読書の秋、本で科学を楽しみませんか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

読書の秋がやってきました。

未来館では、10月6日(土)から「Science Book Café 2012-科学で未来を創るこの50冊-」を5階で開催しています〔11月30日(金)まで〕。

Science Book Cafe2012 リーフレット表紙

「Science Book Café」とは、未来館による科学に関連した本のブックフェアです。

今回は、「私たちを取り巻く科学」を「ひと味違った視点」から見つめる50冊を、下記の10のテーマで紹介します。

「世界をさぐる5冊」

「未来をつくる5冊」

「科学で食べていく5冊」

「科学で現実逃避したいときの5冊」

「科学者が書いた意外な5冊」

「キッズにすすめる5冊」

「未来館ボランティアが選ぶ5冊」

「ノーベル賞級の研究がわかる5冊」

「憧れのヒーローが登場する科学本5冊」

「館長毛利衛が小さい頃読んでいた5冊」

50冊を紹介したリーフレットはこちらからダウンロードできます(PDF、1MB)→Science Book Cafe 2012

 

「本」には、読んだ人の人生を変えるほどの力があります。

また「本」は、絵本から小説まで、どのような世代でも親しむことができる媒体のため、様々な興味関心を持つ来館者の方と「本」を通して新たな科学コミュニケーションができるのではないかと思っています。

多様なバックグラウンドを持ち、日々科学を見つめている未来館スタッフ・ボランティアがオススメする書籍は、一読の価値ありです。

 

会場では、近くのソファに座り込んで読んでいらっしゃる来館者の方もよくお見かけします。

ぱっと見るだけで面白いものから、じっくり読んでみてその醍醐味がわかるものまで取りそろえてあります。

 会場内様子会場内の様子

 

 

また、それぞれの本には推薦者による「味」のある推薦文もつけています↓

岩さき推薦文

環境哲学が専門の岩﨑による「味」。

読んだら、「心にじんわり響きそう」という感じがしてきます。

 

田村推薦文

もと化学教師、田村による「味」。

ちょっと手にとって最新の科学に興味持ってみようかな、という気になりますね。

 

水野推薦文

昆虫屋、水野の「味」...。

この本を「開かなきゃ」と「開いてはいけない」という気分が同時に起るのはなぜなのか...。

 

他にも「味」のあるポップでご紹介しております。

〔書籍関係者の方々、スカウト待ってます!!(笑)〕

 

期間中に未来館にお越しの際は、ぜひ5階カフェ前にお立ち寄りください。

どれか1冊は、みなさまの新しい科学の扉になるのではないかと思っております。

そして未来館にお越しになれない場合も、図書館や書店でお手にとっていただき(上のリンク先からダウンロードできるリストをご参照ください)、秋の夜長に、ゆったりと科学にひたってみませんか。

 

今回ご紹介した50冊の中で、「読みたくなった本」や、今回の各テーマに沿った「みなさまのからのオススメ科学本」などもコメントにお寄せいただければ幸いです。

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への8件のフィードバック

味がありますねぇ・・・

で、安曽さまの味のある推薦文のある作品は???

読書の秋も終わりそうなので、読書の冬に向けて

これから本を探したいと思います。

アシモフ博士の科学者伝記面白かった・・・あれはほんとの話?SF?

田舎人 様

小さいスペースながらも、推薦者は工夫して書いておりましたので、コメント嬉しいです。

安曽は、「科学で現実逃避したいときの5冊」というテーマで、「鉱物見タテ図鑑 -鉱物アソビの博物学」をオススメしております。

「鉱物図鑑」系の本は、「硬派な科学的内容満載の本」から「ジュエリー的な美しさを見せる本」まで数多く出版されているのですが、この本はこれまでのものとひと味違います。

とてもかわいい本ですので、これまで自然科学に特に興味がなかった方(特に女性)も手に取ってくださるのではないかと期待しています。

ぜひ冬にも読書で科学を楽しんでください。

mpooh 様

本をご紹介いただき、ありがとうございます。

ちらっとネットで調べてみたところでは、SFではなさそうですが、とても面白そうですね。

絶版(?)のようでしたので、早速近所の図書館に貸し出し予約を入れました!

クレーの絵本は合唱曲にもなっております!

私歌いました!

シンプルかつむちゃくちゃ深い谷川ワールド思い出しました。

あ〜その展示、見たいなあ〜

カール・セーガンの「悪霊にさいなまれる世界」

とかリストに入ってるかしら…

科学だと言われるとすぐだまされる私を

諭してくれた貴重な書です(笑)

目の保養に鉱物図鑑愛読しております。写真がとてもきれいで眺めているだけで、地球ってすごいと感動したり、新しい知識がするすると入ってきたりと、とてもお得な気分になります。だんだん寒さが厳しくなってきます。お体に気を付けて、また楽しい情報を発信してください。

しょうこ 様

合唱曲もあるとは、初めて知りました!

「悪霊にさいなまれる世界」は、残念ながら今回のリストには入っておりません。

「50冊」という数は多そうですが、科学の広い世界を紹介するにはまだまだ足りないと感じています。

それぞれの方の「世界をかえた」名著はまだまだたくさんあると思いますので、ご紹介とてもありがたく思います。

鉱物図鑑はぼんやり写真を眺めているだけで、自然の不思議さを感じますよね。

しかも、みっちゃん様のように、新しい知識が入ってくるなんてすばらしいです。

温かいお言葉を励みに、がんばりたいと思います。

ありがとうございます。

コメントを残す