ウミウシに会いに行こう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

まぶしい日差し、さわやかな風。待ってました、この季節!

部屋の中に閉じこもってなんかないで、さあ、行きましょう……

ウミウシの待つ磯へ!

真夏前のこの時期は、ウミウシ採集のベストシーズン!

(梅雨入りしてしまっても、合間に天候の良い日があるさ!)

「さあ、磯に行きますよ~!」

私が高らかに叫ぶと、「私も!」「俺も!」と、好奇心旺盛な科学コミュニケーター達が集まってきました。でも、ちょっと待ってね。ウミウシに会うには準備が必要です。

 

準備1:潮を調べる

潮がよく引く日(大潮の周辺)と干潮時間を調べ、その前後1時間の間を狙って出かけます。潮はネットなどにある「潮汐表」で、目的地周辺のものを見ましょう。

準備2:身支度

油断をすると、痛い目に遭います。身支度はしっかり整えて行きましょう。

痛い目別にご紹介します。

■怪我…磯は滑りやすく、ざらざらの岩やとがった生き物も。

また、海風は冷たいので、防寒対策としても。

→長袖・長ズボン・スニーカー(サンダル厳禁!)

■日差し…直射日光による熱中症と日焼けに注意。

→ぼうし・首にタオル・日焼け止め

■見つけた!…じっくり観察するために。

→バケツ・透明な入れ物

■今何時?…うかうかしてると、潮が満ちてきます。

→防水の腕時計

 

 では、磯に行きましょう!

ウミウシがいるのは、こんな岩がごつごつした磯です。

水中をのぞいてみると、いろいろな海藻が生えています。でも、ウミウシを見つけるためには、上から眺めてるだけではダメ。

垂れ下がる海藻(主にヒジキ)をかき分け、岩の壁面をじっと見つめるのです……。

なにもいないよー、とすぐに諦めることなかれ。

見つけるための一番のコツは「数打ちゃ当たる!」。ひたすら海藻をかきわけて、かきわけて、かきわけるのです!目が慣れてくると、岩肌でもなく、海藻でもない何かの存在に気づくようになります。

お!これは!?

……わかりますか?

人差し指の先の、くしゃくしゃした何か。海水を入れたケースに入れれば、このとおり。

オトメウミウシでした。

体長は2cmほど。赤い触角が、乙女のリボンのようでかわいいですね。

 

私がはじめて出会ったウミウシである、アオウミウシもいました!!

じゃ~ん!

ああ、やっぱりかわいいですね。まだちょっと幼くてあどけない雰囲気です。これからもう少し成長して、3~4cmくらいになります。

プラスチックケースに反射して、横から見た姿もうっすらと左下に見えますね。

かわいさに惹かれて、仲間も集まってきました。え、触りたい?

触ってもいいけど……

ぎゃーーーー!!

あの日の衝撃再来です。

かわいそうだから、早く海水に入れてあげてください。

 

この日出会えたウミウシとその仲間は、8種類ほど。

ウミウシ以外にもいろいろな生き物に出会うことができました。

磯はとっても楽しい場所ですが、危険な生き物もいる場所です。私も行きたいな!と思った方は、必ずその地域にいる危険な生き物も調べてからお出かけくださいね。

また、各地の磯で地元の博物館やNPOが観察会を開いています。詳しい人がいると、楽しさ倍増なので、ぜひ探して参加してみましょう。

干潮時間から1時間後。かなり潮も上がってきました。

楽しく観察した後は、海にリリースです。

「やだー、かわいいから連れて帰るー!」とだだをこねる大人もいましたが、ウミウシは連れて帰っても飼えません。

また、磯に会いにくるからね。

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への9件のフィードバック

はじめまして♪ウミウシ大好きで色々検索してたらこのブログを発見!実物は見たこと無いんで羨ましいです…(´・ω・`)ちなみにウミウシフィギュアを集めてます(笑)

ひろりんさま

はじめまして!ひろりんさんも、ウミウシが大好きなのですね!仲間に出会えてうれしいです。
これからは潮が昼に引くようになり(冬の間は夜の方が潮が引くのです)、暖かくなって、ウミウシ探しにもってこいの季節になります。
機会があったら、磯の観察会に参加してみてください。水族館や、海辺の博物館、ビジターセンタ-、NPO等、いろんなところで開催しています。
「都道府県名、磯、観察会」で検索すれば、いくつか見つかると思います。

私も、アオウミウシの小さなぬいぐるみを名札にぶら下げています。
フィギュアもかわいいですが、本物はも~っとかわいいですよ!

こんにちは!熊谷さん
さちと申します。
ウミウシを探したくてここにたどり着きました。

昨日、家族とウミウシを探しに磯へ行ったのですが
ブドウガイとタツナミガイ(ウミウシのなかま?)
という地味なものしか見つからず
「ウミウシが見たい~」と子供に泣かれてしまいました。
(見付けたのに・・・)

こちらのブログを見て探し方がよくわかりました。
昨日は上からながめて探していましたが
次は海藻をかき分けてよく探してみたいと思います!

子供が大きくなったら
観察会にも参加してみたいです!

さちさま

ウミウシを探したくてここにたどり着いていただいたなんて…!ありがとうございます!

ブドウガイとタツナミガイ、背景にまぎれやすい地味な2種を見つけられるということは、さちさんは、なかなかのウミウシ眼をお持ちですね!
特にブドウガイは、タツナミガイより小さくて目立たないので、気づかない方も多いです。

見つからなかったのは、季節的なものもあるかもしれません。
これから4月5月と、ウミウシは大きく育って見つけやすくなります。また、潮もよく引くようになるので、岩の下の方まで探しやすくなります。

ぜひ海藻をかき分け、探してみて下さい!
お子さんも納得の、カラフルなウミウシに出会えるよう祈っております。
ウミウシがいなくても、海藻の下にはいろいろな生き物が隠れていて、楽しいはずです!

ウミウシは素手で触っても大丈夫なんですか?
毒があると聞きました
あと
アメフラシも触っても大丈夫なのでしょうか

うーちゃんさま

こちらにもコメントいただき、ありがとうございます。
詳細は「ウミウシって知ってますか?」の記事の方に書きましたので、ぜひこちらをご参照ください!
http://blog.miraikan.jst.go.jp/other/20121208post-269.html#comment-4743

アメフラシは紫の汁含めて、素手で触っても問題ありません。
逆にアメフラシを痛めつけない程度でぜひどうぞ。

熊谷さま、はじめまして。
息子がウミウシを大好きで、色々と調べているうちにこのブログにたどり着きました。
2月に真鶴に行ったのですが、アメフラシにしか出会えなかったので、もっとたくさんの仲間を見つけるために、近々また磯に出かけたいと考えています。(家族でウミウシ熱が高まってきています!)
これまで、油壷(荒井浜)、真鶴にチャレンジしたのですが、都内近郊でどこかおすすめの磯はありますでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。


じゅんのすけさま

ご質問をありがとうございます。息子さんからご家族へと関心が広まっているなんて、ステキです!

さて、ご質問のおすすめの磯についてですが、これまでチャレンジされている油壺も真鶴もとてもよい磯のある場所で、ウミウシがいてもいい場所です。
写真ではかなり派手なウミウシたちなのですが、でこぼこや陰になった部分に潜んでいることが多く、見つけるのには、コツや根気が必要です。
1つは、潮がよく引く日を狙うことです。干潮時の潮位が1cmのときと、20cmのときでは、見える範囲がかなり違います。1cmならば手首まで浸かれば届く範囲が、20cmだと大人のヒジぐらいまで浸からないと届かなくなります。その分視界も悪くなります。潮汐表を使って、潮のよい日を調べてみてください。
もう1つは、近くで見ることです。立って眺めるのではなく、這って歩くぐらいの低姿勢でじっと見つめて探してください。(波には気をつけてくださいね!)

そして、一番のおすすめは、磯の近隣の博物館やNPO等が開催している観察会に参加することです。プロの目は、なにか特殊センサーでも付いているのか!?と思うくらい、見えるものが違います。プロの探し方を直に見て、真似することもポイントです。また、たくさんの目で探した方が、可能性が高まります。
ぜひ一度参加されることをおすすめします。

じゅんいちさんと息子さんが、ウミウシに出会えますように!
楽しい磯遊びを!

熊谷さま、
早速のご回答有難うございます。
いろいろトライしてみます!
引き続きよろしくお願いいたします。

コメントを残す