あなたのハートに狙い撃ち / Technology from the Heart

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ムラシマです。

Hello everyone.

ただいま好評開催中の「科学で体験するマンガ展」で、連日待ち列をつくっている、ドラえもんのらくがきじゅう。離れた場所からねらった所に落書きするアイテムです。先日、私ものび太の顔にラクガキ発射してきました。

でもどうしてこんな道具が必要だったんだろう...。気になって、自称ドラえもんマニアの知人に原作を借りて読みました。ジャイアンとスネ夫がガミガミじいさんの家の塀に落書きして、濡れ衣を着せられたのび太が、らくがきじゅうで仕返しをするという話。

The exhibit was okay, but didn't seem to be useful to me. I borrowed the original manga book from a friend and learned that rakugaki-ju was for Nobita to get back at his friends who were mean to him.

仕返し、かあ。もっとみんなをハッピーにできないかなあ。

Oh, well ....., but it would be nice if it could make people happy...

そんなことを考えていたさなか、偶然観たTEDトークで、Tempt One(テンプトワン)として活動中のグラフィティアーティスト、トニー・クアン氏のことを知りました。(TEDは様々な分野の人の斬新なアイディアをシェアする場を提供する団体。TEDホームページで過去のスピーチが見れます!)落書きアート、とも訳されているグラフィティ。アメリカ映画によくでてくる、ストリートの壁に派手に描かれているアレです。社会的に良いか悪いかは別として、中にはデザイン性が高くて、「落書き」だなんて申し訳なくなってしまうものもあります。

Well.... Yes! Recently, I knew a graffiti artist, Tony Quan, also known as Tempt One, through a TED talk. Despite the controversy surrounding graffiti, those that are well-designed often make me stop and admire and have convinced that it's a form of art.

独自のセンスでロサンゼルススタイルのグラフィティを築き上げたといわれるクアン氏。かなりのスゴ腕だったようですが、2003年、病に倒れてしまいます。病状は進行し、目以外の全身の筋肉を動かせなくなり、寝たきりに...。診断は筋萎縮性側索硬化症(ALS)。グラフィティを描くためのスプレー缶を握ることもできません。

Quan is one of those who created Los Angeles style graffiti. His artistic talent was well recognized. In 2003, he was diagnosed with Amyotrophic Lateral Sclerosis (ALS). He became paralyzed and unable to move all his muscles except eyes. He even couldn't hold a spray can to draw as he used to.

でも目は動かせる...もし目で描くことができたら...。その夢、クリエイティブな人たちが実現しました!その名も、「アイライタ-」。アーティスト、プログラマー、研究者など、あらゆる分野の人材がクアン氏のために開発した、目で絵がかけるデバイスです。もちろん、文字も書けます。

But he could move his eyes.... if his eyes could do all the work to draw.... A group of creative and innovative people made it possible! Their product, the EyeWriter, is a device invented for Quan to not only draw graffiti but to communicate with family and friends. The project involved professionals from various backgrounds, such as artists, programmers, researchers.... It was a serious project.

[caption id="attachment_18157" align="aligncenter" width="448"] 目の動きをカメラがとらえて文字や形を描き、コンピューター上で目だけで編集します
The camera catches eye movements to draw shapes. Editing can be done on the computer by using eyes. (http://eyewriter.org/[/caption]

実は、こういうのって既にありました。でも高価(100万円くらい)な上に、医療保険ではカバーされません。でもアイライターは、たった数千円でできてしまうそう。大ざっぱに言うと、サングラスにウェブカメラをつけただけ。必要なソフトウェアはアイライターのサイトから無料でダウンロードできます。

Actually, devices like this have already existed. The thing is the cost. Generally it costs $10,000 - 15,000 (US dollars). The EyeWriter? -- $50(!!!) --because it's super simple. A pair of sunglasses and a web camera will do. Software to eye-track and eye-draw are available from EyeWiter.org for free.

[caption id="attachment_18158" align="aligncenter" width="423"] キャプションアイライターを着けたクアン氏 (左) が7年ぶりに描いた彼のタグネームTEMPT1 (右)。
Tony Quan wearing the EyeWriter (left). The first "TEMPT1" in 7 years since diagnosis (right).
(http://eyewriter.org)[/caption]

病室の窓越しに見える壁に映し出した時、クアン氏が、そしてみんながどんな思いだったか、想像するだけで鳥肌が立ちます。テクノロジーっていうとなんだか冷たい感じに聞こえてしまうけれど、その背景には計り知れない人のあったかさがある...純粋に感動しました。

I can't imagine how Quan and his people felt when the "TEMPT1" was projected for the first time on the wall from his hospital room. There really was love and friendship behind the technology, as well as warmth and devotion. It brought me tears .... just beautiful.

クアン氏は、アイライターを使って、今も活動を続けています。このアイライター、多くのニュースや雑誌に取り上げられ、数々の名誉ある賞をとっているにも関わらず、制作チームのイベリング氏はこれでお金儲けをするつもりはない!と断言しています。同じような病気で、意思表示やコミュニケーションが難しくなった人やその周りの人たちへ、安価で提供していくそうです。

Quan is continuing his career using the EyeWriter. His works are worth seeing. The EyeWriter has been featured in news and magazines and won several prizes. Mr. Ebeling, a member of the EyeWriter project team, stated in his TED talk that they were not making money out of it. Instead, they want to keep the EyeWriter available for those with conditions like ALS.

アイライターのおかげで「仕返し」のモヤモヤがすっきりしたところで、再びらくがきじゅうを発射してみました。優れた才能をひき出してカタチにする、あったかいテクノロジーに、今度はあったかい気持ちになりました。

Now I feel better finding the "better" use or application of rakugaki-ju. I went back to the exhibit. It was not USELESS gadget anymore. It is the gadget to make invisible talent visible.

「科学で楽しむマンガ展」、夏休みが終わる前に、ぜひお越しくださいね!

Come and feel the technology from the heart at the exhibition "Experience Manga Through Science" before the summer break is over!

参考)

ミック・イベリング氏のTEDトーク「閉じ込め症候群のアーティストを解き放った発明」

TED talk by Mick Ebeling, "The invention that unlocked a locked-in artist"

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す