ノーベル賞、いくらがんばってもとれません

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

12月10日、スウェーデンのストックホルムでノーベル賞授賞式が行われました。

今年は、10月に日本人の受賞が発表されたため、

多くの方が興味関心を持たれたのではないでしょうか。

そんな中、ふと思うのは、

安曽(あんそ)はノーベル賞授賞式に行くことにはならないなあ」と。

能力的にではなく、分野的に(←ココ重要!!

 

ノーベル賞の対象分野は、

「生理学医学賞」、「物理学賞」、「化学賞」、「文学賞」、「平和賞」、「経済学賞」。

いち、にー、さん、しー、ごー、ろく...

いち、にー、さん、しー、ごー、ろく...

 

何度数えても、たった6分野。

しかも科学の分野だけでいうなら、3分野...

 

世界中で知られるビッグな賞ですが、

扱われない分野というのはたくさんあります

 

そこで登場したのが、「クラフォード賞The Crafoord Prize)」です!

スウェーデン人のホルガー・クラフォード(Holger Crafoord)氏と

アンナ=グレタ・クラフォード(Anna-Greta Crafoord)氏夫妻によって、

1980年にクラフォード財団が設立され、1982年から表彰が行われています。

(クラフォード氏は実業家で、人工透析の機器を開発・商品化しました)

 

2012年のクラフォード賞受賞者

2012年のクラフォード賞受賞者(前列4名)

(The Royal Swedish Academy of Sciences)

 

クラフォード賞は、基礎研究を促進することを目的としており、

ノーベル賞と同様に、「スウェーデン王立科学アカデミー」が

受賞者を選考する委員会を持っています。

(写真からも、その格調高い雰囲気がプンプンただよいます!)

 

そして、その主な表彰分野は、

天文学」、「数学」、「地球科学」、「生物学(特に生態学)」で、

ノーベル賞が扱わない分野を補完するよう選ばれています

 

ただし、ノーベル賞とは違い、毎年1~2つの分野だけが表彰されます。

(クラフォード財団によるウェブページ。英語ですが、かっこいいページです。

http://www.crafoord.se/eng/crafoordpriset.asp)

これでも、まだまだ扱われない分野はたくさんありますが、

とりあえず、安曽の専門である「古生物学(こせいぶつがく)」を含む

地球科学」の分野があるのでひと安心(←おいっ)。

そして1992年には、ドイツ人の「古生物学者」、

アドルフ・ザイラッハー(Adolf Seilacher)氏がちゃんと受賞しています。

 

ちなみに、ザイラッハー氏は

エディアカラ生物群」や「生痕(せいこん)化石」など、

「化石好き」でなければ、あまり(というかほとんど?)聞きなれないテーマを研究されていますが、

革新的な中にも「遊び心」が感じられる魅力的な成果を発表しています。

 

 

エディアカラ生物と生痕化石

 

 

しかも彼は、クラフォード賞で得た賞金を使って世界中で調査を行い、

集めた化石標本で企画展を作製して教育普及活動を行っています。

この企画展「Fossil Art (化石芸術)」は全世界を巡回しており、

10年ほど前のことですが、日本でも開催されました。

 

地味なテーマながらとても良い内容で、

私の忘れられない展示の一つとなっています。

クラフォード賞よ、ありがとう!

クラフォード賞は、毎年1月中旬に受賞者が発表され、

4月または5月に授賞式が行われています

 

ノーベル賞とあわせ、今後はぜひこちらの受賞研究も気にしてみてくださいね。

 

 

スウェーデンに呼ばれる日を夢見て

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への4件のフィードバック

クラフォード賞とは初めて耳にさせていただきました!

私も古生物学と医学が、いつかつながって、意外な相乗効果がでたりしたらいいなあと思いつつ、勉強中しています。

ぜひクラフォード賞を受賞されて、未来館とクラフォード賞がもっと発展されることを期待しています!!

とり 様

2012年5月19日のブログには、「古生物学と天文学をつなぐ」というコメントをいただいたのですが、今回、「古生物学」と「医学」というご意見もいただき、とても嬉しいです。

どの学問もそうかと思いますが、古生物学は他の学問からのアプローチがあってこそ今後の発展があると思いますので、私こそ期待しております!

あっ 枕状溶岩ですね。

古生物学は好きです

専攻は海洋生物学でしたが

天文学が大好きで、今は「宇宙生物学入門」を読んでいます。

エディアカラ動物群はさながら宇宙生物ですね

誰か「枕状溶岩を枕にして寝ている」と思ってくれないかな、とひっそり期待しておりましたのでとっても嬉しいです!

(でも実はこれ、残念ながら厳密に言うと枕状溶岩じゃないんです。ハワイ島で撮影したのですが、溶岩が一度水中に入って急冷されたものではないと思いますので、「パホイホイ溶岩の枕みたいに見えるところ」としか言えません。枕状溶岩を枕にして写真を撮影したい!と思ったのですが…)

「宇宙生物学」は、私も興味があります。

古生物は、時にSFの生物みたいですよね(SFが古生物を参考にしている場合もありますが)。

海洋生物学がご専攻とのこと、古生物学は基本的に現生生物学を参考にしておりますので、また色々と教えていただければ幸いです。

コメントを残す