無重力に立ち向かえ!/ Beat Microgravity!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。9月にすばる望遠鏡に行って以来、頭が宇宙でいっぱい、ムラシマです。

Hello, everyone. Megumi here! I've been inspired by astronomy ever since I visited the Subaru Telescope last September.

 

今、火星探査がホットですよね。人間が火星に行く計画も進められていますが、もし自分が火星に行くことになったら、元気で帰ってくるために、何をもっていきますか?

Mars exploration is a hot topic now. A manned Mars exploration mission is ongoing. What if you were assigned for it as a crewmember? What would you bring to the planet?

 

食糧はもちろん、宇宙空間って過酷そうだし、やっぱりサプリ?いやいや、それだけじゃ、ありません。スライム風呂に運動スーツにミドリムシクッキー...。

Food and water, of course, plus supplements? Well, that's not enough. How about slime bath, exercise suits and Euglena biscuits?


この首を傾げたくなるようなアイディア、2012年11月10日、イベント「ミッション・ポッシブル~宇宙探査編~」で練りだされた戦略です。参加者30名に課されたミッションは、「火星に行き、無事帰還せよ!」。たった15分間で、研究者をもうならす斬新なアイディアが飛び出しました。

Odd? The ideas came from a workshop at Miraikan on November 10th, 2012. I gave 30 participants a mission "Fly to the Mars and return back to the Earth!" and in just 15minutes they came up with tons of unique ideas that fascinated experts.

 

[caption id="attachment_20388" align="aligncenter" width="406"] 無重力に立ち向かうには、まず、体づくり。
Food and exercise ideas for microgravity environment[/caption]

[caption id="attachment_20389" align="aligncenter" width="486"] 火星の1日はこんな感じ
What a day is like on Mars.[/caption]

 

 ちなみに、さっき首を傾けたあなたへ。

★スライム風呂は、お風呂タイムのねばりけトレーニングで筋力アップ

★運動スーツは、ウォーキング1分を、フルマラソンの運動量に

★固めのミドリムシクッキーは、栄養補給にあごトレーニングをプラス

And here are their justifications.

★Slime bath for fun resistance training

★Special exercise suits that multiply effects of exercise

★Extra hard Euglena biscuits (nutritious and good for your jaw?)

 

トレーニング系が多いわけは「無重力」。ふわふわ浮いた無重力状態が続くと、特に足腰が弱るからです。行きっぱなしだったらいいけれど、重力のある地球に帰った時、ちゃんと歩けなくては困ります。そこで今、実際に、解決策が研究されているんです。

Exercise and nutritional approaches are to deal with microgravity. Longterm exposure to microgravity weakens muscles and bones especially those in the legs and hips. Not only should astronauts arrive at Mars safely, but also return back to Earth and live healthy for the rest of their life. So researchers are trying hard to find solutions.

 

ちなみに、宇宙飛行士の宇宙での1日も24時間。でも、地球人と違うのは体力トレーニング。

According to an expert astronomer, like here on the Earth, it is 24 hours a day up in space, too. What is unique is physical training.

 

[caption id="attachment_20349" align="aligncenter" width="430"] 宇宙飛行士の一日。アメリカ航空宇宙局 (NASA) の管制室があるテキサス時間に合わせ、1日3食、8.5時間労働。2.5時間のトレーニング残業。
A typical day of astronauts. It's Texas time, where the National Aeronautics and Space Administration (NASA) is located. Eat 3 times, work 8.5 hrs and exercise 2.5 hrs a day.[/caption]

 

毎日運動2時間!持久力系1時間に、筋力系1時間です。マッチョになるためではなく、骨や筋肉が衰えを少しでも抑えるためです。でも、宇宙で鍛えるには、地球にある重力を擬似的につくるいろんな工夫が必要です。

Two-hour exercise a day is A LOT for many of us. One hour for resistance training, and another hour for muscular strength training. Although astronauts don't have to become an athlete, they need to minimize bone and muscle losses. Exercise equipment for space use need to be creative to imitate the earth-like environment.

 

今、国際宇宙ステーション(ISS)で活躍中の優れモノがこれです。エクササイズマシン!

Here are the exercise devices that are contributing to astronauts' health!


登場する順に、①トレッドミル(ジョギング)、②エルゴメーター(自転車こぎ)、③改良型エクササイズ装置(スクワットやベンチプレス)。どれも、船体に振動が伝わらないよう、配慮されています。

1) Jogging with TVIS (Treadmill with Vibration Isolation Stabilization), 2) Cycling with CVIS (Cycle Ergometer with Vibration Isolation and Stabilization), 3) Weight resistance training with ARED (Advanced Resistive Exercise Device). They are all vibration free.

こんなに鍛えても、地球に戻ってきた時、立って歩けないそう。だから、宇宙飛行士への体の負担も考えて、地上から400km上空の国際宇宙ステーションの滞在期間は、現在は6ヶ月間以内と決められています。

Despite the hard training, astronauts are not able to walk or stand still when they return to Earth. Considering the physical damage, one mission at the International Space Station (ISS) usually lasts no longer than six months.

 

火星への宇宙飛行も、同じ運動で挑めばいいのでは...?いやいや、ダメなんです。なんせ、火星と地球の距離は、近い時期でも5000万km以。往復するだけで1年以上かかります。火星に着いても、重力は地球の3 分の1。何もしなかったら、骨や筋肉が弱って、帰ってきた時にとり返しのつかないことになってしまうかも...。

For the Mars mission, why don't they exercise as in ISS? Well...., it will not be enough. Mars is more than 50,000,000 km away from the Earth. One round trip (zero or micro gravity all the way) would take at least a year. Even after getting there, the gravity on Mars is ~60% lower than it is here on Earth. Astronauts might irreversibly lose bone and muscle mass and strength after returning from the trip.

 

最近 (2012年10月)、NASAが、1年間の長期滞在ミッションを、2015年の春スタートする、と発表しました。長い間の宇宙での生活が、ヒトの体にどんな影響を与えるか、調べるためです。

Recently (October, 2012), NASA announced that the first ever, year long mission to the International Space Station will launch in spring 2015. The goal is to understand the long term spaceflight affects human health.

 

火星への有人飛行がますます近く感じられますね!全てのミッションが安全に、宇宙への敬意のもと遂行されますように。それにしても、このちっちゃな自分のカラダがしっかりと地に足をつき、自由に歩き回れるのも地球のおかげだなんて、尊い気持ちになります。

The day humans land on the Mars may be around the corner. Wish all the missions be undertaken safely, and respectful of the nature of the universe. At the same time, I am so grateful that I'm on the Earth. Because being here enables me to stand on the ground, and walk and run as I want.

情報提供:JAXA宇宙医学研究室

Information provided by JAXA Space Biomedical Research Office (JSBRO)

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への2件のフィードバック

1週間ぐらいの旅行でも、持っていく荷物を選ぶのに大変なのに、火星に行くとしたら。。。

行った先に無いものは全て持っていかなければならないですよね。

ものすごく、いろんなことを考えさせられるテーマですね!

ちゃろさま

本当ですね。しかも、食料も水もないところへの旅行なんて、ほとんどの人が経験したことがないのでは…?

未来館で、科学コミュニケーターが担当しているサイエンスミニトーク「宇宙船の長い旅」で、このトピックについてお客さまと一緒に考えています。

よかったら、今度お聞きくださいね!

村嶋

コメントを残す