ウミウシの目はどこにある?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

早速ですが、オカダウミウシさんから出題です。

 

問題!「ボクの目はどこにある?」

3択で答えてね。

1.触角の先

2.触角の根元あたり

3.目なんて無い

さあ、どれでしょう!?

 

では、オカダさんからの問題に答える材料として、「ウミウシはなんの仲間か」を考えてみましょう。

 

えーと、ナマコの仲間?

写真はマナマコ。つかまれたショックで膨れています。

 

……よく間違われますが、違います

 

カラフルで綺麗でかわいいウミウシが、ナマコの仲間であるわけがありません!

(※私はナマコも大好きです。なお、ウミウシのかわいさに関しては感じ方に個人差があります。)

ナマコは、ウニやヒトデの仲間。棘皮動物門(きょくひどうぶつもん)というグループの仲間です。

「門」というのは、生き物を分類する時に使うグループの階層の名前です。詳しくは、安曽の記事をご覧下さい。門は「動物界」に続く、大きい方から2番目の階層。

つまり、ナマコとウミウシは、かなり遠い仲間なのです。

 

じゃあ、ウミウシは一体なんの仲間?

イラストのウミウシの形をよく見てみましょう。ほら、似たようなシルエットの生き物を知りませんか?

そう、じめじめしたところによくいるアイツ。ナメクジによく似ています。

ナメクジの仲間は?カタツムリ!

カタツムリは背中に貝がついていますね。ということで、カタツムリも、ナメクジも、ウミウシも巻き貝の仲間です。ナメクジとウミウシは、巻き貝なのに貝殻をなくしてしまった奴らです。中には、ちょっぴり貝殻の痕跡がある種類もいますよ。

ちなみに、巻き貝は軟体動物門(なんたいどうぶつもん)に分類されます。

 

さあ、ここでオカダさんからの問題に戻りましょう。

 

「オカダウミウシの目はどこにある?」

ウミウシはカタツムリの仲間だっていうのなら、答えは「1.触角の先」だ!

……と、思ったあなた。はずれです。

 

百聞は一見にしかず。正解は、写真でご覧ください。

オカダウミウシ。20倍の実体顕微鏡を使って撮影。

 

矢印の先にある小さな黒い点がわかるでしょうか。これがオカダウミウシの目です。

ちなみに、写真の様子で気がついたかもしれませんが、オカダウミウシはとっても小さなウミウシ。成長しても、体長2~3mmほどにしかなりません。

ということで、正解は「2.触角の根元あたり」でした

 

他のウミウシも見てみましょう。

ミドリアマモウミウシ。体長は1.5cmほど。

このウミウシも、やっぱり触角の根元あたりに目がついています。

 

「でもね……」

あら、なにか言いたげなウミウシさんがいます。

これは、一番初めに「ウミウシさん」として登場した、アオウミウシさんです。

アオウミウシには、目はありません。あった場合でも、痕跡的で皮膚の下に埋もれていてほとんど機能していません。オカダウミウシやミドリアマモウミウシには目がありますが、光を感じる程度のものだろうと考えられています。

ウミウシ達は、とても綺麗な色をしているにもかかわらず、色を判別できる目を持っていないのです。

人間の常識から考えると、目の位置も、派手な色もなんだか不思議……。

でも、所変われば常識も変わる。

ウミウシにはウミウシなりの常識があるのです。

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す