もっともっと広がれ日本のいいもの ~ 産総研:太陽光発電工学研究センターにて

このエントリーをはてなブックマークに追加

只今、サイエンスアゴラの準備中

皆さんこんにちは。科学コミュニケーターの山崎です。

先日、茨城県つくば市にある産業技術総合研究所:太陽光発電工学研究センターに行ってきました。

目的は11月19日に開催するサイエンスアゴラでのワークショップ「日本の魅力、再発信!~留学生、研究者とともに語ろう~」で発表していただく、高島工先生との打ち合わせ。高島先生は太陽光発電システムで使用する素材の耐久性や信頼性の向上のための研究や技術評価をなさっています。

GO! 再生可能エネルギー開発

打ち合わせ後、高島先生の案内のもと、研究所近くに設置された太陽光パネルを見せてもらいました。さまざまな企業から製品評価の依頼をされたパネルがびっしりと並んでいます。その規模の大きさには圧倒されてしまいました。その中でも、私の目が引きつけられたのは、駐車場の屋根に敷き詰められた太陽光パネル。見た瞬間、「これだ!」と思いました。

[caption id="attachment_8473" align="aligncenter" width="300" caption="製品評価中の太陽光パネルたち"][/caption]

この屋根は車やバイクを直射日光や雨から守るだけではなく、晴れた日には発電もできます。「一石二鳥」ってこのことですね。電気自動車やハイブリッド車で通勤しているのならば、就業中、駐車場の屋根のパネルから帰路のための充電ができます。もちろん、天気が悪い日は、発電量が落ちるというデメリットがまだありますが、電力源の分散化や二酸化炭素削減には役立ちます。

[caption id="attachment_8474" align="aligncenter" width="300" caption="駐車場の屋根にも太陽光パネルを設置"][/caption]

日本はもともと太陽光発電の分野では世界をリードしてきました。しかし、諸外国も開発や普及に力を入れており、今やその優位性は危うくなっています。原発事故のあと、私たちはエネルギーのあり方を考え直そうとする気運が高まっています。今回、太陽光発電の研究現場を見たことで、日本の技術力を再発見・再発信する時が来たように感じます。

冒頭にも書きましたが、11月19日(土)、15:30~17:00 にワークショップ「日本の魅力、再発信!~留学生、研究者とともに語ろう~」を未来館7階会議室1で開催します。そこでは高島先生にご自身の研究内容や、それを今後、社会にどのように活かして行くのかを紹介していただきます。興味深いお話を聞くことができると思います。是非、留学生や研究者とともに日本のさまざまな魅力について語りましょう!お席がまだ少し空いていますので皆様の参加をお待ちしております。詳細はこちらのウェブサイトを見てください。http://www.miraikan.jst.go.jp/event/111002136563.html

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す