶かして体の外に出します。これがおしっこです。

しかし、鳥を含め、昆虫や爬虫類はこのアンモニアをもっと複雑な「尿酸」にして体の外に出しています。白く見えている部分が尿酸の結晶です。

尿酸は尿素と違い、水に溶けません。

それでは、なぜ、鳥たちはおしっこを尿酸にして出しているのでしょうか?

 

理由は二つあります。

 

ひとつは軽量化です。

空を飛ぶには、体の無駄な構造をなくし、なるべく軽くしなくてはいけません。

もし、人間のように、アンモニアを尿素にし水に溶かして出していたらどうでしょうか。

水は重いので、その分、体が重くなります。

水がなくても体の外に毒素などをだせるように、鳥はおしっこを尿酸にしています。

ついでに言うと、おしっこをためておく膀胱もありませんし、うんこをためておく大腸もそれほど大きくありません。

そしてうんこもおしっこも卵も同じ「総排泄孔」という孔からでます。

空を自由に飛ぶためには、「Simple is the BEST!」なのです。

 

ふたつめは卵と関係しています。

人間の赤ちゃんはお母さんのおなかの中で大きくなります。赤ちゃんはお母さんの胎盤という器官からへその緒を通して栄養をもらい、また体の中のいらなくなった物も、へその緒を通してお母さんに送り返しています。

でも、鳥は卵の中で育ちます。

殻の中ではいらない物がでても外に出せないので、卵から孵るまでためておかなければいけません。

もしそれが尿素のように水に溶けるものだったら…?

卵の中がどんどんと汚くなってしまいます。

卵の中を清潔にしておくためにも、水に溶けない尿酸にしておしっこをためておく必要があるのです。

 

いかがでしょうか。世の中は実にうまくできていると思いませんか?

 

今回は鳥のうんこの話をしているつもりがいつの間にか鳥のおしっこの話になってしまいました。おしっこブログにならないように気をつけなくてはいけませんね。

 

それではあしたもいいうんこがでますように!

さようなら。

いままでのうんこ記事

  1. うんこのはなし
  2. うんこのなかみ
  3. うんこのにおい
  4. うんこのでかた
  5. うんこの展示

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への2件のフィードバック

鳥がおしっこをしないこと及びその合理的な理由がよく判りました。多分爬虫類も卵生だからおしっこをしないのでしょうね。ところで昆虫はどうなのでしょうか。蝉のおしっこを思い出し、またヌケガラの中で成長している時はどうなんだろうかと変な疑問を持ちました。機会があったら教えて下さい。

山形さま

コメントありがとうございます。

昆虫も尿酸で老廃物をだします。昆虫に詳しいSC笹川に確認したところ、さなぎのときはひたすら体の溜め込み、羽化すると体の外に出すそうです。

蝉のおしっこといえば、苦い思い出があります。

中学生の夏、アイスをコンビニで買い、歩きながら食べようとパッケージから出したその時!

街路樹でないていた蝉が驚いて飛び去り、そのときのおしっこが今まさに食べようとしたアイスを直撃しました。

蝉を攻撃しようとしたつもりはまったくなく、とても理不尽な思いをしました。

夏がきて、蝉の声が聞こえはじめると思い出します。

コメントを残す