ちょっと変わった科学館に行ってきました/A unique museum

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ムラシマです。

新年度、ゴールデンウィークも過ぎ、だいぶ落ち着いてきましたね。4月になると、未来館の科学コミュニケーターたちは、一年の目標をたて、それに向かってまっしぐらにがんばります(理想)。

2年目を迎えた私の目標は「科学コミュニケーターとして世界に羽ばたくこと!」

「具体的には?」上司の鋭いつっこみに、「えー、と...。英語でブログ書きます!」...言ってしまいました。

Hello! My name is Megumi, a science communicator (SC) at Miraikan, a science museum in Tokyo.

The new fiscal year has started in April, and the Golden Week holiday (week-long national holidays in the beginning of May) has gone... we are back to normal life. April is the time for Miraikan SCs to set annual goals, and we work HARD to achieve them!

This is my second year at Miraikan. "I want to be an international science communicator!," I said to my boss, and she asked, "What is it?" Well... very good point. I responded, "Alright.... ,I'll write the SC blog in English!" So, here I am! doing my very best.

ちょうどその目標にふさわしく、今アメリカ、テキサス州ヒューストンにいます。今日は、大学院からとーってもお世話になっている私の教授、ドクターヘアと、ちょっと変わった科学館に行ってきました。

その名も、ヘルスミュージアム。

ヒューストンにはワシントンDCみたいに博物館や科学館や美術館が集まっているミュージアムエリアがあります。

「どうせ行くなら州ナンバーワンのヒューストン自然史博物館でしょう?ちょうど今、タイタニックのすごい展示がやってるわよ......」

バスに乗り合わせたおばちゃんの言葉に耳をふさぎつつ向かいました。

It's a perfect timing that I am here in Houston, Texas, now for a conference with Dr. Sharon Hoerr. She was my major advisor from grad school, and is very special to me! Today, we went to a unique museum...... "The Health Museum."

In a bus to the museum, a lady seated behind us told, "You can't miss the Houston Museum of Natural Science. It's the biggest in Houston. They have the Titanic exhibition right now and it was excellent!"... Oh sorry, we are not listening to you!

 

着いてみたら、(予想通り)小さな科学館。入館料は大人8ドル。

まず目に飛び込んできたのは、右側に「CELL」と大きく書かれた、いかにも新しそうな展示と、左に大きな顔の形をした入り口。何の説明もありません。吸い込まれるように顔の方に突入しました。

It was a small museum as we expected, $8 for adults. There was a brand-new exhibit "CELL" on the right as we entered, and a huge face-shaped entrance on the left. We chose the left, of course. We love what we can't predict.

 

するとどうやら体の中を探検する展示のよう。

歯に始まり、のど、肺、心臓、食道と進んで行きます。

検査とか診察で使う体内カメラで撮った映像に説明をプラスした、けっこうありがちな展示がつづきます。

The exhibit made us feel like we had jumped into the mouth of the body. (Later, we knew that this was called "Amazing Body Pavilion.") It started with teeth health, and took us to throat, lungs, heart, digestive system ....... They were good, not so new to us, though....

 

そんな中で、はじめて見たのが声帯!管楽器を吹いている時と、オペラ歌手が歌っている時の様子を、内視鏡で映しています。

Here is what fascinated me. Vocal cords (!!) taken by an inside camera.

 

全身が終わると、先端科学のコミュニケーターとしては興味深い展示を発見!全身スキャンを体験できます。レントゲンに、CTスキャンに、MRIに、ガンマカメラ。

At the end of the body exhibits, I found a body scanner, "cutting-edge" medical technology! You can simulate X-ray, CAT scan, MRI, and Gamma camera scanning.

 

最後は、遺伝と民族性を語る展示。私のお気に入りはこれ!個人のユニークさに民族性がどれくらい寄与しているのか、シミュレーション。まず自分の顔の撮影。6種類の自分が見られます!もう笑いがとまらなくて疲れました。

The last section was about genetics and race/ethnicity. Here is my favorite:) The computer simulation shows how much ethnic characteristics contribute to your uniqueness. It takes your picture first and shows your faces in six different races and ethnicities. Aren't they funny? We laughed so hard!

[caption id="attachment_15507" align="aligncenter" width="430" caption="どうしてブラックが本物にいちばん似てるんでしょう!?!?!? Why does the Black look the closest to me?????"][/caption]

おみやげもなかなかいい味だしています。これはミュージアムショップでドクターヘアが見つけた歩く耳。授業をちゃんときいていない生徒を見つけたら、これをもっていってこう言うんだそうです。

Here is a walking ear from the gift shop. If you are in Dr. Hoerr's class and you are not listening to her, she will come to you and say .....


「からだ」でこんなに楽しませてもらえるなんて、あらためて人間のからだって奥深いです。

What an interesting museum! So much information is packed in our body!

 

♥Special thanks to Dr. Hoerr for editing the blog and wonderful time together in Texas!

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す