しらせからのしらせ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、くたくたになって帰宅をしたら、ポストにひょっこり入っていました!

 

見覚えのある字・・・わたしの字です(笑)

そうなんです、このはがき!読者のなかにあの時、ご一緒しておぼえている方、いらっしゃるでしょうか?

昨年10月、クラブMiraikanのみなさんと南極観測船しらせに乗りに行きました。

リアルラボ@南極観測船「しらせ」2012のようすはこちら。

 

その時に乗組員のみなさんに託したはがきがコレ。2013年元日の消印を南極海で押印してもらい、はるばる南極から我が家へ届きました。かっこいいでしょう?!

冒頭でご紹介したように裏にはJR横須賀駅に置いてあったしらせのスタンプを。(おおざっぱな性格がバレます。)

 

以前、某テレビ局でやっていた南極観測隊のドラマを食い入るように見ていたわたしとしては、半年経って届いたはがきに感動もひとしお。早速どんな経路でやってきたのか調べました!

 

南極からの郵便物往復は、しらせだけが頼り。年一回です。

 

昨年の11/11()に東京の晴海埠頭を出発したしらせは、1219日に昭和基地の近くに到着。ただし、今年も昨年同様に氷が厚く、しらせは接岸を断念。わたしたちのはがきは、今年の元日、1/1にしらせ内の船内郵便局で消印が押され、2月の南極を出港とともに日本に運ばれ、4/10に再び晴海埠頭に入港。そのあと、しらせ内の郵便局長から東京中央郵便局へ。そして我が家に届いたと。

 

どうですか?みなさんも、送ってみたくないですか?

 

日本郵政グループは、毎年しらせが出港する一ヶ月前くらいから、みなさんのはがきをお預かりし、「しらせ船内分室」および「昭和基地内分室」の風景入通信日付印等の押印サービスを実施しています。(昨年の情報はこちら。)今年も10月くらいに始まると思うので、ご興味のある方は秋になったらチェックして、申し込みをしてみてくださいね。

 

*下の写真に写っているポップアップは、昨年しらせに乗りに行ったとき一緒に行ったボランティアスタッフの方からいただきました。今でも大切にデスクに飾っています。

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す