サンダーバード2号発進!

このエントリーをはてなブックマークに追加

企画展「サンダーバード博~世紀の特撮が描くボクらの未来~」が未来館で開催されています。

TB2_2

(C) ITC      (図:サンダーバード2号)

サンダーバードで描かれている世界では、国際救助隊という組織が事故や災害の現場で救助活動を行ないます。今回のブログでは現場へ数々の救助用メカを運搬するサンダーバード2号について取り上げます。

TB2_1

(C) ITC      (図:サンダーバード2号がコンテナを装備している図)

サンダーバード2号は丸く「ぼてっ」としたデザインの機体で、救助用メカを格納するコンテナを装備できるようになっています。コンテナには6種類あり、用途によって使い分けています。

目的地に到着すると、コンテナを開けることになるのですが、こんな驚くべき映像があります。

station

(C) ITC       (図:サンダーバード博展示より、サンダーバード2号の驚くべき映像 )

なんと、サンダーバード2号がコンテナを外した状態で飛んでます!

 

【飛行実験】

そこで疑問に思うのが、コンテナ部分が外れた状態だとうまく飛べないのではという点。サンダーバード2号が実際に飛ぶかどうかは試せないので、簡単な実験をしてみました。

exp_papers

まずは、「サンダーバード2号の形に切り抜いた紙」。おもり用のクリップをつけて飛ぶかどうか試してみました。


なんとか滑空しているかなという感じ。

 

次に、15cmの折り紙(みどり)で試してみました。


これは飛んだとはいえないですね。スーっといって空気の壁にトンっとあたって、後は、木の葉のような動きで、ひらひらと落ちていきます。「スー、トン、ひらひら」です。

 

最後に15cmの折り紙の中央に穴を開けたもの(赤)。


これは飛ばないだろうと思いきや、なんと空中をスーっと滑るように進んでいきました!「スー」です。「トン、ひらひら」がない!「穴が開いていると飛ばない」と思い込んではいけませんね。

【前進翼とリフティングボディ】

サンダーバード2号の翼は小さいですが先端部分が前方を向いている「前進翼」です。前進翼は実際にJAXA(宇宙航空研究開発機構)でも研究されている機構で、実験用航空機X-29に搭載されていることで知られています。超音速時に高い機動性を発揮できるという効果があるそうです。

また、リフティングボディも採用しています。(サッカーボールのリフティングで背中など体を使って行うこと、、、ではないです。)このリフティングボディとは、それ自体が揚力を発生するように設計された機体のことで、超高速移動に適しています。JAXAやNASA(米航空宇宙局)で研究されていて、スペースシャトルに応用されている技術。たしかに、サンダーバード2号のずんぐりとしたボディはスペースシャトルに通じるものがありますね。

【少年時代の経験が映像に影響する】

サンダーバードの生みの親である映像プロデューサーのジェリー・アンダーソンが、現代科学でも研究対象として取り上げられるようなメカを作品に数々登場させるに至ったのには、彼の少年時代の経験が色濃く影響しているようです。

ジェリー・アンダーソンは第二次世界大戦中にロンドン郊外へ疎開。兄のライオネル・アンダーソンは英国空軍に志願入隊し、訓練中にも家族と手紙のやりとりをしていました。戦闘爆撃機のパイロットだった彼は撃墜されて戦死。ジェリーへの影響は大きかったと考えられます。

後にジェリー自身も英国空軍に在籍し、自身の空軍勤務経験も作品作りに深みを与えているのでしょう。

【折り紙作品化】

「サンダーバード2号を折り紙作品化してほしい」──同僚・科学コミュニケーター大渕からの依頼がきっかけでできたのがこの作品。

origami__tb2

(C) 中井努、(C)ITC (図:拙作「サンダーバード2号」完成図)

東北新社から許可をいただきましたので、展開図を公開します。表と裏の2枚を両面印刷にして正方形の紙を作って折ってください。展開図中の赤線が山折り線、青線が谷折り線です。展開図(1MBのPDFファイルです)のダウンロードはこちら。 ↓

サンダーバード2号折り紙展開図(origami_TB2_201309.pdf)

写真と展開図さえあれば、簡単に折れるよという折り紙者は必要ないかも知れませんが、折り方の動画もアップしておきます。

展示フロアで科学コミュニケーター中井に「サンダーバード2号の折り紙、折り方教えて!」と声をかけてくださった来館者のみなさま、動画を参考にがんばってみてくださいね。健闘を祈る!

Happy folding! & Happy Science Communication!

企画展概要

TB

サンダーバード博~世紀の特撮が描くボクらの未来~

会期:2013年7月10日(水)~9月23日(月・祝)

会場:日本科学未来館 1階企画展示ゾーン

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

コメントを残す