うんこの使い道

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは。

今日もいいうんこ、でましたか?

 

さて、先日当館館長、毛利衛とミーティングをする機会がありました。

そこで館長が突然、

「そうだ!坂巻さんにわたすものがあったんだ!」

と席を立ちました。

 

なんだなんだ。

もしやうんこにかまけていて他の業務ができていないとかで解雇通知でもくるのか?と思いきや、

渡されたのがこちら。

ぞうさんペーパー

 

ぞうさんペーパー。

「これ、ぞうのうんちからできてるんだって。坂巻さん好きそうだからあげようとおもってとっておいたんだ」

 

何というありがたいお言葉。

その話を三ツ橋にしたところ

 

「私もそーゆーのもってるからあげるねー」

 

ぞうさんカード

 

と、いただいたのがこちらのかわいいカードセット。

これもぞうのうんこからできているそうです。

 

なぜ、ぞうのうんこから紙ができるのでしょうか?

 

まずは現物を確かめに動物園に行ってきました。

 

ぞうさん

 

ぞうさん。でっかいですねー。

当然うんこも

 

zounounko

 

大きかったです。

ぞうは一日200kg~300kgのエサをたべ、100リットル以上の水をのみ、100kgのうんこをするそうです。さすがぞう。すごいんだぞう。

 

じゃあ、なんでぞうのうんこが紙になるのでしょうか?

 

私たちがいつもつかっている紙の作り方を振り返ってみましょう。

紙の材料は、木材や草など植物のセルロースという繊維です。

この繊維を取り出すために、木材の破片や古紙などの材料を細かーくくだいて、くだいて、くだいて、くだいて水に溶かし込み、どろどろの液体を作ります。

この液体を漉き網という網で濾しとって、繊維が絡み合ったものから水をしぼって、しぼって、しぼって、しぼってできたのが紙です(かなりおおざっぱですが)。

 

さて。ポイントは「植物の繊維」と「細かく砕く」という所。

ぞうのごはんは?葉っぱです。

ぞうはもぐもぐもぐもぐと葉っぱをかみ、こまかくこまかく砕いて飲み込みます。

植物の繊維はなかなか消化できません。そのままうんこにまじって出てきます。

 

ということは。

 

ぞうのうんこの中には紙の材料になる繊維がたくさん入っているということになります。

このうんこをあつめて消毒し、古紙とうんこのなかの繊維をまぜてどろどろの液体にします。

あとは普通の紙の作り方とおなじ。

ぞうさんペーパーのできあがりです。

ぞうさんペーパーの作り方はこの本にくわしく書いてあります。

 

bokuno unti ha

ぼくのウンチはなんになる?

ツシッタ・ラナシンハ 作 秋沢淳子 訳

発行会社 ミチココーポレーション

 

もちろん、この本もぞうのうんこでできています。

 

葉っぱをたべる生き物はぞうだけではありません。他の生き物のうんこにも植物の繊維はたくさん入っています。

ということは。

 

牛さんペーパーとか

ウサギさんペーパーとか

カイコさんペーパーとか

 

原理的にはできるのかもしれませんね。

ちまちまうんこ集めるより、どかっとしてくれるぞうさんの方が効率は良さそうですが。

 

とうわけで、

明日もいいうんこがでますように!

さようなら。

 

ぞうさんのうんこは大事

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への2件のフィードバック

ゾウさんペーパー、動物園で販売しているのを見たことがあります。でもちょっと分厚い紙なので便箋よりはカードや封筒に向いているかもしれません・・・

・・・というか。象のウンチ紙で象の首振り張子とか?象型ランプシェードとか。丸めて乾かしてアクセサリー。土に還る植木鉢とか・・・「いつの間にか生活の中に象のウンチがあちこちに!」ってなっていったら素敵!と思いました{と、書いていたら子供が後ろから覗いて、うええーってしかめっ面して去って行きました。そうか、こういうのは一般受けしないアイデアなのですね・・・}

ところで蔵の壁って藁がいっぱい入っているものですが、象や牛のウンコで壁を作ったらあれと似た様な物になる?涼しいお家が出来るんでしょうかね?どこかのお国では家畜のウンチで壁を作るとか聞いたような。きっと涼しいのでしょうね。

ウンチって素敵ですよね!{特に草食動物のは}

オーリームさん

お返事が遅くなってしまいました。ごめんなさい!

張り子や植木鉢のアイディアすてきです!

実際私たちの周りは他の生き物のうんちだらけです。

もし微生物がつくりだす物を微生物のうんちといっていいならば、

チーズ、味噌、お酒、ヨーグルト…発酵食品はすべて微生物のうんちですものね。

モンゴルでは牛のうんちを集めて、ゲルと呼ばれるテントの壁材につかったり、燃やして燃料にしたりしています。

何回かモンゴルに行く機会があったのですが、牛のうんちを燃やすと煙でハエやブヨなどの虫がまわりからいなくなり快適でした。乾燥しているので、べちゃべちゃきたない!という感じは全くありませんでした。

人のうんこもうまく利用できるといいですね。

コメントを残す