美容注意報発令!花粉のち紫外線

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、こんにちは。

花粉症の友人用プレゼントに、

今年だけで空気清浄機を2台も買うことになった藤井です(涙)。

今年も多くの人が涙した花粉のピークも過ぎ、一段落といったところ。

これでさわやかな初夏を満喫できるはず!とルンルン気分の皆さん、

次の新たな悩みごとが私たちを待ち受けていることにお気づきでしょうか?

ズバリ、その悩み事とは…

「紫外線」

です。

「夏はまだ先なのに、もう紫外線の話?」と思われた方も多いのでは?

そんな方に、論より証拠。まずはこちらをご覧下さい。

上のグラフ、見てみると…

どうやら2種類のグラフがあってそれぞれにUVAとUVBの表記。

「UVA?、UVB?」どっちも聞き慣れない言葉ですよね?

実は、私たちのもとに届く紫外線には2種類あって、

それがUVAとUVBというわけなのですが、この2つ、いったい何者なのでしょうか?

両者で縦軸の目盛りの振り幅が違う点に注意しながらグラフをみて頂くと…

UVBは地表への到達量は冬では夏の5〜6分の1まで減るのに対し

UVAは半分くらいまでしか減らず、その量も多いことがわかります。

2つの紫外線で違う点は、紫外線量と時期だけでしょうか?

UVBは波長が短く、大気層で吸収されやすいため、

地上に降り注ぐUVBは全紫外線の約5%となります。

そして「波長が短い」という特徴により、UVBは肌の表面近くで吸収され影響を与えます。

UVAと比べ強いエネルギーを持つため、炎症や日焼けを引き起こします。

また、UVBはシミやそばかすを引き起こす原因ともなります。

一方、UVAは全紫外線の約95%を占めています。

波長が長いため、雲や窓ガラスを通り抜け、肌の奥深くに影響を与えます。

肌の真皮には弾力やハリにかかわるコラーゲンや繊維芽細胞と呼ばれるものがあり、

これらの「お肌ピチピチの元」がUVAの照射によって壊されてしまうのです。

これにより肌の弾力が失われ、やがてしわ・たるみを引き起こします。

つまり、一年中照射され、肌の奥深くまで届くUVAの方が長い目で見れば美容には大敵だった!!というわけなんです。

大変!!今すぐUVA対策しなきゃ!でも何をしたらいいんだろう??

紫外線対策でメジャーな方法は、日焼け止めクリームですよね。

こちらは私が普段使っている某メーカーの日焼け止めクリームのパッケージの一部。

またまた出てきました、馴染みのない言葉パート2「SPF」「PA」。

それぞれ、実はこんな意味を表しているんです。

日焼け止めを買う時、「SPFの数字は気にしてたけど、PAはあまり気にしてなかった」、

という方も多いのではないでしょうか?

窓ガラスをも通り抜けてしまうUVA。

アレルギーや敏感肌といったお肌のタイプによって使いわけが必要ですが、

屋外での作業かそうでないか、その日の天気などを考え合わせながら、

上手に日焼け止め対策をすると良さそうです!

ちなみに、今年からPAに関して新基準が設定されました。

詳しくは下記リンクをご参照下さい。

日本化粧品工業連合会

紫外線防止効果測定法基準の改定とそれに伴う「PA++++」表示の追加

http://www.jcia.org/n/all_pdf/topinfo/JCIA_release20121114-UV-PF.pdf

こちらは余談になりますが、日焼け止めの中に入っている溶剤には、

「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」というものがあります。

それぞれどんなものかと言うと...

【紫外線散乱剤】

紫外線を反射・散乱させて、肌への浸透を防ぎます。

この溶剤の特徴は、肌への負担が少ないという点!

ですが、UVAの防止効果がやや低く、塗ったあと白浮きしやすいのが玉にきず...

紫外線散乱剤として使われている成分:酸化チタン、酸化亜鉛 など

【紫外線吸収剤】

紫外線を吸収して、それを熱エネルギーに変えて放出します。

この反応により、日焼けをブロック!

少しの量でUVA、UVBの両方を効果的に防ぐことができ、

無色透明なので化粧品としても使いやすいというという利点も。

ですが、紫外線散乱剤に比べ防止効果が強いゆえに、アレルギーや炎症を起こすこともあり。

紫外線吸収剤として使われている成分:メトキシケイヒ酸オクチル、オキシベンゾン、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン など

普段見ることのない日焼け止めの裏面、思わずチェックしたくなったのではないでしょうか?

夏だけでなく、一年を通して対策が必要な紫外線。

キレイな肌をキープするのは、日々のちょっとしたケアの積み重ねが大切なのかもしれませんね(すごく今更な気もしますが…)

ぜひ、日々の美容ケアに役立ててみて下さい!!

 

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への1件のフィードバック

こんにちは

読んでて、良くわからないけど参考になりました。

で、紫外線情報/予報ってないのかなぁと思って調べたら気象庁・気象協会・民間とたくさん…ま、出所はほぼ同じかなとは思いますが。えっ、違う?

で、明日の我が地は「極めて強く、浴び続けると深刻なダメージ」(・_・)エッ..?

で、素朴な疑問です。

紫外線予報ってどうやって導き出すのでしょう?

花粉予報は…今更どうでもいいや。来年教えてください~

PS.日焼け止めって(高いよね)

コメントを残す