クマムシさんとウミウシさん

このエントリーをはてなブックマークに追加

このごろ未来館では、クマムシがちょっとした話題です。

その原因は、こいつ

(c)TARUDI

クマムシ研究者の堀川大樹さんが生み出した「クマムシさん」というキャラクター。昨年末から、未来館1階のMiraikan Shopでグッズの販売が開始され、話題になっているのです。

クマムシさんのモデルは、大きさ約0.3mmのヨコヅナクマムシ。「ムシ」とついても昆虫ではありません。クマムシは、様々なストレス(高温・低温・高圧・低圧・放射線など!)に耐えるタフさが特徴です。クマムシの中でも極めてタフなこの種類に「ヨコヅナクマムシ」と名付けたのも堀川さん。

(クマムシのタフさは、松山の記事に詳しく書かれています。)

未来館5階には、本物のヨコヅナクマムシが見られる顕微鏡もあります。体がからからに乾いて動かなくなった、乾眠の状態で展示しています。

写真左:未来館で乾眠中のヨコヅナクマムシ

写真右:活動状態のヨコヅナクマムシ (c)堀川大樹、行弘文子

クマムシさんのキャラクターはかわいいだけじゃなく、時々Twitterでつぶやく胸にぐっとくる発言も魅力。この感じ、本物のクマムシの見た目のかわいさと、ストレスに耐えるタフさとのギャップに似ていますね。

ん?

見た目と中身のギャップといえば、

前回こちらの記事で紹介した、ウミウシ!

クマムシとウミウシは、似たもの同士。

まず、見た目がかわいい

クマムシのむくむくと動く様子、ウミウシのカラフルでふにゃふにゃした様子、どちらもとってもかわいいです。(※感じ方には個人差があります)

そしてどちらも、知る人ぞ知る不思議な生き物

言い換えれば、知らない人はまったく知らないということ。一般に知られていないだけでなく、研究例が少なくて、まだわからないことだらけなんです。

 

Q. 不思議な生き物なのに、なぜ研究が進んでいないの?

A. それは、人間の毒にも薬にもならないから。

薬になる、つまり、食用や薬用に使えたり人間活動に役に立ったりする生き物に対しては、研究資金も人材も集まり、研究はどんどん進みます。また、人間に害を及ぼすような生き物ならば、その危険を避けるための研究が進められます。

どんなに不思議な特徴があっても、それが人間にとって役に立つと感じられなければ、なかなか研究は進まないのです。

でも、マイナー生物の研究は、まったく役に立たないわけではありません

たとえば、クマムシの真空耐性(国際宇宙ステーションがある場所並みの真空にも耐える!)は、地球上ではほとんど役に立たなくても、人間が宇宙に行く時代になった今では、役立つヒントが得られそうです。

今は意味がないように見えても、後々役に立つ時が来たり、研究を進める中で価値に気づくこともある。

ウミウシからこんな価値ある大発見が!なんて日もくるかもしれません。

 

そんな利益中心の考え方をしなくても、不思議な生き物は人間の常識をくつがえす驚きとおもしろさを持っています。そんな生き物が、自分と同じ地球の上で生きているなんて。知らなくても害はない。でも、知りたい。

クマムシさんは、わくわくの入り口に連れていってくれる素敵なキャラクター。

ウミウシもそんな存在になれたらいいな……。

ということで、クマムシさんを見習って、ウミウシのキャラクターをを描いてみました。

我ながらかわいく描けたと思うのですが、どうでしょうか?

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への2件のフィードバック

私は、タカサゴユリが、植物界のクマムシではないかと最近思っているのですが。

ちょっと見ないうちに、なんの変哲もない空き地がタカサゴユリの花園になっているという光景にこの頃良く出会うのです。

私が、植物を研究していたら、絶対に、タカサゴユリをムーミンに出てくるヘムレンさんの様に、調べるけどなあと、家族には話しています。

ただ、私は何の肩書きもないただの主婦なので、パートに向かうバスの中から、タカサゴユリの咲く草原を横目に、自分が、ヘムレンさんになった姿を想像するにとどまっていますが。

お時間取らせてしまい、失礼しました。

YUKAさま

素敵なお話をありがとうございます。

お恥ずかしながら、タカサゴユリについてよく知らなかったので調べてみました。白くて綺麗な花ですね。私も、こんな派手なユリの花が空き地にあるなんて!と驚いたことがあるのを思い出しました。

そして、ムーミンに出てくるヘムレンさん!素敵ですね!ムーミンの世界は大好きです。

私もYUKAさんのまねをして、ヘムレンさんになったつもりを楽しみたいと思いました。

実際に調べて答えを探るのも楽しいですが、頭の中でいろいろと想像するのも楽しい時間だと思っています。想像は誰でもどこでも楽しめます。バスの中から、なにかおもしろい想像が思いついた時には、また教えてくださいね。

コメントを残す