頭皮から流木?! So what !!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

突然ですがこちらの写真は何だと思いますか? 私の体の一部を電子顕微鏡で見たものです。最初に見たとき、流木かと思いました。

これは私の髪の毛です……。私としてはなんとも衝撃的な写真です。健康な髪の毛はウロコのようなキューティクルが表面を覆っているのですが、私の髪は毛先に向かって線が入っています。見事なダメージヘアです。

実は、この前日に美容院で縮毛矯正をかけました。縮毛矯正とは薬品と熱を使ってクセ毛をストレートにする美容技術です。新しく生えてくる髪には残念ながらクセがついていますが、矯正をかけた部分の髪の毛は半永久的にストレートを維持することができます。クセ毛で悩む私としてはとってもありがたい技術で高校生の頃からかけ続けています。

 

なぜ半永久的にストレートを維持できるのでしょうか?

それは髪の毛を構成しているタンパク質の結合を強制的にまっすぐに整えるからです。クセ毛は髪のタンパク質が、シスチン結合という結合で四方八方にランダムにくっつくことが原因のひとつとされています。この結合のために、毛がうねってしまうのです。一方でまっすぐな髪の毛はシスチン結合がきれいに並ぶように結合しています。

 

そこで縮毛矯正では薬品でそのシスチン結合を切り、熱をかけて再度まっすぐに結合させることでクセ毛をストレートにします。縮毛矯正はすばらしい技術なのですが、この過程でキューティクルが溶けて消失してしまうようです。その結果、上の写真のような状態の髪に……。髪の毛がダメージを受けているとは思いつつも、こんな表面になっていたとは!繰り返しかけ続けていたせいなのか、それとも私の髪が弱いのか……。とくに状態の悪い毛をたまたま選んでしまったのだと思いたいです。

写真に衝撃を受け、その日の晩から始めたのが椿油トリートメント!!

人の皮脂の主成分はオレイン酸です。椿油はオレイン酸を豊富に含んでいるため、人肌になじみやすいとされています。全身に使えるようですが髪につけると椿油のオレイン酸が内部に浸透し、キューティクルを保護し、保湿効果もあるようです。

約一ヶ月、心を込めて手入れを続けた結果がこちら↓↓

 

たまたま良い状態の髪の毛を選んだのか、キューティクルが確認できます!! 指通りも以前に比べてかなり良くなり、少しずつ艶が出てきたように思います。私の髪にはこの方法がピッタリだったようです。これから手入れを続け、髪にも愛情を注いでいこうと思います。そしていつの日かCMにでてくるモデルさんのような髪の毛を目指したいと思います。

未来館にいらっしゃる際は展示の他にも私の髪の毛の状態もご覧ください。

 

 

 

 

 

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す