これからのエネルギーの話をしよう @ 未来館

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは!

先日、池辺が記事で紹介していたように、

「今後、私たちが原発にどの程度頼るか」が政府から問われています。

原発反対の人、原発は必要だと考えている人、どうしたらいいのかわからない人…

いろんな考えの人達がいらっしゃると思いますが、

ぜひ私たちと一緒に、これからのエネルギーの話をしませんか?

舞台は、未来館のサイエンスミニトーク「どうする? エネルギーの選択」です。

サイエンスミニトークでは、科学コミュニケーターが様々な科学の話題について

わかりやすくお話ししています。

今回のサイエンスミニトーク「どうする? エネルギーの選択」では、まず初めに

政府から提案されたエネルギー将来像の選択肢の3つのシナリオについて

お客様に質問します。

Q1 あなたはどのシナリオを選びますか?

お客様の意見を機械で集計し、リアルタイムでご覧いただきます。

意見が分かれるのが面白いところです。

Q2 どうしてそのシナリオを選んだのですか?

お客様に、シナリオを選んだ理由を伺います。

「命が大事」

「CO2のことを忘れてないですか?」

「地震大国日本で原発を設置するのは危険だ」

「日本には化石燃料がない」

「太陽光が1時間に発電できる量と、原発が1時間に発電できる量が違う」

「原発に注いでいる労力を、再生可能エネルギーにシフトすればいい」

など鋭い意見がとんできます。

全く予想しなかった観点から意見をいただくことも少なくありません。

そして科学コミュニケーターが、意見をもとに

核廃棄物・エネルギー自給率・CO2排出量・発電コストなどのデータをご紹介します。

[caption id="attachment_17629" align="aligncenter" width="430"] 出典 原子力・エネルギー図面集2012 電気事業連合会[/caption]

 

Q3 最終的にどのシナリオを選びますか?

データを見た後、最終的にシナリオを選んでいただきます。

Q1での結果とは変わる場合もあります。

なんといっても、このサイエンスミニトークの醍醐味は、

自分とは違う立場の人の意見や考えを肌で実感できること、

そして他の意見やデータにふれたお客さまの考えが化学変化をおこすことです。

例えばアンケートでは、このようなご意見をいただきました。

「ただ単純に人体への影響の不安と心配だけでゼロ原発を支持していましたが、

CO2の排出が増加することを考えると、一概にゼロ原発がよいとも言えないのだと思いました」

(30代・女性)

「コストを考えた時に、どれだけ発電できて電気料金がいくらになるかだけではなく

そのエネルギーを採掘して廃棄するまでにどれだけの費用(税金も含め)が

必要となっているかを考えないといけない」

(40代・男性)

普段、家庭や職場でエネルギーの話をすることがあるかもしれません。

でも違う立場・意見を持った初対面の人達同士で

顔をつきあわせて話し合う機会は滅多にないのではないでしょうか。

お話しする科学コミュニケーターは、池辺・天野・國次・石川です。

みなさんの意見や質問を、ぜひ私たちと他のお客さまに聞かせて下さい。

未来館でお待ちしております!

そして、未来館に足を運べない方、がっかりすることはありません。

池辺黒川が紹介しているように、パブリックコメントで政府に対して直接意見を送ることができます。

内閣官房・国家戦略室が作成した「話そう“エネルギーと環境のみらい”」のページから

3つのシナリオやパブリックコメントの送り方などにアクセスできます。

パブリックコメントはウェブからの入力、FAXや郵送などで送れます。締切は8月12日です。

=============================================

サイエンスミニトーク「どうする?エネルギーの選択」

開催日時: 7月20日(金)~8月12日(日) 15:45~16:00

開催場所: 5階 世界をさぐる

参加費: 入館料のみ(大人600円、18歳以下200円)

参加方法: 当日直接会場までお越し下さい。

http://www.miraikan.jst.go.jp/info/120720107186.html

=============================================

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す