忘れられない。忘れてはいけない。 -3.11に寄せて-

このエントリーをはてなブックマークに追加

東北地方太平洋沖地震が発生して、丸3年。

それに伴って発生した東京電力福島第一原子力発電所事故は未だ収束していません。

原子力発電所に関する問題が山積みのなか、先日、エネルギー基本計画の政府案が発表されました。その中で、原子力発電は石炭とならび「重要なベースロード電源」と位置づけられました。(詳しくは。)

読み終わった瞬間、どうやって?と思いました。

再稼働を進めるには立地地域はもとより、社会との信頼関係を構築していかなくてはいけません。

そのためには、「リスクは必ず存在する」ということを、原子力発電所を運転する側も、立地地域の人たちも、原子力発電所で作られた電力を使う社会全体が理解する必要がある、と私は考えています。

 

リスクは必ず存在する「絶対」ということはない、と今の私は思います。と同時に、ことを忘れてはいけない、と思います。

 

2011年3月11日は「忘れられない」日です。

「忘れてはいけない」のは、2011年3月11日より前の、原子力発電を含め科学技術に対する意識ではないか、と私は考えています。

 

最後に。

東日本大震災・大津波でお亡くなりになられた方々へ哀悼の意を表するとともに、今も避難生活を送る方にお見舞い申し上げます。

科学コミュニケーターとして、忘れられない、忘れてはいけない事実と向き合って、できることを常に考えていきたいと思っています。

※コメントをする際は「ブログへのコメント投稿について」をご覧ください

※「名前」は、ハンドルネームでも構いません

この記事への2件のフィードバック

おっしゃる通りですね。

「リスクマネジメント」という考えを、日本政府も原子力関係者も考え違いしていましたし、今も勘違いし続けています。
現に今も、原子力規制委員会が、安全基準を決めるところだと政府もマスコミも思っている感があります。

規制委員会が安全かどうかを判断する訳ではありませんし、事故が起こらないように様々な規制をいくら定めても、それで安全にはなりません。
事故が起きた時にどう対処するのかを考えなければ、「リスクマネジメント」ではないのに、未だにその議論はうやむやだと思います。

有人宇宙開発に関わっている、NASAやJAXAの「リスクマネジメント」の考え方を、是非とも参考にしてもらいたいと感じます。

ちゃろさま

コメントありがとうございます。
ずいぶんと返信が遅くなってしまい申し訳ありません。

日本では、リスクは必ず存在する、という考え方があまり浸透していないように個人的には思っています。
リスクがある、ということを受け入れることが、第一なのではないか、とすら思います。

ちなみに、私が前職で携わっていた確率論的安全評価という手法は、有人宇宙開発においても行われています。
原子力発電所でも有人宇宙開発でも、同じ手法が取り入れられているのに、社会での受け入れられ方、捉えられ方が異なる。
もちろん社会での私たちの生活との関わりの濃さに起因していると思いますが、関係者がそれを受け入れ、今後、意識をどの程度変えていけるのかがカギを握っているように感じます。
3.11以前の行動を忘れないこと、そして粘り強く忘れないように訴え続けることが必要だと考えています。

これからもここで発信していきますので、ちゃろさまのご意見をまた聞かせていただけたら幸いです。

コメントを残す