初めまして!レゴ大好き人間です!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ブログをご覧の皆様、初めまして。

2011年10月に未来館へやってまいりました新人SCの野副です。

野原の「」に、副館長や副社長の「フク」で、「ノゾエ」です。

決して「ノフク」ではありません。

佐賀県に多い名字です。

 

私は、未来館に来る直前まで、つくば市の研究所で研究員をやっておりました。

それ以前は、青森県の六ヶ所村にある研究所で研究員をやっておりました。

おもに環境に関する研究です。

…と、こんな感じで、

私のこれまでやってきたことや、

専門分野に関するお話を書こうと思いましたが、

正直、どうやって書こうかと悩んでおりました。

実は、いろいろなことをやってきたせいで、

すっきりと紹介できないような気がして…。

 

そんなときに「あるニュース」を目にして 、

「うむ。最初のブログはこれにしよう!」と思い立ちました。

それが、タイトルにもある「レゴ」です。

 

その「あるニュース」とは、10月下旬に発表された

「名古屋市に2015年に誕生!」

完成するとアジア圏初のレゴランドとなるそうです。

 

このニュースを見て、すごく嬉しく思いました。

なぜなら私は「レゴ大好き人間」だからです。

子どもの頃は、一日中レゴで遊んでいたと言っても過言ではないくらいです。

大人になってレゴに触れる機会は少なくなってしまいましたが、

長女が来年の春に4歳になりますので、

ぼちぼち一緒に遊びたいなぁなんて思っています。

 

さて、ここまでレゴのことで引っ張っておきながら、

レゴが好きなだけで自己紹介と何が関係するんだって感じですが、

ここから、自己紹介と少し関連のある話になってきます。

 

実は、本拠地デンマークのレゴランドでをいただいたことがあるのです。

小学生のときのことです。

その場でレゴを自由に組み合わせて何かを作り、コンテストに参加するコーナーで、

確か(なにせ子ども時分の記憶なのであいまいです)、ロボットのようなものを作りました。

それがウケたのか、退園時に賞状と賞品をいただきました。

賞品は、レゴのマクドナルドの店舗セットでした。

これがそのときの賞状です。…ドイツ語です。

 

なぜドイツ語かというと、レゴランドではその人の住んでいる国の言語で賞状を書いてくれるのです。

その頃、私は父の仕事の都合でドイツのハンブルグに住んでいました(3歳から6年間在住)。

せっかくなので、レゴランドで撮った写真も探したのですが、

2回目に訪れたときのものしか見つかりませんでした。

 

小学校3年生の私です。

なんとまぁ愛想のない表情でしょうか。

当時は写真に写るのが嫌だったのでこんな顔です。

我ながら情けないです。

 

後ろのテーブルの上にいくつか作品が飾られていますが、

このテーブルの手前と奥に、レゴブロックがいっぱい入っている大きな箱があり、

自由に組み立てた作品をテーブルに飾るというスタイル(だったはず)です。

(たぶん)黄色い帽子のカウボーイみたいなものが私の作品ですが、

2回目のこのときは受賞しませんでした…。

 

さて、そんなレゴ一色のレゴランドですが、

園内のほとんどのアトラクションが大きなレゴブロックを模したデザインになっています。

もちろん、通常のレゴブロックを使った建物や風景のミニチュアもあります。

レゴ大好きな人にとっては「よだれ」が出まくっちゃうようなところです。

 

これだけではただの自慢話ですが、

つい最近、久しぶりにレゴで「よだれ」が出るような体験をしました。

 

未来館の実演プログラムにロボットを作るというものがあり、

その教材として、レゴを使います。

しかもただのレゴではありません。

モーターやセンサーとコンピューターを使って、

いろいろ動かしたりすることのできるレゴで、テクニックシリーズというものです。

 

通常のレゴと違って高価で、

子どもの時はあこがれの的のような存在でした 。

それを教材として実際に触ることができるわけですから、

よだれ」が出ないわけありません!!

 

これがその教室で使用するレゴのロボットです。

上部にある2個のセンサーを使って目標まで自動で移動します。

 

先日、新人研修の一環としてこの教室を体験しました 。

教室の内容は、ロボットの障害物競走です。

岩や段差などの障害物を転ばずに乗り越えて、

なるべく早く目標地点に到着できるように、

あれこれ知恵を絞って改造します。

 

残念なことに、私はレースに勝てなかったのですが、

久しぶりにレゴでたっぷり楽しみました。

同期の新人SCには「レゴのおもしろさがわからない」とか、

「レゴで遊んだことあるけど、動くものは初めて」という者もいましたが、

彼らもたっぷりと楽しみ、「レゴのおもしろさ」をそれぞれ感じたようです。

 

2015年のレゴランドオープンも待ち遠しいですが、

それまで待てないという人は、ぜひ未来館の実験教室を体験してみてください。

 

結局、自慢話がメインの自己紹介になってしまいましたが、

これまでの経歴や専門分野に関することは、

また機会を改めてご紹介したいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への4件のフィードバック

僕もLEGOが大好きな高校生です。

ただLEGO好きであることを知らせたいがためだけにコメントしてしまいました。

小学校の頃から最近まで未来館の実演プログラムで使用されているのと同じ「LEGO MINDSTORMS」を使ってロボットを作成・プログラミングをする教室に通っていました。

ずっと前には未来館のホールで教室の大会が行われたこともあったんですよ。

僕も野副さんのように、LEGOを密やかな趣味を持ちながら研究をしたり、人と関わったりできる人になりたいなと夢見ています。

非常に細かいことなのですが、写真のレゴはテクニックシリーズではなくマインドストームシリーズではないでしょうか……?

demmy_sさま

コメントありがとうございます。

初めて投稿した記事にコメントを早速いただいて、

すごく嬉しかったです。

…まず、お詫びを申し上げなければいけません。

熱血さまにもご指摘いただいておりますが、

テクニックシリーズではなくてマインドストームシリーズでした。

私の勘違いで書いてしまいました。

大変申し訳ございませんでした。

レゴ大好き人間、失格ですね。

小学生の頃からマインドストームを使っておられたのですね。

すごいです。

私なんて、自分で何かをプログラムするなんて、

高校生のときにやっとパソコンで始めたくらいなのに。

ちなみに、教室に通っておられた頃は、

どのようなプログラムでLOGOを動かしていたのでしょうか。

きっと、すごいことをやっておられたのだろうと思います。

未来館でお会いする機会があったら、

ぜひお話を伺わせてください。

私も人を相手にする仕事がしたくて、

研究現場から未来館にやってきました。

早く一人前のSCになれるよう修行中です。

demmy_sさんの夢も叶うよう、

お互いにがんばりましょうね。

熱血さま

初めまして。

初投稿への早速のコメント、

ありがとうございます。

マインドストームシリーズでした。

ご指摘、ありがとうございます。

勘違いしたまま書いてしまいました。

大変申し訳ございませんでした。

LEGO大好き人間なのに間違えるなんて、

お恥ずかしい限りです。

今後、間違いのないように十分気をつけますので、

また別の記事でもコメントをいただけたら幸いです。

コメントを残す