火星ゆきチケット、お見逃しなく!/Don't miss the ticket to the Mars!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ムラシマです。2013年、いいスタート切れましたか?

Happy New Year! I hope you had a good start of the year.

 

「ムラシマさんの2012年を"物モ風"に4文字で表すと?」    先日、同僚の突然の質問に、

迷わず答えた自分にびっくりしました。最近まで、望遠鏡と顕微鏡の区別もあやしかった私です…。今年も楽しくウチュウに染まってゆこうと思います。

“What’s the word that expresses your 2012?” A colleague of mine asked me. “Space.” The word came out of my mouth surprised me. I was a person who mixes up telescope and microscope up until a while ago. This year I will continue growing my love for space❤

 ○●○ちなみに「物モ」は、未来館の展示「インターネット物理モデル」のことです。黒白ボールでEメールのしくみが分かります ●○●

そんな2013年の始まりにぴったりのニュース。Mars One というNPOが2023年に火星に飛び立つ人の募集に向け、具体的な応募条件を発表しました。

Here is perfect news(!) from Mars One, an NPO, who has been preparing to send a human to Mars in 2023. They announced base requirement for the astronaut selection program.

[caption id="attachment_22427" align="aligncenter" width="430"] 2023年、火星のイメージ / Mars, 2023 (Image by Mars One)[/caption]

 

火星に行って帰ってくるには少なくとも1年。その間の無重力状態を経て地球に帰る頃、骨や筋肉は相当弱るはず。それに打ち勝つ技術がついにできたんだー!

It takes at least a year for a round trip to Mars. Exposure to a non-gravity environment for such a long period might weaken bones and muscles irreversibly. I was excited and curious about the technology that makes a manned Mars trip possible.

 

と思ったら、「火星に移住」という文字。

The next moment, a phrase caught my eye. “Human settlement in Mars”.

 

つまり、地球には帰ってこないのだと。

That is, the astronauts will not return to the Earth.

 

そうきたかー。すごい発想の転換。しかも、18歳以上だったら、国籍も学歴も言語も問われないそう。私も応募できる!わくわくしながらホームページへ。

What a shift of thinking! I was so thrilled when I read that there is no requirement for nationality, academic degree, or language, as long as the applicant is 18yr or older. So, I am eligible! I went to their website.

 

まだ受付は始まっていませんが、今年前期には候補者を選ぶそう。応募資格がこれまた斬新。学歴や職歴には本当に全くふれず、好奇心やモチベーション、問題解決能など、人間力の部分に相当チカラ入ってます。

They haven’t started accepting applications yet, but indicated they will select the candidates by the first half of 2013. The qualification was quite new to me. It was true that they don’t really care about applicants’ professional careers, but rather put great value on humanity.

 

「何ができる人か」より、「どんな人か」を徹底重視。地球人を送ることへの責任と敬意を感じます。

Their stance on emphasizing applicants’ potential ability rather than visible ability seemed to me like their respect and responsibility for sending Earth creature to another planet.

 

はぁ、私のノリではダメですね…。でも、もうすぐ地球人の代表になる人が、世界各地から選ばれます。楽しみです。

Well, I knew I won’t be the one (sigh…). Our representatives will be selected soon from across the globe. Let's keep an eye on it!

 

それにしても、人を火星に送るなんて、私はまだ夢のように感じてしまいます。宇宙開発の先進国にいて恥ずかしい…。みんなは宇宙開発をどんな風に思っていて、国はそれをどんな風に受け止めるんでしょう?暮れに集めていた宇宙基本計画案のパブリックコメントの集計もそろそろでる頃。注目です。

Flying to Mars... it is still like a dream to me (embarrassing as a citizen of a leading country in space technology!), even though a manned Mars mission has long history. I wonder what people think about space development. The draft for the “Basic plan for space policy” was released recently. The summary of public opinion will be up soon. I got to check it out.

 

おばあちゃんになって孫が火星から電話をかけてきても、ドギマギしない、時代についていけている人でいたいものです。

Now, I have to be ready for my future grandchild calling me from the Mars!

 

 

ご参考に!WIRED が応募者募集について、わかりやすくまとめています。

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す