800万回目のようこそ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2001年の開館日から11年目の本日、5月16日12時35分、

未来館は800万人目のお客さまをお迎えすることができました!

その方は神奈川県厚木市からいらした野木陽道(のぎ・はるみち)くん。

昨日がお誕生日で6歳になったばかりの男の子。保育園の年長さんです。

未来館は今回が初めてということですが、「誰と来たの?」とスタッフが聞くと

「じじとばば、お母さん、妹」と答えてくれました。

記念のセレモニーでは館長の毛利衛より800万人目の認定証と花束、記念の品々を。

記念品の中には毛利のサイン付きの著書もありましたが、

こちらは一緒にいらしたお祖父さまにお渡ししました。

毛利は「10年後も20年後も未来館に来てください」と声を掛けていました。

陽道くんの将来の夢は「お医者さん」。

なぜかというと「お母さんがお腹いたくなったときに治したい」から。

これには、陽道くんを囲んでいた記者の方やスタッフから

「やさしい~」の声がいっせいに上がりました(とくに女性スタッフから)。

 

800万人に至るまでにいらしたお客さまのなかには、

今は未来館スタッフになっている者もいれば(多いです!)

研究者になって活躍している方もいらっしゃいます。

今朝いただいたお祝いのツイッターでは、6歳の時に初めていらした息子さんが

幾度となく来館され、今は高校生になって「理系男子まっしぐら」なのだとか。

まだ11年と歴史の浅い館ですが、子どもの時に親御さんと遊びに来た未来館に

今度は自分のお子さまと遊びに来るという方も、そろそろ現れるはず(もういらっしゃる?)

そうなったら、本当にすてきです。

 

さて、このブログの愛読者さまの中には

すでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが

執筆スタッフに新しいメンバーが加わりました。

この4月から未来館の科学コミュニケーターとなった10人です。

いずれお越しになる900万人目、1000万人目のお客さまに

未来館のわくわくをお伝えするべく、日々、はりきっています。

いよいよ今週末から、このブログにも登場します。

どうか、よろしくお願いいたします。<(_ _)>

(私が言うのも妙ですが、ブログ管理人その3だから、ということで)

あ、新人たちの前に、

4年目だけれどブログは初めてという科学コミュニケーターが

今晩にも登場予定です。

そして、明日は久々に外口が登場の予定です。

電子工作ファンの皆さまお待たせしました!

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す