秋の夜の思い出!からのマンガ展!Vol.5

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは。

今回は最近注目の空間演出手法の一つ、「プロジェクションマッピング」をご紹介します。

 プロジェクションマッピングとは、ざっくりいうと立体物に映像を投影することで、動かない物をまるで動いているかのように見せる手法です。未来館では灰色をした凸凹の壁に映像を投影することで鉄腕アトム誕生のシーンを描き出しています。 

[caption id="attachment_18912" align="aligncenter" width="400"] 企画展内のアトム誕生のシーン[/caption]

プロジェクションマッピングで映像を投影する物は壁、建物、自転車、人間、なんでもかまいません。ただ、投影する映像は物の凸凹を計算して描かないといけませんし、限られた数のプロジェクターで奥行きが違うところ(焦点距離が異なるところ)に映し出さなくてはいけないので、作り込みが大変です。アートの世界やコンサート、舞台などの演出では使われていますが、まだまだ私たちにとって身近な技術ではないかもしれません。

  

ですが、このプロジェクションマッピングを気軽に体験できるイベントが開催されます。

その名は、東京駅丸の内駅舎保存・復原 完成記念イベント 「TOKYO STATION VISION -トウキョウステーションビジョン-」。

しかも入場料は無料です!!

開催は9月22日(土)・23日(日)、20時、20時20分、20時40分の3回。

東京駅丸の内駅舎前広場で駅、鉄道、人、街を巡る「時空を超えた旅」の物語(10分間)を上映するそうです。

http://www.jreast.co.jp/press/2012/20120906.pdf

(詳しくはJR東日本の上記ページをご覧ください)

科学技術と他の分野が融合したらどんなものが生まれるのでしょう? 私は想像するだけでワクワクしてきます。みなさんも科学技術や芸術、読書、スポーツの秋、いろいろなものに触れて自由に想像をしてワクワクしてみませんか?

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す